フィンペシアはどんなビタミンと相性が良い?

ハゲ治療と薄毛の原因

GW036_L
現代では科学技術も進歩し研究も進められたことからハゲも治療できる時代となっています。
プロペシアやフィンペシアを代表とするAGA治療薬は、中でも優秀な薬として世界中で使用されており、日本もその例外ではありません。
しかし、AGA治療薬はあくまで毛髪が生える環境を整えてくれる効果が期待できる薬であって、中には充分な効果が得られないケースもありますので、服用して治療を進めるのと同時に、他の原因にも手を加えて改善していくことが必要となります。

薄毛の原因の内、多くのケースが偏食に関係があります。

偏った食事をしていると、たとえ治療薬を服用していたとしても、その恩恵を充分に得られないこともありますので注意が必要です。
毛髪に良いとされている栄養にはいくつか種類がありますが、今回はビタミンについて見ていくことにします。

髪に良いビタミンと悪いビタミン

人間の健康維持のために必要となるビタミンは13種類もありますが、そのどれもが育毛効果を期待できるというわけではありません。
中には髪にとって悪影響を及ぼすものもありますので注意が必要です。

髪に良いビタミンとして挙げられるのは、ビオチン、ビタミンB群、ビタミンEの3種類です。

ビオチンの働きは、頭皮のすぐ下にある毛細血管を太くし、血行を促進してくれる、また代謝能力を向上させるというものです。

ビタミンB群には細胞の成長を促進してくれる働きや、たんぱく質を髪へと変化させる上でも必要になるという特徴があり、ビタミンEには血管の保護や細胞の健康を維持してくれる働きが期待できます。
この逆に、ビタミンAやビタミンEは過剰摂取すると髪へ悪影響を及ぼす可能性がありますので注意が必要です。

ビタミンEは髪に良い効果が期待できるにも関わらず、摂取し過ぎてしまうと逆効果になりますので特に注意したいところです。

ビタミンAやビタミンEはなぜ悪いか

GW197_L
ビタミンの中で特に注意しておきたいのがビタミンAです。

この成分は全く摂取せずに不足してしまうと頭皮を乾燥させてしまうことにもつながり、過剰摂取をしてしまうと頭皮の硬化につながる、とても厄介な成分です。毛髪がやせ細る原因もビタミンAにあることが分かっていますので、摂り過ぎず嫌いすぎずという微妙なさじ加減で接する必要があります。

ビタミンEは一定量までは髪にとって良い効果が期待できるものの、摂り過ぎてしまうと胃の活動を邪魔したり、頭痛を引き起こしたりと、健康被害につながる成分でもあります。

摂り過ぎることで髪に対して直接的に悪影響を及ぼすことは無いにしろ、健康を害してしまえば元も子もありませんので、過剰摂取は控えるようにしましょう。

AGA治療薬とビタミンの相性

フィンペシアと併用禁忌薬

人気の高いAGA治療薬であるプロペシアや、そのジェネリック医薬品であるフィンペシア、プロペシアといった薬は、併用禁忌薬ではありません。

他の薬やサプリメントとも併用して服用することが可能ですので、治療に際してサプリメントを併用して治療を進めることも可能です。

不足しがちなビタミンはサプリメントで補給

育毛に必要な栄養を食事で全て賄うのはなかなか難しいですので、サプリを用いて効率的に摂取していくことをお勧めします。
これと言ってAGA治療薬と相性が良いというビタミンはありませんが、強いて言うならば血行促進効果も持っているビオチンとの併用は効果が期待できそうです。

薬の成分も髪に必要な栄養素も、全てが血管を通って血液と共に頭皮へと供給されることになりますので、血行が良ければ効果もそれなりに向上することが予想されます。

ビタミンCと亜鉛の相性

育毛効果が期待できる栄養素はビタミン類だけではありません。

亜鉛も非常に重要な成分として注目を集めています。
そもそも毛髪はたんぱく質が合成されることによって作り出されることになりますが、亜鉛はたんぱく質を束ねるような効果が期待できることが分かっています。

そのため一定量の亜鉛は育毛において必要不可欠の存在と言えるのです。

しかしながら亜鉛は体内へ吸収されやすい成分でもあります。

例えば食物繊維の豊富な食べ物と一緒に食べてしまうと、吸収されること無く体外へと排泄されてしまうことになります。
ビタミンCはそんな亜鉛の吸収効率をアップさせてくれる成分ですので、亜鉛のサプリメントを使用しようと考えている場合には、それと同時にビタミンCのサプリメントも併用してみることをお勧めします。

髪に良いビタミンは3種類

育毛効果が期待できるビタミンは、ビオチンとビタミンB群、そしてビタミンEの3種類です。
ただしビタミンEについては過剰摂取によって体調を害する危険性もありますので、摂り過ぎには注意しなければなりません。

またビタミンAは摂り過ぎても摂らな過ぎてもいけない成分です。バランスを考慮した上で摂取していく必要があります。

フィンペシア等のAGA治療薬とビタミン剤の併用は可能であり、効率的に治療を進めるためにはむしろ併用した方が良いケースが多いです。
食事によって充分に確保できないと思われる必要なビタミンはサプリメントを用いて補ってあげることで育毛につながります。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る