朝はヨーグルト寝る前にフィンペシアで効果がでる?

フィンペシアと一緒に食べるヨーグルト

edfb996aaa798098e4447b2db7ec57e9_s
何かと悩まされている方も多い薄毛については、フィンペシアなどの薬で治療に臨むことが多いものです。

特にAGAに関しては、生活改善などの方法ではどうにもならないことが多いため、投薬での治療でないと快方に向かう確率が低くなるのです。

そして、フィンペシアの投薬と一緒に髪を育てるのに効果が見込める食品を一緒に摂るとさらに結果が出やすくなることが考えられます。

そのような食品にはいろいろあり、情報サイトや雑誌・チラシなどでいろいろと紹介されています。
特に発酵食品には育毛の効果が期待できるとされており、その中の1つであるヨーグルトも有効であると言われています。

育毛のために有効な摂取の仕方

薄毛治療薬であるフィンペシアの服用と、育毛効果が期待できるヨーグルトの摂取を一緒に行うことで、さらに育毛の効果を上げられる可能性があります。

それぞれの特性を生かすためには、それぞれの服用や摂取のタイミングもポイントです。

フィンペシアは頭皮において男性ホルモンが過剰に影響するのを防ぐことが目的であり、ヨーグルトの効果はそことは別のアプローチで髪の生成に働きかけます。各々別の方法で髪と毛穴に作用することで、お互いの効果を邪魔することなく相乗効果を上げることができると考えられるのです。

それぞれの服用・摂取タイミングとは、朝にヨーグルトを食べて活動し、夜になるとフィンペシアを服用するのがベターです。

それは、各々の効果がより生かせるタイミングであるということなのです。

腸内環境の改善と髪の生成

226726193203426ca6662cdf22bbc046_s
ヨーグルトの大きな恩恵とは、乳酸菌を摂り入れることで腸内の環境を改善し、老廃物を有効に排出できることです。

また、毛母細胞の分裂を促進させられるインスリン様成長因子は、ヨーグルトをはじめとした発酵食品に多く含まれるのです。発酵の過程で生じる乳酸やグルタミン酸などいくつかの成分が体内の成長因子の生成を促すことがわかっています。

こうした理由から、ヨーグルトは朝に食べて排泄を促し、また毎日同じタイミングで続けることで体のリズムも作りやすくなります。

一方フィンペシアは、髪の生成を妨げる男性ホルモンを抑えるものです。

一般的に髪の生成が一番活発になるのは夜の10時から夜中2時ごろとされており、この時間帯に体中の細胞の入れ替えや修復が行われやすいのです。

そのタイミングで髪の生成を邪魔する男性ホルモンを抑えることができれば、より髪が生えやすくなるはずです。

朝にヨーグルト、夜にフィンペシアというタイミングの理由はこうしたところからです。

ヨーグルトのパワーとは

ヨーグルトは、髪の生成にはもちろん大きな期待を寄せてしかるべき食品です。

育毛効果だけではなく、ヨーグルトがもたらしてくれる恩恵はいくつかあり、美容や健康の面からも注目すべきものなのです。

フィンペシアと併用することで、さらに育毛の効果を上げられるかもしれません。

インスリン様成長因子・IGF-1

特に髪を生成するためには、毛母細胞を活性化させて細胞分裂を促すことが大切です。

髪の材料となるタンパク質をバランスよく摂取すること、また頭皮の汚れをためずに潤いを維持している良好な頭皮環境を維持することといった条件がそろっていても、毛母細胞の分裂が進んでいかなければ髪は生えてきません。

毛母細胞の活動を促進させるためには、インスリン様成長因子の働きが必須です。
その因子の1つであるIGF-1は、発酵食品が含む乳酸やグルタミンなどの成分によって分泌が促されることがわかっているのです。

発酵食品の一種であるヨーグルトも例にもれません。

食品で生成されるIGF-1

インスリン様成長因子の1つ・IGF-1は、もともと体内で分泌される成長ホルモンの刺激によって生成されるものと言われてきました。

しかし、成長ホルモン自体は体の成長が止まる20代半ばあたりから低下を始めるとされ、成長ホルモンが減少するにつれてIGF-1などの成長因子も生成されずに減っていくものと考えられていたのです。

つまり、その他の要因では成長因子を増やすことはできないと思われていたものが、近年の研究によってヨーグルトなど発酵食品の影響によって体内で生成できると判明したのです。

とはいえ、今まで成長ホルモンの恩恵でしか生成できないと思われていた成長因子において、外部からの影響で生成できる力がある発酵食品は大きな力を持っているものであるはずです。

ヨーグルトのいろいろな効果

成長因子であるIGF-1の生成を助けると言われる発酵食品は、育毛についてある程度の効果が期待できるものです。その中の1つであるヨーグルトは、IGF-1生成を助けるだけではなくその他にもいろいろな効果を発揮すると言われています。

体をきれいに健康にするヨーグルトの効果は、ひいては髪も健康にするように導くことにもつながっています。

では、成長因子IGF-1生成以外に育毛に良い影響を与える効果とはどのようなものでしょうか。

  • 整腸作用
    これはヨーグルトの効果効能としてよく知られていますが、発酵に使用する乳酸菌によって腸内の環境を整える作用です。
    乳酸菌は腸内で善玉菌として働き、悪玉菌として存在するウェルシュ菌を減少させると言われています。
    これによって腸に滞留する老廃物を効果的に排出し、腸内をきれいな状態に導くのです。

    こうして便通がよくなれば、全身にたまっている老廃物も排出されやすくなり、結果的に血液もすっきり流れて代謝を上げることにつながります。
    その動きは頭皮の血流や脂質・糖質代謝にもつながり、健康でハリのある上丈夫な頭皮になっていきます。

  • タンパク質摂取
    言わずもがな乳製品であるヨーグルトは、タンパク質が豊富な食品でもあります。
    髪を生成するのに必要なのは、その主成分であるケラチンです。ケラチンはタンパク質が体内で再生成され、髪として作られるのです。
    髪を作るケラチンを生成するためには、ビタミンやミネラルなどの栄養素も必須ですが、それらの成分も含んでいるヨーグルトは、育毛をより促進させるのに一役買うとも言えます。
  • 抗アレルギー作用
    乳酸菌の中には、腸内での作用によって免疫力を上げる物質を生成する働きをするものがあることがわかっています。

    ウイルスや悪性腫瘍などの増殖を防ぐ因子が増えることで病気になるのを防ぎ、万が一異物が侵入したときにも対応できる強い体を作ることができるとされます。アレルギー反応は、このように侵入した異物に関して過剰に反応してしまうことで起こる現象ですから、その異物をはねのける力が強くなればおのずとアレルギー症状からも解放されると考えられるわけです。

朝は元気を作り、夜は育毛を気遣う

これらの理由を考えると、ヨーグルトは朝に体のリズムを作る役目を果たすとも言うことができます。
腸内環境が整えば、体のリズムを作って体の活動を呼び覚ますことができるわけです。

ヨーグルトが体にもたらす恩恵を受けながら1日過ごし、夜になって眠りにつく少し前にフィンペシアを飲んで男性ホルモンを抑え、寝ている間に髪の生成を促すというリズムが一番適しているのです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る