フィンペシアとハーブティーは育毛に効果的?

育毛のために飲むものは薬のほかにも

phm21_0850-s
多くの方が悩む薄毛について、フィンペシアなどの薬で治療を続けている方もおられるでしょう。

もちろんフィンペシアには大きな効果が期待できるかもしれませんが、その他普段から飲めるもので薄毛を改善させられると言われているものがいろいろあります。

その中でもハーブティーは、気軽に摂れるものの1つです。ちょっとしたひとときにすぐ飲めて、しかも風味を楽しむこともできるのがハーブティーの魅力です。

ほっと一息つくときにもよいですし、さらに薄毛にもいいとなればぜひ毎日の生活に取り入れたいものです。

健やかな髪を増やすためにいいハーブティーとはどのようなものでしょうか。

ハーブティーには種類いろいろ

ハーブティーは世界中で古くから愛されているもので、その種類ははっきりとはしませんが数百種類とも言われています。

種類もたくさんあれば、それぞれの効果効能にも違いがあり、風味もいろいろです。

そのハーブティー独自にあると言われる効果の中には、髪を生やしたり増やしたりといった結果につながるものもたくさんあり、そういったハーブティーを飲むことでフィンペシアなどの治療薬を飲むだけの場合よりもさらに薄毛改善に導くことができるかもしれないのです。

特に育毛によいハーブティーを選ぶには、ハーブティーそれぞれの特徴を知ることから始まります。

また、特にフィンペシアを飲んでいる方は男性ホルモンの抑制を目的にしているでしょうから、ホルモンに働きかけるものを特に選ぶことも大切です。

いつもの食事の前後に、リラックスタイムに

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s
毎日の生活の中でちょっとしたひとときのお供や食事の前後などにお茶を飲むことは日常的にある光景です。

私たち日本人には緑茶がメジャーですし、昼下がりのティータイムには紅茶が欠かせないという方もおられるでしょう。

このように毎日飲んでいるお茶をハーブティーに変えるだけで、気軽に毎日有効な成分を体の中に入れられて、しかもそのハーブティーが持つ風味を楽しんだり気分を安らげたりすることができます。

薄毛にいいとされる食品にもいろいろな種類がありますが、毎日摂り入れるとなると難しいものもあるでしょう。

その点で言えば、ハーブティーは毎日の飲み物として飲むだけで、特別に意識することなく育毛によい成分を摂ることができるわけです。

ハーブティーの種類いろいろ

ハーブティーの種類にはたくさんあり、その中でも特に髪を育てる効果が見込めるものもあるのです。

また、自分の薄毛症状に合ったハーブティーを選ぶこともできます。

育毛に効くとされる効果

数多くあるハーブティーの効果効能の中で、髪の生成に役立つとされるものは1種類ではありません。
いくつかのアプローチで働きかけ、そのいずれも髪を育てるために有効なものです。

例えば、血流を改善して頭皮への血行をよくしたり、また血液や頭皮組織の酸化を防いだりといったものは、ハーブティーの中でもよく見られる効能です。

さらに、男性ホルモンや女性ホルモンのバランスを整えることができるものもあり、こうしたものならフィンペシアと併用するとさらにホルモンの働きが安定すると言えるでしょう。

髪を育てられるとされるハーブティーの種類

特に髪を育てるのに有効とされるハーブティーには以下のようなものがあります。

それぞれの特徴を見れば、育毛に対してどういった効能を発揮するのかがわかります

血行を促進させるもの

ハーブティーの中に、滞りがちな血流を改善し、頭皮への血行も促すと期待されるものがいくつかあります。

例えばカモミールやローズマリー、ユーカリなどが挙げられ、血のめぐりがよくなるために体を温める効果も見込めます。

血行がよくなると、頭皮への血流もおのずと活発になり、健やかな頭皮環境と毛母細胞へ栄養を運搬する働きも正常になってきます

抗酸化作用のあるもの

血液や体内組織において、活性酸素が蓄積することで老化が促進されてしまうと言います。
この現象が酸化であり、体のあらゆる箇所や機能を衰えさせてしまうのです。

酸化を防ぐ効果があるとされるハーブティーは、上記にもあるカモミール、そしてルイボスやペパーミントといったものが知られています。

ホルモンに作用するもの

特に男性ホルモンの過剰反応によるAGAや、女性の更年期によるホルモンバランスの崩れによる薄毛に関しては、ホルモンの働きに不具合があるために起こる薄毛症状です。

男性ホルモンを抑制するとされているものにはフィーバフューやソーパルメット(ノコギリヤシ)などがあり、女性ホルモンを整えるものにはチェストベリーやラズベリーリーフなどが挙げられます。

リラックスできるハーブティーも育毛に一役買う

上記に挙げたハーブティーは、体の生理的な仕組みに直接作用するものですが、ハーブティーといえば心をリラックスさせる作用を持つものも多くあります。

前述にもあったカモミールやラベンダーも気分を落ち着けてくれるものであり、イライラや憂鬱などを沈めてリラックスした状態に導いてくれるハーブティーです。

また、セントジョーンズワートにも優れた鎮静効果があり、日常のストレスやうつ状態を解消できるとされています。

薄毛の原因にはストレスによる原因もあると言われますから、こうしたハーブティーをちょっとした時間の合間に飲むことで気分を沈められると同時に薄毛の原因も取り除くことができると考えられます。

毎日飲んですっきり、でも薬を飲むときには使わないこと

ハーブティーにはさまざまな効果効能があるとされ、薄毛を改善できるかもしれないものも多く見られます。

これらを普段の生活における飲み物に置き換えてみれば、簡単に有効成分を摂取できるわけです。

ただし、フィンペシアなどの薄毛治療薬を飲むときにハーブティーを用いるのは、念のために避けておきましょう。

はっきりと影響が出るとは断言しかねますが、特にホルモンバランスを整えるものでは影響が出るか否か、また出るとしたらどのようなものかを断定することが難しいのです。

薬を飲むときは必ず水で、それ以外にお茶を楽しむときにハーブティーを用いましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る