ミノキシジルを使用するにあたって年齢制限はあるの?

ミノキシジルタブレットには年齢制限がある?

9449c9fc9591d
AGA治療薬として、ミノキシジルタブレットと呼ばれる内服薬があります。
ミノタブと呼ばれることもありますが、未成年者が服用するのは避けた方が良いかもしれません。

まだ年齢とミノタブの関係性について、明確なデータがあるわけではないです。
この種詳しい年齢制限が課せられていません。
しかし同じAGA治療薬のフィナステリドの場合も、20歳未満はまだ安全性や有効性が確立されていないため、使用は避けるべきとしています。
そのため、未成年者の使用に関しては、医師への相談が必須となるでしょう。

未成年者が使用すべきではない理由

医薬品とは身体にプラスの効果をもたらす半面、副作用と言って好ましくない効果も考えられます。
ミノキシジルに関しても、副作用の事例は報告されています。

未成年者の場合、まだ体が大人と比較すると未発達の部分もあります。
このため、副作用が現れた場合、より強く出てしまう恐れがあるわけです。
ただ、ミノキシジルを使用して死亡した事例などは報告されていませんので、医師に相談することで安全に使用することも出来るでしょう。

AGAと年齢の関係

464486e86f79

若年層でも薄毛は増えている

AGAと呼ばれる頭頂部や額の生え際の髪の毛が集中して抜ける脱毛症は、年齢が上になればなるほど起こりやすいといわれています。
いままでは30代くらいから発症する事例が最も多いといわれていました。
しかし最近になって、より若年層でも発症するケースが増加してきています。

中には、10代でAGAの症状が起きている事例も報告されているほどです。
10代でも生活習慣が乱れると、AGAを発症する可能性はあります。
偏った食生活を送っているとか、睡眠不足の状態が続くと発症リスクは高まります。

特に最近はパソコンやスマホが若年層にも普及しています。
夜パソコンやスマホを行って、ついつい夜更かししてしまい、慢性的に寝不足の状態が続いている人もいるでしょう。
そのような人は生活習慣を改めて、AGAの発症リスクを低くすることが大事です。

ミノキシジルと年齢の関係

ミノキシジルを未成年が使用すべきではない理由として、髪の毛の性質も関係しています。
髪の毛は体の悪質な物質の溜まる場所といわれています。
よく覚せい剤などの事件で、髪の毛を採取するといった話を聞いたことはありませんか?
これは覚せい剤の成分が髪の毛に残留することが多く、覚せい剤使用の証拠として採取されるためです。

未成年者の場合、まだ大人の体ほど成熟していない可能性が考えられます。
このため、ミノキシジルも処理しきれず、髪の毛に集まってくる恐れがあります。
その結果、頭皮の状況が悪化してしまって脱毛症を助長するかもしれません。
絶対にそうなるというわけではありませんが、ミノキシジルを使用するのは20歳以降にする方が好ましいともいわれています。
どうしても使用が必要な場合は、医師への相談が不可欠です。

年齢の若い人のミノキシジル以外の育毛対策

では薄毛に悩む人はどのように抜け毛対策をすればいいのでしょうか?
まずはシャンプーを変えてみることです。

市販のシャンプーは洗浄力が強すぎて、皮脂を根こそぎ奪ってしまいます。
その結果頭皮が乾燥してしまう、逆に過剰な皮脂分泌を促してしまって皮脂で毛穴に詰まりを起こす恐れもあります。
現在育毛シャンプーといわれる汚れと余分な皮脂だけを洗浄する種類があります。
身体に必要な皮脂は残りますから、頭皮の乾燥や過剰な皮脂分泌を予防できます。
ただしシャンプーをする時には、しっかりと洗浄してシャンプー剤が残らないように気をつけましょう。
シャンプー剤が残ってしまうと、頭皮に炎症を起こし抜け毛が起こりやすくなります。

また頭皮マッサージを習慣にしてみるのもおすすめの育毛対策です。
マッサージをすることで血行が促進されますし、頭皮を柔らかくして髪の毛の生えてきやすい環境を創り出せます。
特にシャンプーをしながらマッサージをするのがおすすめです。
お風呂に入ると血行が促進されるので、マッサージ効果がより出やすいためです。

高齢者とミノキシジルの使用

未成年者のミノキシジル使用は控えるべきですが、高齢者はどうでしょうか?
年齢的にみると65歳以上の高齢者は医者に相談した方が良いです。

また高齢者になると、持病を抱えていて薬を服用している人もいるでしょう。
特に高血圧症で薬を常用している人は、ミノキシジルを使ってより血圧を下げ過ぎる恐れもあります。
薬を使っている人は、主治医に相談して使用に問題がないか確認をしておいた方が安心です。

慌てず育毛対策をすること

10代で抜け毛が多いと、育毛対策をしないと薄毛になってしまうと思うかもしれません。
確かに早めに育毛対策をすることは大事ですが、ミノキシジルの使用は10代の内は医師への相談が必要になります。
他の方法で育毛対策をしつつ、安全に髪の毛を保護する方法を検討しましょう。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る