毛乳頭の活性効果も?ミノキシジルの育毛効果

毛乳頭を活性化する

a0002_007466
もともと血圧を下げるための薬として開発されたミノキシジルは、毛細血管を拡張したり増やしたりすることで、発毛・育毛効果という思わぬ副作用をもたらしました。
ミノキシジルが持つ育毛効果は研究を重ねることによって、実用化されるようになり、今日の育毛業界の礎を築き挙げることとなりました。
日本国内でも臨床試験によって効果が認められており、これは毛細血管を拡張されることによってもたらされることになったと考えられています。

また昨今の研究では、ミノキシジルには毛乳頭を活性化させる効果があるということも分かっています。
毛を作る働きをする毛乳頭は毛髪にとって非常に重要な存在であり、この組織が働かないことが薄毛化の原因であることも分かっていますので、そこから考えてもミノキシジルが持っている毛乳頭の活性化作用は重要であることが分かります。

発毛活動も活性化

毛乳頭は髪の毛を作る組織であり、これが不活性化してしまうことにより毛髪が生成されなくなる、つまり薄毛化が進行することになります。
ミノキシジルには毛細血管を拡張する作用の他にも、毛乳頭の活性化作用があることが分かっており、近年の育毛において必要不可欠な存在になりました。
市販されている育毛剤の多くにミノキシジルが含まれており、誰でも使用できるようになっています。

AGAに対して効果は期待できない?

fb59856e24d3aceabf6d8cb42f88c202_s

男性型脱毛症(AGA)のメカニズム

薄毛化が進行してしまう原因は実に様々です。
日々の生活習慣が乱れているのも原因になる可能性がありますし、ストレスを抱え込んでしまっているのが原因になることもあります。

また最近ではこの他に男性型脱毛症(AGA)という原因も発見されています。
AGAは男性ホルモンが毛根部にて分泌される5αリダクターゼと結び付くことによって悪玉化してしまい、毛を作る組織に対して「髪を作るな」という指令を出すことで引き起こされる男性特有の抜け毛となります。

AGAの治療法について

現在ではAGAに対して有効な治療法が確立されています。
フィナステリドという成分は男性ホルモンの悪玉化を阻止してくれる成分であり、これが含まれているプロペシアやフィンペシア、エフペシアといった内服薬を服用することによって治療が可能です。
先に述べたように薄毛化には様々な原因が考えられますので、一概にこれらの薬を服用すれば良くなるとは言い切れません。
そのため、プロペシアなどのフィナステリドが配合されている内服薬の使用を考えている方は、まずは医師の意見を聞く必要があります。

ミノキシジルとAGAの関係

ミノキシジルが持つ効果は毛細血管の拡張と毛乳頭の活性化ですので、男性ホルモンの悪玉化によって引き起こされるAGAとはあまり関係がありません。
しかしながら、育毛・発毛促進という面から考えれば、ミノキシジルが持つ効果は重要となりますので、フィナステリドとの併用も考えてみることをお勧めします。

毛細血管の拡張によって、髪を作るために必要な栄養素を効率的に運ぶことができるようになり、また毛乳頭も活性化されることによって毛髪の生成も促進される効果が期待できるのがミノキシジルですが、男性型脱毛症の場合でもこの効果は発揮されることになりますので、ミノキシジルはAGAの人に対して全く効果が期待できないというわけではありません。

お勧めの育毛方法

薄毛の解消は一朝一夕で可能となるわけではありません。
目に見える変化が現れるためには最低でも半年程度の時間が必要となりますので、育毛は諦めずに辛抱強く続けていかなければなりません。
お勧めの育毛方法としては、まずは生活習慣の改善、それでもダメならば市販の育毛剤(ミノキシジル)を使用する。
ここまでしても育毛効果が認められなかった場合には医師と相談してAGAを疑い、フィナステリドの服用やミノキシジルタブレットの服用を考えるのがお勧めです。

このように段階を経て育毛活動を進めていくことをお勧めするのには、薬の副作用をできるだけ発生させないようにするという理由があります。
特に薄毛治療の内服薬として有名なフィナステリドやミノキシジルタブレットなどは、市販されている塗布薬よりも効果が強く、その分副作用が発生しやすくなっているため、必ず医師や専門家との相談は不可欠と言えるでしょう。

薄毛化の原因

薄毛化が進行してしまう原因は人によって異なります。
偏った食生活や睡眠不足が原因になることもありますが、この他にも遺伝が原因になっていたり、老化による代謝の悪化が原因になったりすることもあります。
それぞれの原因に対して適切な対処をすることが育毛において重要となりますので、原因の特定は最初に行うべきであることが分かります。
原因がAGAであるのに対してミノキシジルを用いて育毛をしても効果はなかなか発揮されませんし、食生活に問題があるのに無理やり薬を用いて治そうとしても効率の良い育毛はできません。

育毛剤には一定の効果がある

多くの育毛剤に含まれているミノキシジルには、血管の拡張作用と毛乳頭の活性化作用がありますので、薄毛化の原因が何であるにしろ一定の育毛効果が期待できます。
しかしながら、やはり最高の効率で育毛をしたいならば、薄毛化の原因に対して適切な処置をする必要がありますので、医師や専門家の意見に耳を傾けるのは重要です。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る