低刺激ミノキシジルで副作用のかゆみ対策をしよう

ミノキシジルには副作用あり

a1640_000367
ミノキシジルは血管を拡張することで血流を良くし、髪の毛の生えてきやすい状態を作り出します。
毛髪外来では治療薬としてしばしばつかわれ、実際に高い効果を発揮します。
しかしその一方で医薬品ということもあり、副作用がいろいろと起こります。

その中でも頭皮のかゆみを感じる人は多いようです。
頭皮のかゆみの原因は高濃度のミノキシジルにあるといわれていて、低刺激のものに変えると症状の収まるパターンが多いです。
気になる症状が現れたときには、医者に相談してみると良いです。

副作用の現れる可能性

ミノキシジルを使っている患者の中で、10%程度の人は何らかの副作用が現れています。
副作用と言っても先ほど紹介したような、頭皮のかゆみなどで重篤な症状に発展するケースはまずないと言っていいでしょう。
しかしそれでも皆さんが使えば、何らかの副作用の起きる可能性は十分あると思って使用した方が良いです。

ミノキシジルと頭皮のかゆみの関係

6464ea357fe03a276813595d4bd2b5d3_s

ミノキシジルは溶けにくい

ミノキシジルの副作用として、頭皮のかゆみがしばしば出ることはすでに紹介しました。
しかし少しややこしい話になってしまうかもしれませんが、ミノキシジルそのもので頭皮にかゆみを起こしているわけではありません。
「どういうことなんだ?」と言われてしまうかもしれませんが、頭皮に塗布するタイプの育毛剤はミノキシジルを水に溶かして使用します。

ところがこのミノキシジルには特性の中の一つに、水に溶けにくい性質があります。
塗り薬として使用するためには、水とただ単に混ぜるだけでは商品にならないわけです。
そこで別のものを使って、ミノキシジルを液体に溶かす方法がとられます。

溶剤が頭皮のかゆみに

水以外の力を借りてミノキシジルをとかすのですが、この溶剤として使われることの多い物質がアルコールやプロピレングリコールといったものです。
アルコールやプロピレングリコールに共通しているのは、アレルギーを引き起こす可能性が高い点です。
アルコールやプロピレングリコールにアレルギー体質を持っている人が、ミノキシジルの育毛剤を使うと反応してしまって頭皮のかゆみが引き起こされます。

もし自分がアレルギー体質かもしれないと思っているのであれば、一度パッチテストをしてみると良いでしょう。
腕に育毛剤を塗布して、そのまま少し放置します。
そして、塗布したところが赤く変色したのであれば、皆さんがアルコールやプロピレングリコールにアレルギーを持っている可能性が高いです。

低刺激のミノキシジルを使う

もしこのようなアレルギー体質の人がミノキシジルを使用するのであれば、低刺激のものを購入しましょう。
ミノキシジルの濃度の高いものは、それだけ水に溶かすために多くの溶剤が使用されています。

このため、頭皮のかゆみなどのアレルギー症状がより強く出てしまいます。
低刺激の商品の場合、通常と比較してミノキシジルの濃度を低く設定しています。
このため溶剤の使う量もセーブできるため、頭皮のかゆみといったアレルギー反応の起こる可能性を低くできます。

低刺激のミノキシジルを探す

ミノキシジル製品を見てみると、「低刺激」とか「低アレルギー」と書かれている商品をしばしば見かけます。
このような商品を使えば、頭皮のかゆみの起きる可能性が高いです。
その他には溶剤としてどのような成分が使われているかチェックしましょう。

先ほど紹介したアルコールやプロピレングリコールのような溶剤を使っていない商品もあります。
成分表に、グリセリンと書かれている商品がアレルギー体質の方にはおすすめです。
グリセリンの場合、アレルギー反応の起きる可能性が低く、副作用を気にすることなく育毛剤として使用できる可能性が高いからです。

また溶剤にアレルギー物質を一切使っていない商品も一部、見られます。
このような商品を探して、購入してみると良いでしょう。

ミノタブの使用も検討

ミノキシジルというと一般的には育毛剤のように、頭皮に直接塗布するタイプのものが中心です。
しかしミノタブと言って、薬のように内服できるタイプのものも販売されています。

このミノタブを使用すれば、頭皮に直接塗るわけではないですし、溶剤も使われていないのでアレルギー症状を心配しなくても良いです。
塗るタイプと比較すると、より高い発毛効果があるともされていて、注目を集めています。
ただしミノタブの場合、他の副作用の起きる危険性もありますし、持病を抱えている人は使用を控えるべきケースもありますので注意しましょう。

気になることがあれば医者に相談すること

頭皮のかゆみや湿疹といった、ミノキシジルを使って何か症状が出た場合にはとにかくまずは主治医に相談することです。
診察をして、ミノキシジルに関係があると判断されれば、他の方法による治療にシフトしてくれます。
専門家に話を聞いて、正しい処置をお願いしましょう。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る