フィンペシアを服用しながら豆乳を飲むと効果あり?

フィンペシアと豆乳の関係

030cfb289046daa4c425fc14570bfab8_s
薄毛の中でも特に男性ホルモンの影響によって起こるとされているAGA。
これを改善するための薬として販売されているものにはフィンペシアなどがありますが、その薬の作用とは、AGAの原因となる男性ホルモンの働きを阻害することです。

こうしたフィンペシアなどの薬の働きをさらに効果的にするために、食品に含まれる成分を摂取する方法も併用することが有効になることがあります。

その食品の1つには豆乳が挙げられ、フィンペシアの働きに連動してよりAGAの改善に導くことが期待できるものと言われているのです。
フィンペシアの働きを助ける豆乳の働き、またそこに含まれる成分とはどのようなものなのでしょうか

ホルモンの働きによって起こるAGAに有効

薄毛の原因にはさまざまにありますが、その中で特に男性ホルモンが影響するものがAGAです。
そのため、AGAを改善するためには、まず男性ホルモンの働きを阻害することが必要になるわけです。

男性ホルモンの影響を阻害するために考えられるアプローチとしては、髪を生やすために有害である男性ホルモンの生成を抑えること、または健康な髪を維持する作用を持つ女性ホルモンを増やして育毛のメカニズムにおいて優勢にすることです。
この2つのアプローチを同時に行うことができれば、さらにAGAの改善が見込めて、さらに予防にもなるというわけです。

そして、育毛に有害な男性ホルモン生成を特に抑える働きを持つと言われるのがフィンペシア、そして髪を健康に保つ女性ホルモンに似た働きをするのが豆乳に含まれる成分なのです。
つまり、これら2つの服用・摂取を併用することで、さらなる効果が期待できるということになるのです

豆乳に隠された効果の秘密はイソフラボン

c5867c7df7f12ead1d596aea81f02696_s
豆乳には、大豆イソフラボンと呼ばれる成分が含まれています。この成分は広く知られているものであり、女性の基礎化粧品などにもよく配合されている美容成分でもあります。

このイソフラボンが、AGAを改善するためのカギを握っているのです。

イソフラボンとは、女性ホルモンの中でも特にエストロゲンと非常によく似た働きをすると言われています。

エストロゲンは、肌のハリを作るコラーゲンの生成を助ける作用があることから、美肌には重要な成分として用いられているのです。
そしてその作用は、髪を豊かにすることにもつながっています。

育毛に心強い豆乳のパワー

上記のイソフラボンをはじめ、豆乳には育毛に関して嬉しい効果をもたらすとされるものがいくつかあります。

ホルモンに作用する働き

豆乳に含まれるイソフラボンは、エストロゲンに似た働きを持ちます。

つまり、エストロゲンの働きを補完するためにはイソフラボンを摂取することが有効となるわけです。

女性が豊かな髪となめらかな肌を持っているのは、このエストロゲンの作用によるものとされています。
つまり、エストロゲンに似た作用を持つイソフラボンを補給すれば、肌だけではなく髪の豊かさにもつながるというわけです。

そしてこのイソフラボンは、男性ホルモンに作用するフィンペシアと併用することで育毛効果を上げることができると考えられているのです。

エストロゲンと同様の働きをするイソフラボンが、育毛に有害とされる男性ホルモン・ジヒドロテストステロンの活動を抑えるというのがその理論です。

頭皮と髪の健康にも

イソフラボンがその代替成分となりうるエストロゲンは、髪の健康と肌のハリを保つことができる女性ホルモンです。

髪を強く健康にすることも、きれいな肌を維持することもエストロゲンの功績が大きいということができます。

この作用によって、有害な男性ホルモンを抑えた後にさらに強い髪を生やすことができるようになるのです。

また、肌のハリや潤いを保つということは、頭皮に関しても弾力のある健康な状態に導くことにつながります。より髪を生やしやすくするだけではなく、健康な状態で育て続けられる環境にできるのです。

豆乳の効果いろいろ

このような嬉しい効果がたくさんあるイソフラボンをはじめ、豆乳には髪にも健康そのものにもよい効果がたくさんあることがわかっています。
体の健康は髪の健康にもつながりますから、その効果を試してみるのもいいでしょう。

  • 豊富に含まれるタンパク質
    豆乳といえば大豆から精製されるのもですが、大豆もしくは大豆から作られる食品には、良質なタンパク質が豊富であることも知られています。
    タンパク質は私たちの組織細胞を構成する主成分であり、体のどの部位に関してもタンパク質がなければ成立していないのです。

    髪ももちろん例にもれず、その主成分はタンパク質の一種であるケラチンです。豆乳に含まれる良質なタンパク質を摂れば、ケラチンへの再構築が体内で行われ、健康な髪の材料になってくれるというわけです。

  • リノール酸の働き
    豆乳には、不飽和脂肪酸の一種であるリノール酸が豊富に含まれています。
    このリノール酸には体に嬉しい作用があるとされており、その作用によってさまざまな病気を予防することにもなるのです。
    その嬉しい作用とは、血中のコレステロール値を下げること。

    コレステロールが減少することで血液がサラサラになって流れやすくなり、血流をよくすることができます。また、血栓ができたり血管が弱ったりするのを防ぐこともできるのです。
    この作用は頭皮への血流にももちろん関係し、血のめぐりが改善されることによって頭皮と育毛に必要な栄養分がわたりやすくなります。

  • 大豆そのものよりも吸収がよい豆乳
    豆乳に含まれるイソフラボンは大豆由来のものですから、つまるところは大豆を食べればよいのではないかとも考えるでしょう。

    確かに豆乳の成分自体は大豆を受け継いでいるものですから間違いではないわけですが、大切なのはその栄養素を有効に体に摂り入れることができる吸収率です。
    一般的に、大豆そのものを食べるよりは豆乳にして飲んだ方が、体への吸収率がよくなると言われています。
    イソフラボンなどの栄養素をより有効に摂り込むためには、豆乳の形の方がベターというわけです。

2方向からホルモンに働きかける

このように、豆乳に含まれるイソフラボンはホルモンのバランスに作用する成分であることがわかりました。

そして、フィンペシアのようなAGA治療薬が対応するのは、AGAを引き起こしてしまう男性ホルモンの阻害です。フィンペシアとイソフラボンの併用によって、AGAへの効果がより高まることが期待できるわけです。

この2方向からのアプローチがAGA治療への近道になるかもしれません。
さらに豆乳に含まれる成分の健康効果をプラスすれば、ただ単に髪が生えてくるだけではなくより強く健康な髪を保つことにもつながっていきます。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る