フィンペシアを服用しながら食事に大豆を入れると効果が良い?

AGA対策には薬と一緒にこの食べ物を

tex040-s
男性の薄毛の原因として代表的なものがAGAと言われるものです。

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれており、その名の通り男性ならではの特徴から発症してしまう薄毛の症状です。このAGAを改善するためには、髪の生成を邪魔する男性ホルモンの活動を抑える必要があり、その役目を担うの可能性があるのはフィンペシアなどの男性ホルモン阻害薬です。

そして、こうしたフィンペシアなどの薬と一緒に摂ると、さらにその効果が向上すると言われている食べ物が大豆です。

大豆は特にAGAの対策としては有効な食品ですが、それ以外を原因とする薄毛の場合も、髪を強く健康にするために役立つものなのです。

そんな心強い大豆の秘密について探っていきます。

フィンペシアと併用するとよい大豆

AGAを改善するためにある一定の効果を示す可能性があるとされるのがフィンペシアです。
その薄毛の原因が男性ホルモンによるものであった場合、そのホルモンが生成されるのを抑える作用が予想されます。

男性ホルモンを抑えるということは、逆に女性ホルモンのような働きをするものが増えればさらにその働きは弱まると考えられます。
そして、その女性ホルモンのような働きをする成分が大豆および大豆製品に含まれているのです。

大豆に含まれる女性ホルモン様の成分とは、イソフラボンと呼ばれるものです。イソフラボンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似たような働きをすることがわかっています。
このように、ホルモンバランスを調整してAGAで起こる男性ホルモン過多を防ぐことができるということなのです。

女性ホルモンと同様に働くイソフラボン

8decd59a9635cc8489a576fa5876c6dd_sイソフラボンは、豆類に含まれている成分ですが、特に大豆には豊富に含まれていると言われます。

このイソフラボンが女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをすることはよく知られています。

女性のスキンケア化粧品などにも配合され、肌を美しい状態に保つ効果もあるとされる成分なのです。
フィンペシアの服用と併用してイソフラボンを摂るとよいとされるのは、単に男性ホルモンの働きを抑制するためだけではありません。

女性ホルモンであるエストロゲンには、肌のハリを保つコラーゲンや髪の主成分となるケラチンといったタンパク質を生成する働きがあります。

男性にもわずかながらエストロゲンなどの女性ホルモンは分泌されており、タンパク質生成のために一役買っていると考えられます。

大豆の持つイソフラボンを摂取することは、男性性を阻害することなく髪によい作用を与えることが期待できるのです。

大豆と大豆製品を有効に摂取する

大豆にイソフラボンが豊富に含まれているということは、大豆を原料にした各種大豆製品にもイソフラボンは含まれるということです。

それらの食品を効果的に摂ることで、よりイソフラボンを吸収しやすくなります。

イソフラボンには2種類

大豆や大豆製品にイソフラボンが含まれることは確かですが、そのイソフラボンには人体に吸収されやすいものとそうでないものの2種類が存在します。
吸収されやすいものはアグリコン型、吸収が難しいものはグリコシド型と呼ばれます。

この両者の違いは何かというと、成分の周囲に糖分が組み込まれているか否かです。

イソフラボンに糖分が組み込まれた形のものがグリコシド型であり、その分だけ分子量が大きくなるため、体内への吸収が難しくなります。

一方、糖分が分解された形がアグリコン型であり、この形ならスムーズに吸収が行われるようになるのです。

発酵食品の方が吸収がよい

このアグリコン型・グリコシド型の2種類のイソフラボンは、大豆製品の製造過程で変化を起こすとされています。

大豆そのものや、発酵の過程なしで製造された大豆製品については、イソフラボンの糖分が分解されずにほとんどがグリコシド型となっています。
かたや大豆を発酵させて製造した食品では、発酵過程で糖分が分解されてアグリコン型となるのです。

つまり、発酵食品に含まれるイソフラボンの方が体内への吸収がよく、よりその効果を発揮できるとされているわけです。

イソフラボン吸収がよい食品

大豆製品の中で、より吸収率の高いアグリコン型イソフラボンがどれくらい含まれているかは、加工の方法によって違ってきます。

大豆製品には以下のようなものがありますが、その種類によってイソフラボンの吸収率も異なるのです。

  • 豆乳
    豆乳は大豆をつぶして煮た汁をこして抽出したものです。
    見た目は牛乳に似ていますが、大豆の風味を感じられる飲み物となっています。
    製造方法としてはシンプルで、大豆に含まれる成分の多くが流用されることになるため、イソフラボンの形状はグリコシド型の方が多くなります。
  • 豆腐
    豆乳をにがりで固めた食品が豆腐であり、その加工過程でイソフラボンが変化することはあまりありません。
    そのため、イソフラボンもグリコシド型のままで多くが残っています。
  • 味噌
    大豆に麹などを加えて発酵させたものが味噌です。
    この発酵過程によって、大豆に含まれるイソフラボンの糖分が分解され、グリコシド型からアグリコン型へ変化していきます。
    そのため、イソフラボンは吸収されやすくなっているのです。
  • 醤油
    大豆を発酵させ、醸造することで製造される調味料です。
    この発酵過程でもイソフラボンはアグリコン型に変化するため、抽出された醤油を摂取してもイソフラボンを吸収しやすくなっています。
  • 納豆
    こちらも大豆を発酵させて製造する食品ですが、ここに使用する納豆菌はグリコシド型イソフラボンを変化させることができず、やはり吸収しにくい形のまま残ります。

    しかし、イソフラボンの吸収率は個人によっても異なるため、アグリコン型に変化していない大豆製品では意味がないということでは決してありません。

効率よくイソフラボンを摂るのはサプリもおすすめ

イソフラボン自体は大豆と大豆製品には豊富に含まれていることは確かですが、上記のように吸収されやすい形とそうでない形があるため、効率のよい摂り方が課題となってきます。

そのためには、食品からだけではなくサプリで摂取することも有効でしょう。
錠剤になっているイソフラボンサプリなら、フィンペシアを飲むときに一緒に服用することもできて便利です。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る