ミノキシジルは寝る前に塗布すると効果がアップする?

寝る前にミノキシジルを活用しよう

a1180_007517
AGAに悩んでいる人の中には、ミノキシジルを使って薄毛対策をしている人も多いです。
ミノキシジルを使用する際には、理想の使い方があります。
それは1日2回、朝起きたときと夜眠る前に使用するというものです。

そうすればより効果が持続するため、発毛しやすい環境を整えられるためです。
夜眠る前に使用するのは、私たちの髪の毛は眠っている間に発毛する傾向が見られるためです。
発毛しやすい時間帯に、髪の成長を促す作用のあるミノキシジルがあれば相乗効果が期待できるわけです。

髪の毛の成長する時間帯は限られている

もし別によるすべきことがなければ、なるべく早めに床につく習慣をつけておくことも大事です。
先ほども紹介したように、夜間眠っているときに髪の毛は成長しやすいからです。

特に夜の10時から深夜の2時にかけては、髪の毛が最も成長するゴールデンタイムといわれています。
この時に夜更かしをすると、せっかくの発毛エネルギーがほかで消費されてしまいます。

成長ホルモンと髪の毛の関係

a0002_008279

成長ホルモンは夜分泌される

私たちの体内ではいろいろなホルモンが作られますが、その中の一つに成長ホルモンがあります。
成長ホルモンは文字通り、私たちの体の成長を促進する役割のあるホルモンです。
思春期に背が伸びるとか、女性の場合胸が出てくる、体に丸みを帯びるなどの変化が起きますが、これも成長ホルモンの作用によるところが大きいです。
成人すると背が伸びることはなくなるものの、成長ホルモンはまだ分泌されています。

そしてこの成長ホルモンの働きによって、髪の毛の成長も促されます。
成長ホルモンは1日の内限られた時間帯でまとまった分泌されます。
その時間帯が先ほど紹介した夜の10時から深夜の2時ごろなのです。
この時間帯に眠っていれば、髪の毛の成長にエネルギーを集中できます。
ところが夜更かしをしてしまうと、エネルギーの使われ方が分散してしまうため、髪の毛が思ったように成長できなくなります。

夜眠る前にミノキシジル使用で成長ホルモンとの相乗効果も

ミノキシジルには、髪の毛の成長を促す作用があります。
そこで眠る前にミノキシジルを使用すれば、成長ホルモンとの相乗効果が期待できます。
このため、より髪の毛が成長しやすい状態になって薄毛解消の可能性もアップするわけです。

ちなみに頭皮に塗布するスタイルをとった場合、ミノキシジルは2~5時間くらいかけて吸収されます。
そこで眠る前2時間くらいのタイミングで塗布すると、髪の毛の成長効果を最大限に引き出せる計算となります。
別に塗布するタイミングはほかの医薬品のように食前とか食後などの厳しい決まりはありません。
しかしせっかくですから、成長しやすいタイミングに使用することです。

夜眠る前にミノキシジル使用は洗髪も関係する

全ての人がそうではないかもしれませんが、たいていの人が夜眠る前にお風呂に入りませんか?
この風呂に入ってから育毛剤を使用するのもメリットがあります。
風呂に入ってシャンプーすることで、頭皮の汚れや余分な皮脂が洗浄され、きれいな状態になります。

このため、ミノキシジルを塗布した時に成分が頭皮の奥深くに浸透しやすいわけです。
またお風呂に入ることで、血行が促進されます。
髪の毛を成長させるためには、栄養分が必須で、栄養分は血液に乗って運搬されます。
つまり血行が促進される、血流の良くなった状態は髪の毛の成長にとって好ましいわけです。
しかもミノキシジルには、血管を拡張し血流を促進する効果があります。

風呂上がりに利用することで、相乗効果により血流がアップして、髪の毛を作るための原料が受け取れやすくなります。
仕事終わりに早く眠りたいからと、夜風呂に入らない人もいるかもしれません。
そして朝にシャワーを浴びる習慣の人もいるでしょうが、髪の毛の健康を考えた場合夜に風呂に入った方が良いわけです。
夜残業で遅く帰宅した時には面倒に感じられるかもしれませんが、風呂に欠かさず入る生活習慣を身に着けた方が良いです。

ミノタブの夜摂取は危険?

頭部に塗布するタイプが一般的ですが、ミノタブと言って内服用の育毛剤も出てきています。
外用薬と比較してミノタブの方が高い効果が期待できると注目されています。
ミノタブも夜眠る前に服用した方が、成長ホルモンとの関係でより高い発毛効果が期待できます。

ただもともと低血圧の人が使用するときには多少慎重であるべきです。
眠っているときに私たちの血圧は低くなる傾向が見られるからです。
もともとミノタブは高血圧症の患者が、血圧を下げるための薬として開発されました。
このため、必要以上に血圧を下げてしまって低血圧症を眠っているときに引き起こす恐れがあるからです。

医者の注意を聞いて正しく利用

外用薬でもミノタブでも、医者からの処方で入手するのが一般的です。
処方されるときに用法の注意点会社から伝えられますから、それを守って使用することが大事です。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る