ミノキシジルを使うならタバコはやめるべき

ミノキシジルを使う前に禁煙を

32dc50333c14cf80b05b134540f087b4_s
薄毛に悩んでいる人の中には、ミノキシジルを使って育毛対策を検討している人もいるかもしれません。
ミノキシジルには、血管を拡張して血流を良くすることで髪の毛の成長に欠かせない栄養分の供給をスムーズにする効果があります。

もとは高血圧の治療薬だったのですが、多毛症の副作用の発生する事例が多く、育毛に効果があるとして育毛薬として使われるようになりました。
しかしこのミノキシジルを使用するのであれば、タバコを吸っている人は禁煙した方が良いでしょう。

タバコは百害あって一利なし

禁煙外来が病院に作られるケースも多く、たばこの有害性を認め、自分で禁煙できない人のために医学的アプローチも本格的に行われています。
このようにタバコを吸うのは健康に害をもたらすことが広く認知されています。

タバコにはニコチンをはじめとして、有害な成分が多数含まれています。
この有害成分の中には、髪の毛の成長を阻害するものもあるわけです。

タバコと薄毛の関係

f404d4b6805

血管を収縮する効果とミノキシジル

タバコにはニコチンが含まれていることは、広く知られているでしょう。
このニコチンの作用の一つとして、血管を収縮することが挙げられます。
血液の通り道である血管が収縮すれば、当然のことながら血液の流れは悪くなります。

特に頭部のような末端部分で血管の収縮が起きると影響は大きいです。
ただでさえ心臓から遠く離れた部分のため、なかなか血液の供給がスムーズにいかないことも多いです。
ところがタバコを吸って血管を収縮させれば、ますます血液が流れなくなります。
髪の毛は血液中に含まれる栄養分が欠かせません。
栄養不足になれば、髪の毛の成長など望むべくもないわけです。
ミノキシジルには血管を拡張して、血流を良くすることで発毛効果を促す作用があります。

ところがせっかくの血管拡張効果も、タバコの収縮効果で相殺される可能性もあるわけです。
ちなみにタバコ1本吸うと、血行不良の状態が2時間は続くといわれています。
ヘビースモーカーになると、2時間に1本というペースなわけはないのでずっと血行の悪い状態が続くわけです。

ミノキシジルとタバコとホルモンの関係

男性の中で額の後退や頭頂部の薄毛に悩まされている人が多いです。
このような症状をAGAと言います。
コマーシャルなどでも紹介されているので、AGAという名前だけなら知っている人も多いでしょう。

このAGAの原因として、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが関係しています。
ジヒドロテストステロンは、毛乳頭に対して脱毛の指令をさします。
この脱毛指令ですが、かなり強力なため、ジヒドロテストステロンが体内で多く生成される人は薄毛になりやすいわけです。

ところでこのジヒドロテストステロンですが、いろいろな所で研究が実施されています。
その結果、タバコが関係している可能性があると指摘されているのです。
アメリカのハーバード大学というと、日本人でも広く知られているような有力な教育機関です。

こちらでジヒドロテストステロンとタバコの関係性について調査を実施しているのですが、タバコを吸う人は普段吸わない人と比較してジヒドロテストステロンの分泌量が13%も多くなることがわかりました。
これだけジヒドロテストステロンが多く分泌されれば、脱毛症になる可能性も高まります。
またミノキシジルを使っていくら発毛を促しても、ジヒドロテストステロンが多く存在していれば、なかなか発毛できない可能性も高まります。

タバコとビタミンの関係

タバコを吸うと私たちにとって必要不可欠な栄養分であるビタミンが消費されます。
代表的なのは、ビタミンCでタバコ1本吸うと25㎎も消費されます。
タバコ一箱1日に吸うのであれば、500㎎も消費してしまう計算となります。

実はビタミンCだけでなく、ビタミンB群やビタミンEも消費されることがわかっています。
ビタミンB群は髪の毛の成長に欠かせない役割があります。
特にビタミンB2とB6は髪の毛の生成を促す効果があって、タバコを吸うことでみすみすこれらの栄養分を失っているわけです。

いきなり禁煙も髪の毛によくない?

ここまで見ればいかにタバコは薄毛と深く関係しているかがお分かりになるでしょう。
しかしではいきなり禁煙するといっても、かなり厳しいものがあるはずです。

いままで何十本と吸っていたら、タバコを吸わない時間は大変ストレスがたまるはずです。
このストレスは実は、薄毛によくないとされています。
つまり無理やりタバコをいきなり吸わないことも育毛にとってはマイナスでしょう。

どうしてもやめられない人は医者に相談

禁煙したくてもやめられない人も多いでしょう。
このような人はニコチン中毒になっていて、自分でコントロールできなくなっていると考えられます。
その場合には日本全国に禁煙外来がありますので、医師のアドバイスを受けながら禁煙にチャレンジしてみませんか?

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る