亜鉛とフィンペシアの相性はどうなの?

AGA治療薬と食生活

imasia_7844668_M

AGAの原因は体質遺伝による原因と生活習慣による原因の2種類に分けられますが、近年の研究では後者の原因の方が多くのケースに当てはまることが分かっています。

つまり遺伝云々の話はさて置いて、多くの場合が健康的な生活習慣が送れていないことに起因してAGAが進行しているというわけです。
現在では毛が抜け落ちてしまうメカニズムも解明されており、これに対する治療法も確立しています。

中でも多くの人の支持を受けているのがプロペシアやフィンペシアといったAGA治療薬に頼った治療法です。

薬を飲むだけという手軽さでありながら、AGAに対して着実な効果が上げられるとの口コミ情報が多数挙げられており人気に拍車がかかっています。
しかしながらAGA治療薬は特徴的な効果を持っているため、服用時には様々な点に注意する必要があります。

その代表例となるのが食事です。
食生活によっては薬の効果を低減させてしまう可能性もありますので、ただ薬を服用するだけでなく食生活にも配慮する必要があります。

亜鉛と育毛効果

育毛効果が期待できる食べ物の成分はいくつかありますが、中でも亜鉛は毛髪にとって必要不可欠な存在ですので、日頃の食生活にも取り入れたいところです。
髪はたんぱく質によって構成されているのは有名な話ですが、毛髪を作る際に亜鉛が活用されるのはあまり知られていません。

何種類ものアミノ酸を束ねる働きがあるのが亜鉛で、これが無ければたとえ食事でたんぱく質を摂ったとしても髪を作るために使用されなくなってしまいます。

したがって亜鉛は育毛活動には欠かせない部分であり、効率的に育毛をしていくために必須となる成分でもあると言えるのです。
バランスの良い食事で亜鉛を摂取し、育毛に役立てていきましょう。

AGAそのメカニズムと治療薬

AGAの治療薬として絶大な人気を誇るプロペシアが、なぜ発毛効果があると言われているのか、その理由はこの薬に含まれるフィナステリドという成分にあります。

AGAによって薄毛化が進むメカニズムは、まず男性ホルモンが毛根部にて分泌される5αリダクターゼという成分と結び付くことで悪玉化し、次に悪玉男性ホルモンが毛を作る組織に対し発毛活動の取り止め指令を出し、最後にこの指令を受けた毛根組織はついに活動を止めてしまうというものです。

これを治療するためには、男性ホルモンの発生を抑える、5αリダクターゼの発生を抑える、または二者の結び付きを阻止するといった方法が考えられます。
フィナステリドには両者の結託を阻害する効果が期待でき、だからこそ治療薬としても成立するとして人気を集めているのです。

しかし、薬の値段が高いという欠点があります。

そこでジェネリック医薬品の登場です。
フィンペシアはプロペシアと同様に有効成分であるフィナステリドが含まれており、値段も安価であることから近年注目を集めているのです。

AGA治療薬と亜鉛の相性は?

imasia_10431007_M

治療効率は食生活と関係がある

ハゲが簡単に治療できるという宣伝によって、服用するだけで誰でも簡単にハゲを治せると勘違いをする方も多いですが、実際には一定の効果は予想されるものの、食生活も一緒に改善していかなければ効果が得られないというケースもしばしばあります。

日頃の食事は育毛活動において非常に重要となってきます。

特に注目したいのが、薬と相性の悪い食事として挙げられる脂っこい食事です。

健康を維持するためには勿論脂も必要ではありますが、摂り過ぎてしまうと血液をドロドロにしてしまい、毛根部へ必要な栄養を届けにくくなってしまいます。

ヘルシーな食生活で血液をサラサラに保ち、かつ毛髪を作るために必要な栄養素を摂るように心がけることで、治療薬の効果を手助けすることになりますので、この点には注意してください。

亜鉛とAGA治療薬の相性

AGAを治療するためには前記した通り、男性ホルモンと5αリダクターゼの結び付きをどうにかして阻止する必要があります。

亜鉛の注目すべき点は、ケラチンたんぱく質の形成だけではありません。亜鉛には5αリダクターゼの発生を抑制する効果が期待できるとされています。
そのため、フィンペシア等のAGA治療との相性を抜群に良いと言えるのです。

亜鉛を摂る上で注意したい点

万能の効果を持つように思える亜鉛ですが、しかしながら摂取時には注意したい点もあります。
それは亜鉛の吸収効率です。

経口摂取によって摂られた亜鉛は、体内に吸収されないこともしばしばある成分です。

食物繊維が豊富な食べ物と一緒に食べてしまうと、体外へ排出されやすくなってしまいます。

その逆にビタミンCやクエン酸は亜鉛の吸収を助けてくれますので、食事で一緒に摂ることをお勧めします。
また亜鉛はストレスを感じた際やアルコールを分解するためにも消費されることになりますので、日常生活でこれらの要素を回避するのも重要です。

相性は抜群!摂り方に注意!

フィンペシアと亜鉛の相性は非常に良いですので育毛生活をする際には一緒に摂っていくことをお勧めします。

しかしながら摂り方には注意が必要です。
食物繊維が豊富な食品や緑黄色野菜と一緒に摂ってしまうと、体内に吸収されずに排出されやすくなってしまいます。

また亜鉛は消費されやすい栄養という点も配慮しなければなりません。

アルコールを分解するのにも、ストレスを感じた際にも消費されることになりますので、お酒の量を減らしたり、ストレスケアをしたりなどして、むやみに消費されないように注意しましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る