低アレルギーミノキシジルで副作用のかゆみ対策をします

ミノキシジルにはかゆみの副作用も

a0002_007919
ミノキシジルは、もともと高血圧用の医薬品として開発されましたが、患者に投与したところ多毛症の副作用が出たため、育毛の医薬品として使われるようになりました。
血管を拡張することで、血流を良くし発毛を促進する効果があります。

しかし医薬品の一種であるミノキシジルは、どうしても副作用が起こります。
その中でも多く報告されているのが、頭皮のかゆみです。
頭皮のかゆみが起きたのであれば、低アレルギーの商品もありますからこちらを試してみることをおすすめします。

ミノキシジルとかゆみの関係

実はミノキシジルそのものにかゆみの原因となる成分が含まれているわけではありません。
細かく説明するとミノキシジルを水分に溶かすための溶剤に、アレルギー物質の含まれている可能性があります。
ですからアレルギー反応でない、もしくは出にくい低アレルギーの溶剤を使っている育毛剤であれば、頭皮のかゆみが起こりにくくなるわけです。

ミノキシジルの選び方

polarisnr-0808

ミノキシジルを製品化するためには溶剤が必要

ミノキシジルはミノタブと言って内服用の薬もありますがメジャーなのは、育毛剤タイプで頭皮に直接塗布するスタイルです。
このため育毛剤として製品化するためには、溶液状にして頭皮に塗布できるようにしておかないといけません。

ところがミノキシジルの問題点として、水に溶けにくい性質を持っています。
このため、水にそのまま溶かしてしまうとダマができやすくなります。

頭皮に成分が定着しにくくなりますし、塗りムラも起こりやすくなります。
完全に水に溶けた状態であれば、頭皮にまんべんなく、誰でも簡単に濡れるわけです。
水に溶けにくい物質を水に溶かして溶液状にするためには、水以外の物質を介在して溶かす必要があります。
そこでアルコールやプロピレングリコールといった溶液を使うわけです。

低アレルギーミノキシジルとは

アルコールやプロプレングリコールなどの成分を利用することで、ミノキシジルを溶液状には簡単にできます。
ところがアルコールやプロピレングリコールの場合、アレルギーを引き起こしやすい物質だとも言われています。
もともとアレルギー体質だった人がこのような溶剤の含まれたミノキシジルを使ってしまうと、頭皮のかゆみなどの副作用が起きてしまうのです。

もし頭皮のかゆみが起きた場合には、その商品の使用を中止すべきです。
ミノキシジルの中には低アレルギーの商品もあって、溶剤に上で紹介したアルコールやプロピレングリコールなどを使っていないものもあります。
このような商品を使えば、頭皮のかゆみなどのアレルギー反応も起こりにくくなります。

低アレルギーミノキシジルで育毛促進も

アレルギー反応が起きて頭皮にかゆみを感じる人は、炎症など頭皮の肌荒れが起きている可能性が極めて高いです。
健全な髪の毛を育てるためには、健康な頭皮は必要不可欠の前提条件と言っていいでしょう。
副作用で頭皮が荒れてしまえば、健康な髪の毛の成長もなかなか難しくなります。

薄毛対策として良かれと思ってミノキシジルを使っていたのに、結局自分で育毛から遠ざけるようなことをしているわけです。
低アレルギーミノキシジルを使えば、頭皮のあれも起こる可能性が低くなりますし、頭皮のコンディションを改善できます。
すなわち、育毛しやすい環境も整えられるわけです。

効果の高い低アレルギーミノキシジルも

低アレルギーの商品だと副作用の洗われる心配もない半面、効果も薄いのではないかと思う人もいるでしょう。
しかし低アレルギー商品の中には、効果も抜群の育毛剤も出ています。
ナノテクノロジーを使って、頭皮に成分が浸透しやすくした商品も見られます。

従来と比較して、頭皮への浸透率が3倍に高まった商品も出ているくらいです。
頭皮のかゆみもなくなって、育毛効果もアップしたといった事例もありますから、使ってみる価値は十分あるはずです。

多少のかゆみは仕方ない?

いままでの話と矛盾してしまうかもしれませんが、実はミノキシジルを使えば多少のかゆみは発生します。
というのもミノキシジルを使うと、血行が促進されるためです。
かゆいというよりも、むずがゆさは起こりうると思っておきましょう。

ただしあまりに我慢できないようなかゆみとか、頭皮が腫れあがるといった顕著な症状が出ているようであれば、アレルギー反応による副作用の可能性が高いです。
その場合には即刻使用を中止して、他の育毛剤に切り替えるなどの対策を施しましょう。

気になることがあれば皮膚科に行ってみる

もし頭皮のかゆみをはじめとして、ミノキシジルを使って何らかの気になる症状が出ているのであれば、皮膚科の医者に相談することが最善の策です。
素人考えで勝手な対策をするのではなく、専門家である医者の診察を受けることです。
そして育毛剤を使用しても問題ないか、他の商品に変えるべきかのアドバイスをもらいましょう。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る