お茶の育毛効果と、フィンペシアで育毛を活性化!

育毛にはお茶も有効

796deda9987b6f26d0a2217b1287f662_s
育毛のためにいい飲み物や食べ物はたくさんあります。

さまざまな情報サイトなどでも紹介されており、中には毎日摂取するのが難しいのもあるでしょう。

そんな中でも、毎日のちょっとした時間に気軽に摂取できるのがお茶です。お茶と一口に言ってもその種類は非常に膨大であり、種類や効能も多種多様です。

フィンペシアを服用して薄毛の治療を行っている方もおられるでしょうが、薬を飲むときにお茶で服用するのでなければ、日常の飲み物としてお茶を導入してみるのは有効でしょう。

髪を育てるのに有効とされるお茶について見ていきましょう

お茶が持つ効果にはいろいろ

食事のときやのどを潤したいとき、またリラックスタイムなどにお茶をお供にしている方も多いでしょう。

手軽に飲めるお茶は生活自体に密着したものですが、そのお茶で髪を育てることができるとあれば、それはありがたい話でもあります。

お茶と言ってもいろいろなものが存在し、育毛に適していると思われる効果にもさまざまなものが存在しています。

多くの種類があるお茶においては、その風味に関しても個人個人で好みがあるわけですが、一般的に飲まれているものにも育毛効果が望めるものがあり、またおいしく飲みながら髪が元気に生えてくるのを待つこともできます。

どのようなものを選んでも、体にいい効果を持っていると言えるほど幅広い種類があるのがお茶であり、好みで選んでも何らかの恩恵が受けられるとも言えるのです。

その中でも特に育毛によいとされるお茶もあり、選び方次第で効果も変わってくるでしょう。

フィンペシアとは別のアプローチで

phm21_0863-s
いろいろな種類のお茶の中で育毛効果が見込めるものは、主には頭皮環境に働きかけるものがほとんどです。

育毛に対するアプローチにはいくつかあり、主には頭皮環境の改善とホルモンバランスの調整です。

薄毛を治療する薬の中でも特にフィンペシアなどは、ホルモンを調整する作用が予想されるものですから、育毛効果があると言われるお茶の効果は主に頭皮の状態を健康に整えることが期待されものです。

このように、フィンペシアとお茶で2つの別のアプローチで働きかけることによって、さらなる効果を上げられるかもしれないのです。

これらを有効に使って、それぞれのパフォーマンスを最大に引き出したいものです。

お茶の種類と効果効能

多くの種類を持つお茶について、特に育毛によいとされるお茶にはどのようなものがあるか、またそれぞれの成分にどのような役割があるかなどを見ていきます。

育毛に効くとされる主な種類

髪を健康に生やすためのお茶には多くのものがあります。

その中でも一般的に知られているものや、育毛効果を持つものとして代表的なものとは以下のような種類です。

緑茶

特に日本人にとっては一番メジャーなお茶であると言えるのがこの緑茶です。

緑茶に含まれる成分としてよく知られているのは、フラボノイドの一種であるカテキンです。

その他、緑茶の味を決めるカフェインやテアニンといった成分にも、頭皮環境を整える健康効果がたくさん隠されているのです。

特に抗酸化作用や脂肪分解といった作用が期待されるほか、気分をリラックスさせる効果も望まれます。

ごぼう茶

普段はあまり目にする機会がありませんが、健康茶として用いられることも多いお茶です。

ごぼうから作られるものですからカフェインは含まれませんが、サポニンやカリウム、またアルギニンといった成分が頭皮への健康をもたらしてくれます。

主にはコレステロール値減少や抗酸化作用、血流改善などの効果が見込めます。

カモミールティー

ハーブティーの一種であり、その効果は万能とも言われるほどに多くの効果効能を持つとされるものです。

特に育毛について期待できる効果としては、ホルモンバランスの調整や抗酸化作用、また抗炎症作用なども持っていると言われているのです。

頭皮が炎症を起こしたり代謝不良で雑菌が増えてしまったりしたときなどにも有効と言えるでしょう。

ラベンダーティー

これもハーブティーとしてよく知られているものです。

破損してしまった皮膚の細胞を修復する効果があると言われ、傷ついてしまった頭皮を回復させるのにも役に立つと考えられます。

また、薄毛の原因の1つになるとされるストレスを軽減するものとしても広く用いられるお茶であり、心を落ち着けられることで薄毛になるリスクを減らすことにもつながるのです。

その他にも、上記のお茶に似た効果効能を持つとされるものは多くあります。

お茶に含まれる成分がカギ

上記のようなお茶に含まれる成分の中で、特に育毛についてポイントになるのはカテキンやポリフェノール類などです。

これらの成分は血中の脂質を分解したり細菌の増殖を抑制したりといった効果があると言われ、これによって頭皮に送る血液がサラサラになり、さらに清潔な頭皮に保つこともできるのです。

また、カフェインやカリウムなどの持つ利尿作用によって体内の老廃物を積極的に排出できることにもなり、代謝の向上にもつながります。

さらに近年の研究でわかったことは、カフェインがAGAの原因になる男性ホルモンを抑制する可能性があるとのことです。

特にハーブティーの部類には薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制したり、女性ホルモンに似た働きをしたりといった成分を含むものもあります。

こうしたお茶の各成分が、健康な髪を生やすために一役買うことになるわけです。

薬を飲むのに使うのはNG

たくさんの効果効能を持つと言われるお茶は、普段の飲み物として大活躍するものであることは確かです。

ただし、薬を飲むときにお茶を用いるのは避けるのが無難です。

つまり、いくらお茶が薄毛によいからと言って、例えば薄毛の治療に使用しているフィンペシアの服用にお茶を用いるのはNGということです。

薬の効果にお茶がどのような影響を及ぼすかといった詳細の断定はしかねますが、場合によっては効き目が薄れてしまったり、逆に効き目が出過ぎてしまったりといったことが起きないとも限らないのです。

薬を飲むときは必ず水を用い、その他のタイミングでお茶を飲むのがおすすめです。

よいタイミングでお茶を摂り入れよう

フィンペシアなどの薄毛治療薬をお茶で飲むことはおすすめしませんが、それ以外に日常的に飲むものとしてお茶を摂り入れるのは非常に有効であると言えます。

また、お茶の種類によっては朝に飲むと1日シャキッとした気分になったり、また夜に飲むと深いリラックス状態になれたりといったことも望めます。

よいタイミングでお茶を摂り入れ、体を健やかに導くと同時に頭皮環境も元気に導けば、フィンペシアのような薬で育毛の邪魔になるものを抑えた上で、強い髪を生やす土壌を作ることも可能になるでしょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る