市販品よりも効果が高い!ミノキシジルの原料と育毛効果

市販の育毛剤は効果が薄い?

a0002_007865
ハゲを治療する効果が期待できるとされている市販の育毛剤を藁をもすがる思いで使用したことがある方も多いと思いますが、使用した後に「あまり効果が得られなかった」と効果を疑った人も少なからずいることと思います。

実は、市販の育毛剤には限界がありますので、このように思っていた効果が得られなかった方がいて当然です。
確実に効果を得たいならば、医薬品を使用するべきだといえますが、こちらは市販の育毛剤とは大きく原料も異なります。
育毛剤が効果を発揮するかどうかという問題は、使用者の健康状態や生活習慣とも大きく関係しており、全ての人に対して必ず効果が出るというわけではありません。

育毛剤の原料「ミノキシジル」

市販の育毛剤の多くに原料として使用されているのがミノキシジルという成分です。
ミノキシジルはもともと、毛細血管を拡張して血圧を下げるという目的で作られた成分で、これを服用した際に患者の毛髪が生えてきたことがきっかけでハゲの治療効果が期待できると分かった成分でもあります。
日本でも1999年に正式に発毛医薬品として認可を受けることになり、今日の育毛剤はこのミノキシジルによって支えられていると言っても過言ではありません。

なぜ育毛剤の効果が得られないか

a0002_010890

塗布タイプと服用タイプ

ハゲの治療薬として一定の効果が期待できるとされる成分はミノキシジルとフィナステリドであり、どちらも厚生労働省の認可を得ています。
特にミノキシジルは副作用も少なく安全に使用できる成分と言え、多くの育毛剤に配合されています。

ミノキシジルが配合されているAGA治療薬は塗布タイプと服用タイプに分けられており、市販の育毛剤は塗布タイプ、ミノキシジルタブレットは服用タイプにカテゴライズできます。
ここで注目したいのが両者の効果の違いです。

多くの方々がまずは市販育毛剤から試すと思いますが、塗布タイプは服用タイプと比較すると効果が薄いことが分かっています。
塗布タイプでもある程度の育毛効果は期待できるものの、服用タイプよりも効力が低いことから、使用しても「思っていた程の育毛効果が得られなかった」という感想を持つ人が出てきてしまうのです。

育毛剤の効果を妨げる生活習慣

市販の育毛剤の効果に個人差ができてしまう原因はミノキシジルの具体的な効果を知っていれば一目瞭然です。
すなわち、血行の悪さです。

毛細血管を広げて血行を良くすることで育毛効果が発揮されるわけですので、これは逆に言えば毛細血管が狭く、血行が悪い人が共通して薄毛化している傾向にあることを示しています。
つまり、血行が悪くなるような生活習慣をしていれば育毛剤の効果がなかなか得られにくくなってしまうということです。

具体的な例として挙げられるのが、脂っこい食生活です。
脂は健康を維持するためにある程度の量を摂取する必要がありますが、過度の量を摂りこんでしまうと血液をドロドロにしてしまい、血行が悪くなる原因になります。
育毛を効率的に行うためには、このように育毛剤以外にも日々の生活に目を向け、原因を追及し改善していかなければなりません。

育毛の理想

育毛の理想は、塗布タイプと服用タイプのミノキシジルを使い分け、薄毛の原因となっている日々の生活習慣を改善していくという状態です。
薬には確かに力があり、塗布タイプであろうが服用タイプであろうが一定の効果が期待できますが、それ以前に薄毛化が進行してしまう原因となる生活習慣が改善されなければ薬の効果を得ることができません。

偏食が続いてしまっている、運動不足である、睡眠不足であるなどは薄毛化進行の原因となりますので、ハゲの治療においてこれらの問題の改善は必要不可欠です。
薬の力に頼り切るのではなく、薬は人が持つ本来の治癒能力を助けてくれる存在であるという認識を持って治療にあたるようにしましょう。

育毛剤の力を引き出し切れていない

市販の育毛剤の効果が人によってばらつきが出てしまう原因は、育毛剤の力を引き出し切れていないという問題に起因しています。
特に食生活は毛髪の成長に大きく関係がありますので、効率的に育毛をしていくためには必ず改善しなければなりません。
血液をサラサラにする効果が期待できる成分が育毛に効果的ですので、まずはこちらから試してみることをお勧めします。

またそれと同時に脂っこい食事だけは避けるようにしてください。
一般に健康的な食生活とされるような食事を心がけていけば問題無く育毛剤の力を引き出すことが可能です。
なかなか育毛剤の効果が得られないという方は、自身の生活習慣にも目を向け、健康な体を作っていくように心がけましょう。

効果の有無は使い方次第

市販されている育毛剤の原料となっているミノキシジルは確かに育毛効果が期待できる成分ですが、実際に効果が得られるかどうかは使用者の生活習慣次第です。
偏食が続いていたり、睡眠不足が続いていたり、運動不足だったりすると育毛剤の効果も薄れてしまいますので注意しなければなりません。
これらを改善してもなお効果が出ない場合には、服用タイプのハゲ治療薬を使用するというように、正しいプロセスを経て治療を進めるようにしましょう。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る