亜鉛を含んだ食事とフィンペシアは育毛に効く?

亜鉛は育毛に効果あり

4f16f3be06c7
薄毛に悩む方にとって、少しでも体内に摂り入れることで髪が生えてくる効果が見込めるものを探すための情報収集は欠かせないものでしょう。
その中で、特にAGAで悩んでおられる方にとってはフィンペシアなどの薬にたどりつくことも多くあります。

もちろん、個人差はあるにしろフィンペシアにはある一定の効果が見込める可能性があり、服用を続ければ何らかの変化が現れてくるかもしれません。
その効果をさらに向上させるために有効な成分を積極的に摂ることも効果的であると言えるのです。

特にAGA の改善において有効とされる成分に亜鉛が挙げられます。

亜鉛は髪の生成だけではなく、AGAの原因にも深くかかわってくる成分とされているのです。
亜鉛はフィンペシアの効果をどのように引き上げてくれるのでしょうか。

フィンペシアと亜鉛の関係

髪を育てるために非常に有効な役割を果たすと言われる亜鉛は、食品から摂取することもできますし、またサプリとして摂り入れられるようにもなっています。

気になるのはフィンペシアとの飲み合わせですが、これには特に弊害が出るものではないとされています。

そのため、フィンペシアを毎日服用しながら亜鉛を毎日摂取することは弊害が出るどころか、さらなる相乗効果をもたらしてくれることが期待されるのです。
また、亜鉛はフィンペシアと同様に男性ホルモンの作用を抑制する効果があるとも言われています。

こうした点からも、亜鉛とフィンペシアは比較的相性がいいということができるのです。

亜鉛の持つパワー

phm03_0129-s
亜鉛は必須ミネラルの中の1つとされ、私たちの生体活動を担う重要なミネラル分です。
体内においてさまざまに健康状態を守るということは、頭皮や髪にも大切な役割を果たすとも言えるわけです。

生体活動全般に必須であるということは、その背板活動の一部である髪の生成にも大きくかかわる言うことができ、それが亜鉛に育毛効果があると言われるゆえんです。

また亜鉛には、男性ホルモン生成にもかかわる物質であるともされ、こうした点からAGAの改善にも何らかの影響を与えると考えられています。
体の健康をつかさどる成分の1つとして認知されるだけではなく、髪を育てるのにも役に立つと期待される亜鉛はまさにパワフルな栄養素なのです。

亜鉛とフィンペシアの効果と関係

では、具体的に亜鉛とフィンペシアを併用することで期待できる効果とはどのようなものが考えられるかを見ていきます。

亜鉛の効果効能

体内においてタンパク質を分解し、あらゆる体内組織へと再合成するためには亜鉛の働きが不可欠とされており、これが不足することによってその再合成が行われにくくなってしまいます。

こうした作用から、肌を新たに生まれ変わらせるターンオーバーのメカニズムにも必要で、また破損してしまった箇所の修復にも大きな功績を残す成分とされているわけです。

皮膚などの代謝・修復が行えることは、すなわち頭皮や毛根組織の代謝・修復や活性化に結び付くと考えられます。

さらに、男性ホルモンの原料となりうるのが亜鉛であり、精液を生成する材料としても亜鉛が使われます。
この点から、特にAGAについてより高い効果が望めると言われ、フィンペシアを服用してAGAを克服しょうとしている方にはおすすめの成分なのです。

ホルモンを調整するフィンペシアとの関係

AGAの治療薬として知られているフィンペシアは、育毛を阻害する男性ホルモンのメカニズムに働きかけることによって効果を発揮することが期待されます。

男性ホルモン・テストステロンが5α-リダクターゼによってジヒドロテストステロンに変換され、このジヒドロテストステロンが育毛に悪影響を与えているというのが通説です。

この過程において、5α-リダクターゼの活性化の抑制を狙うことが、フィンペシアの効果です。

そもそも、この男性ホルモン間の変換がなぜ起こってしまうのかというと、テストステロンの分泌が減少したときに、それを補うためにジヒドロテストステロンへの変換を活性化するとも言われており、元をただせばテストステロンの分泌が正常であれば、ジヒドロテストステロンへの変換は起きなくて済むわけです。

亜鉛の効果として、男性ホルモンの生成にかかわるということで、減少しがちなテストテロンを正常に分泌させられるというものがあります。

フィンペシアでジヒドロテストテロンへの変換を抑制を狙いつつ、亜鉛によってこれ以上の変換作業が起こらないように予防するという機序を同時に起こすことができるのが、フィンペシアと亜鉛の併用です。

亜鉛を摂取する方法

このように、育毛に嬉しい効果が見込める亜鉛には、摂取の仕方がいくつかあります。

食品に特に多く含まれていることもありますし、サプリで効率的に摂ることも可能です。

  • 牡蠣
    貝類の1つであり、秋から冬にかけての味覚としても知られている牡蠣は、亜鉛を多く含む食品としても有用です。
    牡蠣は生で食べるよりも、煮たり燻製にしたりといった調理を行った方が亜鉛の含有量が増え、さらに効率的に摂取することができるようになります。
    亜鉛だけではなく、EPAなど血液を浄化する作用のある栄養素も含まれているため、健康食品として摂取するのもおすすめです。
  • 牛肉の赤身
    同じ牛肉の中でも、特に赤身の部位は亜鉛を多く含んでいます。
    牛肉には特に亜鉛が豊富ですが、豚のレバーなどにも多く含まれており、いろいろと工夫をしながら肉類を摂取することで飽きることなく体へ摂り込むことができます。
    脂身がついている状態ではカロリーが高くなってしまい、脂質を多く摂りすぎてしまうことにもなるため、できるだけ脂身の少ない赤身を選ぶことがポイントです。
  • タラバガニ
    正確にはカニではありませんが、カニに似た形状を持っていることからタラバガニと呼ばれるものです。
    タラバガニは水煮にすると亜鉛量が増えるというデータがあり、手軽に摂れるとしたら缶詰がおすすめです。
    缶詰とはいえ、本物のカニ身を食べる機会は少ないかもしれませんが、亜鉛を摂取できる食品の1つとして覚えておくとよいでしょう。

亜鉛の力でフィンペシアの力を上げる

亜鉛には髪の生成だけではなく、ホルモンバランスにも影響を与える成分です。

れとフィンペシアをうまく併用することで、心待ちにしている育毛への効果をさら近づけることが期待できるのです。

また、亜鉛をサプリとして摂取すると、亜鉛の働きを助ける栄養素を一緒に配合した製品も販売されています。

効率よく摂り入れる亜鉛は、薄毛の改善への近道になるかもしれません。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る