痛風の人がミノキシジルを摂取すると危険?

痛風患者にミノキシジルは危険?

52932367b077
薄毛に悩む男性にとって、高い発毛効果の期待できるミノキシジルですが、ミノキシジルは医薬品であることを忘れないでください。
医薬品ですから、体に作用をもたらし、場合によっては副作用という形で健康状態を悪化させてしまう危険性も考えられるからです。
中には、ミノキシジルの摂取を止めた方が良い人もいます。

その中の一つに、痛風に罹患している人が挙げられます。
痛風にかかっている患者さんで、治療の最中である人は医者にミノキシジルを使っても問題ないかどうか相談することです。

痛風の症状と薬に関係

ミノキシジルは痛風患者の方が使うのは危険な理由として、2つのことがあります。
まずはそもそも通風を発症した時の症状が関係しています。

足の親指の付け根に発症することが多いのですが、これがヘタすると全身に回る可能性があります。
また痛風患者の方は痛み止めの薬を服用することも多いでしょう。
この薬とミノキシジルとの飲み合わせに問題が生じる可能性があるため、使用は慎重であるべきと言われているわけです。

ミノキシジルと痛風の関係

85be7d97baf3e0599a91c51ccbfeef83_s

痛風のメカニズム

風に当たっても痛いという意味から痛風と名付けられた病気ですが、発症するとその通りの激痛に見舞われます。
なぜこの激痛が起きるかというと、尿酸と呼ばれる成分が関係しています。

尿酸は老廃物の一種で、血液中に含まれています。
通常は尿として排出されるため、一定の濃度を保っているのですが、急激に尿酸が体内にたまると尿として排出しきれなくなります。
すると尿酸が血液の中で濃度が高すぎるため、溶けきらなくなることがあります。

その結果、尿酸が結晶化してしまいます。
結晶化した尿酸は血管に付着します。
尿酸を異物と見なした白血球が攻撃を仕掛け、炎症を起こします。

これこそが激しい痛みの原因となるわけです。
足の親指の付け根で激痛を感じる人の多いのは、私たちは普段足が下に来ます。
重力の関係で結晶化した尿酸は足に貯まりやすいため、足に激痛を伴うことが多いです。

ミノキシジルの効果と痛風の関係

ミノキシジルがなぜ発毛効果が期待できるかというと、血管を拡張する作用があるからです。
もともと高血圧症の患者のための薬で、血管を拡張し血管壁にかかる血液の圧力を軽減するために開発されました。
血管が拡張されれば、血液の通り道も広くなるため、血液の流れもよくなります。
髪の毛を作るための原材料は血液に含まれた栄養分をもとにします。
血液の供給量が増えれば、頭皮にも髪の毛の原材料が届きやすくなって、発毛効果が高く期待できるわけです。

そこで問題になるのが、痛風との症状の関係です。
もし結晶化した尿酸がある段階で、血管を拡張し血液の流れを良くするとどうなるでしょうか?
可能性として、足にあった結晶化した尿酸が血液に乗って全身に回ってしまう可能性があります。
そうすると足の付け根で起きていた症状が、いろいろな所で発症する可能性が出てくるわけです。

実際痛風発作が起きたときには、心臓の位置よりも足を高くする応急処置が推奨されています。
患部の血流量を下げるための措置です。
その他には、アルコールを飲んで痛みを紛らわせることもNGとされています。
アルコールを飲むと血行が良くなってしまうため、これもミノキシジルの血管拡張効果と似たような結果になってしまうからです。
ですから特に痛風の発作の起きる前後には、ミノキシジルを使用には注意する必要があります。

痛風の薬とミノキシジル

痛風発作の起きた人は、病院に行って治療を行うでしょう。
その中で強い痛みが出ていれば、痛み止めの薬を処方される可能性があります。
この痛み止めとミノキシジルの飲み合わせも問題があります。
一緒に服用してしまうと、吐き気などの副作用が強く出てしまうことがあるからです。

まずは痛風の治療を優先して、痛み止めの薬の必要なくなったところで薄毛対策をすることです。
ちなみに痛み止めの他にミノキシジルとの飲みあわせの悪い薬に感冒治療薬、すなわち風邪薬も含まれますから頭の中に入れておきましょう。

頭皮につけるのならOK?

ここまで紹介したのが、ミノキシジルタブレットとかミノタブと呼ばれる内服タイプの医薬品の場合です。
ミノキシジルの使い方として、他にも育毛剤のように頭皮に直接塗布するスタイルのものもあります。
頭皮に塗布する外用薬タイプのミノキシジルであれば、痛風の方でも使って何か問題の起きる可能性は低いでしょう。
まずは外用薬を使ってみて、様子を見ることが大事です。

薬の飲み合わせは慎重に対処すること

薬の飲み合わせは、時として効果が強く出すぎてしまうことがあって、思わぬ健康被害をもたらすこともあります。
すでに持病があって、薬を定期的に服用している人は新たな医薬品を使うときには問題ない会社に確認をした方が良いでしょう。
痛風の薬を飲んでいる人も、ミノキシジルを使っていいか相談すべきです。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る