ピーナッツで育毛促進!フィンペシアとの組み合わせ

意外と知られていないピーナッツの効能

b08a585fd72378aad1ff83b2bef80380_s
髪を少しでも多く健康に生やしたいというのは、薄毛に悩んでいる方にとっては切実な悩みです。

そのため、食べるものに気を遣って何らかの育毛効果があるものを摂り入れようと考えるのは常でしょう。

薄毛を治療する目的でフィンペシアなどを服用している方も多いでしょうが、効果がないとは言わないまでもそう明確に結果が見えないという経験も少なからずあるものです。

その状態からさらに髪をうまく生やすようにするためには、普段食べる食品にも育毛効果があるものを選ぶことも有効となります。

そうした食品として意外と知られていないのがピーナッツです。

ピーナッツにも、実は髪によいとされる効能が隠されているのです。

おやつやおつまみになじみ深いピーナッツ

ピーナッツは、私たちの生活にも非常になじみ深い食品の1つです。

ちょっとしたおやつやお酒のお供になるおつまみとしてはポピュラーなものであり、ちょっと小腹がすいたときにポンと口に入れて気軽に食べることができます。

殻に入った状態からいろいろな味付けをされたものまで数多い種類のものが販売されており、その風味の楽しみ方もたくさんあります。

このように生活の身近にあるピーナッツが育毛にも効くと言われるのなら、普段の食生活にも取り入れやすくて安心です。

一般的にピーナッツは食べ過ぎるとよくないとされている食品でもありますが、適度に摂取すれば育毛にいい効果をたくさん期待できる優れた食品なのです。

ピーナッツには有効な栄養素がたくさん

839889be715082d1fdc1a52595af2084_m
ピーナッツに含まれる栄養素については、普段はあまり意識されていないことがほとんどではないでしょうか。

ピーナッツに限らず、おやつやおつまみとして食べられているものに関しては、食べているときには栄養素という概念自体があまり浮かんでこないものです。

しかし、ピーナッツには体にいい栄養素がたくさん含まれているのです。

それについてはあまり知られていないのも事実です。

特に、育毛について有効とされる成分も多く見受けられることは意外とも言えるでしょう。

ちょっとした片手間につまんでいるピーナッツが嬉しい栄養素をたくさん持っているということなら、これからも習慣的に食べたくなります。

ピーナッツに隠された育毛効果

普段は意識していないピーナッツの栄養素には、育毛に役立つものもたくさんあります。

隠されたピーナッツの効果効能について見ていきます。

ピーナッツとは

ピーナッツは落花生とも呼ばれるもので、殻に入った種子が食用とされています。主にはローストした状態で食べられており、ときにはゆでられることもあるものです。

殻を取ってから種子のみを食べますが、販売されるときには殻つきのままのものと種子のみにしたものの両方が見られます。

味付けにもさまざまに行われ、メジャーな塩味をはじめ砂糖やキャラメルなどを絡めて甘いお菓子にもなります。

そのままおやつとして食べるのが一般的ですが、料理にも使うことで独特の香ばしい風味と歯ごたえを演出できる食材でもあり、食べ方は比較的幅広いものとなっています。

ピーナッツに含まれる成分

普段何気なく食べているピーナッツにも、実は多くの栄養素が含まれています。

イメージとして脂質が多い食べ物という認識は広く持たれていますが、それ以外にも注目すべき成分がたくさんあるのです。

その代表的な栄養素には以下のようなものがあります。

  • タンパク質
    私たちの体は、さまざまな形のタンパク質で構成されています。
    タンパク質はその構成によって非常に幅広い種類となり、質の異なる物質として体の組織を構成しているのです。
    髪に関しても同様で、良質なタンパク質をうまく分解して髪の組織へと再構築できないと、そもそも髪が作られなくなってしまうわけです。

    ピーナッツには良質なタンパク質が多く含まれているため、健康な髪の原料となります。

  • ビタミンB6
    ピーナッツに含まれるビタミンB6は、私たちの体を作るために重要な役割を果たす栄養素です。

    髪をはじめとして体の各組織を作るのはタンパク質ですが、それぞれの組織として生成されるには体内に取り込んだタンパク質をいったん分解し、それを再構築する必要があるのです。

    その再構築の作業に不可欠なのがビタミンB6とされており、いくらタンパク質を摂取したとしても、ビタミンB6が不足しているとうまく組織が再構築されません。
    それは髪にも当てはまることであり、元気な髪を生やすためにはなくてはならない栄養素であると言えます。

  • 亜鉛
    ビタミンB6と同様にタンパク質の再構築に欠かせない栄養素が亜鉛です。
    亜鉛にはその他にも重要な位置を占める働きがあり、髪の生成には欠かせない毛母細胞の分裂にも深くかかわっている栄養素なのです。

    つまり、亜鉛をうまく摂取することで髪をより順調に育てることができるとも言えるわけです。

    また亜鉛は男性ホルモンの生成や、特に薄毛に影響する種類の男性ホルモンを抑制する働きを持つとされており、薄毛の中でもAGAに関しては嬉しい効果が期待できます。

  • レスベラトール
    レスベラトールとは、ピーナッツに含まれるポリフェノールの一種であり、風味の中でも苦味をもたらす成分です。

    ピーナッツの中でも特に薄皮部分に多く含まれているもので、多くのポリフェノールと同様体内の抗酸化作用を持っています。
    老化防止や血流促進といった効果にもつながり、頭皮を健やかに保つだけではなく十分に血液を行きわたらせることにもなります。

食べ過ぎには注意すること

このように、育毛には非常に効果が高いと思われる成分がたくさん含まれるピーナッツですが、いくら効果が望めるからといってたくさん食べ過ぎてしまうのはあまりおすすめできません。

ピーナッツには脂質も多く含まれており、カロリーも高めとなっています。

そのため、過剰に摂取してしまうと皮脂分泌量が増えてしまったり、太りやすくなったりすることも考えられます。

昔噂で語られていたような鼻血が出やすくなるといった現象は迷信とされていますが、含まれる脂質量のことを考えると適量のみを摂ることに気を遣うのがよいでしょう。

フィンペシアとの相乗効果も期待できる

元気な髪を作ったり頭皮の環境を整えたりすることが見込めるピーナッツの嬉しい成分は、手軽に摂れることも手伝って薄毛に悩む方の強い味方となります。

さらに、育毛効果があるとされる食品の中でも、男性ホルモンの生成や抑制にかかわる亜鉛を含んでいることで、特にAGAの改善に希望の光を見ることができます。

同じくAGAの改善に用いられる薬であるフィンペシアと並行してピーナッツを摂ることで、さらなる相乗効果が現れるかもしれません。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る