フィンペシアとクエン酸が含まれる食事で育毛しよう!

生体活動に必須なクエン酸は育毛にも

04ae84fae0d4
私たちが生体活動を行うに当たって、クエン酸の存在は必要不可欠です。
クエン酸は、私たちの体に摂り込まれた糖質や脂質、タンパク質を分解し、それらをエネルギーに変える活動を尾行うための栄養素なのです。
つまり、クエン酸の働きがなければ体の活動を行うことができなくなり、体内の代謝活動のすべてが滞ってしまうことになります。

このように、生体活動の根本を担うクエン酸は、体内で生成されるもののほかに外部から摂取することでより代謝が促進されて元気な体を作ることができます。
その仕組みは育毛に関しても大きな功績を残すものとなります。

クエン酸回路を正常に

私たちの生体活動の基本は、このクエン酸回路によって成り立っています。
毎日の食事を摂り、その栄養素をそれぞれに分解してエネルギーや体内組織の生成、また内臓機能の活性化などさまざまな面で活躍するために、クエン酸は必要な栄養素というわけです。

体が行うあらゆる生体活動を支えるということは、もちろん髪の生成にも同じことが言えるということです。
つまり。髪を元気に育てるためには、体内のクエン酸回路が正常に機能している必要があり、もちろんそのためにはクエン酸の補給が有効です。

フィンペシアの効果は健康によって増幅される

519d86b73403
ここで育毛について考えると、フィンペシアのような薬はあくまで男性ホルモンの作用を抑制することを目的とするものです。
そこで、髪が抜けにくくなって以降、さらに元気に髪を生やすための方法を考えることが必要なのです。
自然発生的に毛母細胞が復活するのを待ってもよいですが、一度停滞してしまったものを自然に正常に導くのは難しいと言えるでしょう。
そこで、特に髪を育てることに特化した効果を見るために、クエン酸などを積極的に摂り入れることが有効になります。

クエン酸の働きとは

クエン酸は、生体活動を広く支えるために必須です。
そのため、クエン酸によってもたらされる恩恵にも多くのものがあり、たくさんの場面で助けられているのです。
では、そのクエン酸について見ていきます。

いろいろある効果

数あるクエン酸の効果の中で、主なものは以下のとおりです。

  • 代謝向上
    食事として摂り入れた糖質や脂質、タンパク質においては、クエン酸回路によってそれぞれに分解されて各々の機能を発揮するのが基本的なクエン酸の働き方です。
    体内で必要なエネルギーや物質が効率よく働くために、この分解代謝の働きは必須であり、この機能が正常に行われないと生体活動や体内組織の生成が滞ってしまうのです。
    これによって、血中に余分な糖質や脂質がたまり。タンパク質の再生成も妨げられるため、老廃物がどんどん体内にたまり。新たな細胞の生成にもたどり着けなくなってしまいます。
    クエン酸の補給でその事態を避けることができます。
    さらにその代謝活動によって、体内の酸化を防ぐことも期待されるのです。
  • 疲労回復
    スポーツの後でレモンなどクエン酸を多く含んだ食べ物を食べると、疲労が癒されるものです。
    これは、体を使ったことによって生じる疲労物質をクエン酸が有効に分解し、体外に排出してくれるという作用によるものです。
    この代謝活動によって、比較的早めに疲労状態から回復することができるというわけです。
  • ミネラル分などの栄養素の吸収率アップ
    例えば、タンパク質の再生成にかかわるミネラルとされる亜鉛は、そのままでは吸収しにくい形となっています。
    それを体内により摂り込みやすくするのもクエン酸の働きです。亜鉛は特に髪の生成だけではなく、男性ホルモンが関与するAGAの改善に有効であると言われており、フィンペシアなどで治療に当たっている方にとっては嬉しい成分でもあります。
    その亜鉛の吸収をよくし、さらに高い効果に導くとされるのがクエン酸なのです。
フィンペシア効果を増幅させる

上記に挙げたクエン酸の効果は、全身への健康効果を望めるものと言えます。
それが間接的に、頭皮環境を改善することにもつながるのです。

代謝が活発になることによって血液が浄化され。血流が促進されます。
それによって頭皮への血流も改善され、栄養素がより行き渡りやすくなるのです。
また、血行促進によって皮膚の代謝活動も活発になり、角質のターンオーバーを正常にしたり、脂質の過剰分泌を抑制したりといった効果が見込めます。
これは、髪を元気に育てる土壌を豊かにし、髪を生えやすくすることが期待できます。

フィンペシアは髪の生成を阻害しないように仕向ける薬ですから、いわば害虫を駆除するような作業です。
頭皮環境の改善は、土により栄養を与え、空気を含ませたりすることでより健康で強い素材を育てる準備と例えることができるでしょう。

キレート作用とは

クエン酸が持つ作用として、キレート作用と呼ばれるものがあります。
前述にもありましたが、クエン酸は亜鉛などのミネラルを吸収しやすくする効果があります。

これは、クエン酸が金属分子と結合することで血中に摂り込みやすくするという仕組みで、摂り入れたミネラル分が体内で酸化してしまうのを防ぐ効果にもつながっています。
つまり、強い抗酸化作用を持っているのもクエン酸なのです。

フィンペシアと違うアプローチで育毛促進

フィンペシアは、育毛を阻害する男性ホルモンを抑えることが期待されるものです。
もちろん、AGA においてはその効果が非常に重要であるわけですが、それとは別のアプローチで体を健康状態に導き、土壌としての頭皮環境を健やかにするのがクエン酸の働きです。

クエン酸は強い酸味を持つ成分ですから、かんきつ類やお酢、梅干しといた食品から摂ることができます。
ただし、グレープフルーツについてはフィンペシアの効果を変化させてしまうことがあるため、避けることをおすすめします。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る