グルコサミンのサプリとフィンペシアの相性はいいの?

健康成分であるグルコサミンが育毛にもよい?

3881039fa0c
グルコサミンといえば、体作りに大切な健康成分としてよく知られているものです。

特に関節の機能に支障をきたしている方には、このグルコサミンを摂ることで体が動かしやすくなり、元気な活動ができるようになる効果が見込めるのです。

このグルコサミンが、実は育毛への効果も期待できる成分として注目を集めているのです。
今現在、薄毛治療としてフィンペシアを服用している方にとっても、グルコサミンを摂ることは有効な方法であると言われています。

そのグルコサミンのパワーとはどのようなものなのでしょうか。

フィンペシアとは別アプローチで効く

育毛によい効果を示すとされるグルコサミンは、フィンペシアとはまた異なるアプローチで髪の生成に働きかけます。

グルコサミンは、育毛に期待できる作用としては血流を改善したり、また肌の組織を作って弾力性を持たせたりといったことが主です。
一方、フィンペシアは男性ホルモンの阻害が主な目的ですから、アプローチは別の方向からとなるわけです。

グルコサミンは血行促進と肌の生成によって頭皮の環境を整えることにつながり、いわば髪が育つ土壌を作るものです。
フィンペシアは髪の生成を阻害する要素を取り除くことが予想されるものですから、これら2つの効果が合わされば、より育毛に効果的に働きかけると考えることができるのです。

併用も問題なし

faae8fd62c6fd
グルコサミンは、健康成分としてサプリとしても広く販売されているものです。フィンペシアでの薄毛改善を行っていない方でも、健康のためにグルコサミンのサプリを服用している方も多いでしょう。

そこからフィンペシアの服用を始めようと考えたときに、これら2つの併用に問題がないかどうかは気になるところです。

答えとしては、別アプローチから働きかけるものであるため、併用してもお互いに影響を与えるものではないと考えることができます。
毎日のグルコサミンを欠かさない方でも、フィンペシア服用も特に弊害なく始められます。

グルコサミンとはどのようなものか

では、健康成分として知られるグルコサミンが育毛にどのように働きかけるのかを見ていきます。

グルコサミンとは何か

グルコサミンとは、アミノ糖の一種であり、母乳にも含まれる成分です。

通常この成分を生成するときは、エビやカニといった甲殻類の殻に含まれるキチンという成分を取り出し、そこから分解することで抽出します。

私たちの体の中では、関節をつなぐ軟骨や靭帯などを形成する成分であり、柔軟性と弾力性のある組織を作るのに一役買っています。
加齢によって軟骨の劣化が見られるようになったときには、このグルコサミンを摂取すると劣化した軟骨の再生に役立つというのが一般的な通説です。

グルコサミンが持つ効果

では、具体的にグルコサミンが持つ効果とはどのようなものでしょうか。また、育毛によい作用を与えると言われているのはなぜなのでしょうか。

グルコサミンが持つ効果とは以下のようなものがあります

  • ヒアルロン酸生成
    関節の軟骨組織を生成するのに、ヒアルロン酸の存在は欠かせません。
    また、肌の潤いを保つ成分としてもよく知られているのがヒアルロン酸です。
    グルコサミンは、摂取することで体内でヒアルロン酸を生成し、体内の各組織が柔軟に機能するような仕組みの生成を促しているのです。

    もちろん肌への保水力も向上させ、潤ってハリのある肌を作り出すことができます。

  • 抗凝固作用
    グルコサミンには、血小板が集まって固まりやすくなる現象を抑える効果があるとされます。

    抗凝固作用と言われるものですが、疾患や体質などで血液が固まりを作りやすくなっている場合には、それを防止して血栓などができるのを防いでくれるのです。
    これが結果的には血行促進につながり、頭皮への栄養補給もスムーズに行われることとなります。

  • 体がスムーズに動くことで毎日元気
    例えば、関節が動きにくくなったり痛みがあったりするときには、毎日の生活も送りにくく憂鬱な気分になってしまいがちです。

    また、肌の潤いも足りなくなるとスキンケアを行ってもうまくいかないこともあり、イライラしてしまうこともあるでしょう。これらの問題を、グルコサミンを服用することで解決できると考えられます。
    こうしたストレスがなくなれば、ストレス要因の薄毛も軽減できるかもしれないという間接的な効果を得られるかもしれません。

肌を作ることは頭皮を作ること

このように、グルコサミンの摂取によって健康な関節組織や肌を作ることができるとされます。
この中で肌への保水力と、もう1つグルコサミンが持つ効果として血液の凝固を防ぐ効果は、もちろん頭皮へも適用されるものです。

頭皮が潤いを保てるということは、乾燥によって固くなってしまったり、乾燥してしまったりといった事態を防ぐことができ、柔軟性のある健康な頭皮状態を保つことにつながります。

また、結果的に血流がスムーズになることによって、頭皮と毛根組織への栄養補給も滞りなく行われることになり、髪が元気に育つ土壌を作ることができるのです。

フィンペシアとの併用でさらに健康な髪に

こうしたグルコサミンの効果は、フィンペシアが持つ効果とは別のアプローチで起こります。
グルコサミンによって頭皮の土壌を整えても、フィンペシアによって悪玉男性ホルモンの動きを阻害できなければ髪は生えてきませんし、また悪玉男性ホルモンを抑えたとしても、髪が育つ土壌が十分にできていなければやはり髪は育ってくれないのです。

つまり、それら2つの効果を合わせることによって、より高い育毛効果を出すことが期待できるというわけです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る