アトピーの場合の育毛に、ミノキシジルは使えるのか?

アトピーの薄毛とミノキシジルの相性は?

a0002_007986
アトピーが原因で、髪の毛が薄くなってしまったり、抜けてしまったりする人がいます。
アトピー性皮膚炎という名前の通り、皮膚に関する症状ですから、当然頭皮にも関わってくることがありますよね。

その場合、一般的な育毛剤を使用しても良いのかどうか、素人では判断できないことも多いです。
ミノキシジルのような、血行を促進して育毛に働きかけるタイプの育毛剤でも同様です。
内服薬であっても、外用薬であっても、使用できるパターンと、使用を避けた方が良いパターンがあるのです。
専門の医師のアドバイスを受けながら、正しい育毛活動をするようにしてください。

アトピーで育毛剤の使用に慎重になるべき理由とは?

一般的に、「アトピー」と呼ばれているのは、「アトピー性皮膚炎」のことです。
小さな子どもから大人まで、幅広い年齢層の人がかかってしまう可能性のある症状で、長く苦しんでいる人も少なくありません。
顔回りに湿疹が出てしまう人もいれば、手や足に症状が現れる人もいます。

そして当然、それが頭皮に及んでしまう人もいます。
そんな人がミノキシジルを使うと、場合によっては炎症や湿疹が悪化してしまう場合があります。
外用薬の場合、それが顕著に表れやすいですが、これは内服薬の場合でも同じことが言えるでしょう。

ミノキシジルとアトピー性皮膚炎の関係性について

polarisnr-0808

アトピー性皮膚炎の種類とミノキシジルの相性は?

一口に「アトピー」と言っても、その「アトピー性皮膚炎」の症状については、かなり個人差が大きくなっています。
まだ肌が刺激に弱くデリケートな状態である、小さな子どもが発症してしまうパターンはとても多いですね。
大人に近づくにつれ、その症状が薄れてくる場合もありますが、人によっては成人してからもアトピー性皮膚炎に苦しみ続けていることもあります。

逆に、20代、30代になってから、アトピー性皮膚炎が発症してしまうパターンもあります。
体質や肌質をはじめとして、生活習慣や生活環境の変化によって、アトピーの症状に変化が出てくる可能性もありますね。
適切な治療方法にも個人差があり、体調や肌の状態によっても、それが変わってくることもあるでしょう。
ミノキシジルを使用して、育毛を治療することもできますが、アトピーが原因の薄毛等の場合、症状を考慮しながら服用する必要があります。

もちろん、アトピーの人が薄毛で悩み、育毛剤としてミノキシジルを使用する場合も同様です。
皮膚の状態にトラブルがあるわけですから、特に外用薬タイプの場合はダイレクトに影響が出ます。
無理矢理使用してしまうと、肌の状態にも育毛の進捗にもマイナスになってしまう可能性がありますから、十分注意するようにしましょう。

アトピー性皮膚炎の場合のミノキシジル育毛について

皮膚のバリア機能が著しく低下してしまう、「敏感肌」と呼ばれるタイプの人がいますよね。
この人たちもアトピー性皮膚炎の一種であり、程度に差はありますが、肌への刺激が炎症に繋がってしまう場合があります。
外用薬タイプのミノキシジルは、患部に直接塗ることで、その部位の血流を盛んにして、毛根に栄養分を届けることを目的としています。
そのことで毛母細胞の分裂を促し、増殖させて育毛を進めるという狙いですね。

ただし、これが極度の敏感肌の人の場合、ミノキシジルの刺激自体が皮膚炎を発生させてしまう原因になりかねません。
かぶれてしまった皮膚は、非常に大きなダメージを負っている状態ですから、健康な髪の毛が育つのに適した土壌とは言えません。
当然、育毛にマイナスになってしまうこともあり得ますから、注意してください。

内服薬タイプでも注意が必要

外用薬タイプのミノキシジルだけではなく、アトピーの人は内服薬タイプのミノキシジルの服用にも注意しなくてはいけません。
内側からのアプローチが、肌にどんな刺激を与えるかわからないからです。
また、アトピーが理由になっている薄毛対策においても同様です。
アトピーの治療薬とのバランスを考えることも決して欠かせないポイントですよ。

アトピー性皮膚炎と育毛剤のバランス

頭皮をはじめとして、アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤、ステロイドなどを使用した治療を行うこともあります。
これらを患部に使用している場合、外用薬タイプのミノキシジルは、刺激が強すぎてしまうこともあります。
また、折角アトピーの治療を進めていたのに、無理にミノキシジルを使用したせいで、治療自体が遅れてしまう可能性もあるため、注意が必要というわけです。
これは、アトピーが原因で引き起こされてしまった、脱毛や薄毛の場合も同様になります。

アトピー治療と育毛治療を両立して進めよう

アトピー性皮膚炎の治療と、育毛を同時に進めたい場合はあるでしょう。
ただし、アトピーがない状態とある状態では、育毛方法も変わってくることが多いです。
ミノキシジルのような育毛剤であれば、外用薬タイプと内服薬タイプの使い分けが必要になることもあります。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る