フィンペシアとピーマンの種で育毛効果が出やすくなる?

育毛に効く薬と食べ物

imasia_12633280_L 多くの方が改善したいと考えている薄毛の症状。
何とかして、しかもできるだけ早急に改善したいというのが心理ですが、なかなか難しい側面があります。

薄毛に効くことが予想される薬といえば、例えばAGAのためのものではフィナステリド製剤であるプロペシア、またはその実質的ジェネリックであるフィンペシアなどがよく知られています。

確かにこうしたプロペシア・フィンペシアなどの薬はAGAを改善させる効果が期待されるものですが、薄毛には複合的な原因が絡み合って発生しているとも言われています。

AGAをはじめとした薄毛の改善を図るために、食生活についても並行して見直すことでよりよい効果を上げられる可能性があります。

食事に取り入れると薄毛にもよいと言われる食品の中の1つには、ピーマンも挙げられます。
ピーマンに期待できる効果とはどのようなものなのでしょうか。

薄毛にいい成分はピーマンの種にある

薄毛に悩む方々にとっては、毎日の食生活で摂り入れる食べ物が薄毛を改善できるかもしれないとなれば、ぜひ毎日食べたいものです。
そんな食品の1つがピーマンですが、同じピーマンの中でも特に摂り入れると有効な部位があるのです。

通常は、食感をよくするために実の中にある種やわたを取り、実の外側の部分だけを使用するものです。
もちろん外側部分にもビタミンCやフラボノイドなどの栄養素が多く、体づくりのためには欠かせない食材でもあります。

しかし、普段は捨ててしまっている種やわたの部分を一緒に食べることで、外側部分を食べるだけでは摂取できない有効な栄養素を摂ることができるのです。
そして、その栄養素こそが薄毛に特に有効であると言われています。

いつもは食べないその部位こそが、薄毛を改善させるためのカギを握っているのです。

ピーマンに含まれる有効成分・ピラジン

ピーマンを食べると独特のにおいが感じられ、これがピーマンの風味を醸し出していると同時に、このにおいによって子供などピーマン嫌いの方を敬遠している節もあります。

しかしこのにおい成分自体が非常に重要で、それが健康な髪を生やす頭皮環境に導くものであるとされているのです。

その成分の正体はピラジンと呼ばれるもので、ピーマンの独特のにおいを醸し出しています。
ピラジンには、血小板が凝固しやすくなるのを防ぎ、血液をサラサラにしてくれると言われています。
そのため、血流をスムーズにすることができ、結果的に血行促進につながるのです。

こうした効能は高血圧にも効果があるだけではなく、頭皮への血行も改善することが期待できます。
これが髪の生成をより活発することになり、健康な髪を生成する手助けになるわけです。

そのピラジンがより多く含まれているのが、ピーマンの中でも特に種と、それを支えるわたの部分なのです。

薄毛に有効とされる治療と食生活

imasia_14619771_L

薄毛を改善するためには、例えばAGAの治療ならプロペシアやフィンペシアといった薬を服用して改善を期待しますが、それと並行して食生活をはじめとした生活習慣を見直すこともより有効になります。

それぞれの相乗効果によって、より健康な育毛を実現できることになるかもしれないのです。

フィンペシアなどはあくまで薬

薄毛の治療でも特にAGAへの効果が予想されるプロペシアやフィンペシア、またミノキシジル製剤などは高い知名度を誇ります。

これらを投薬することによって薄毛の状態は少しずつ快方に向かうことが期待されていますが、こうした方法の他にも普段の生活に気をつけることによって、よりよい結果を得られるか可能性が高いのです。

そのため、投薬治療と並行して頭皮ケアなどを行ったり、また食事の内容にもテコ入れをしたりといった方法を採るのは一般的なことと言えるでしょう。
薬はあくまで薬であり、一時的に改善を狙うものであることから、それと並行して生活を整えることが大切なのです。

その方法の1つとして、ピーマンの種やわた部分を積極的に食事に取り入れることも有効でしょう。

治療薬とピラジン摂取を一緒に

薄毛についての投薬治療に並行して、例えばピーマンの種やわたを積極的に摂ることで、さらなる結果を期待することができます。

しかし、普段は捨ててしまっている部分ですから、それをどのようにして食べるのかということには戸惑ってしまいがちです。

このピーマンの種とわたについては、食べ方がいくつかあります。

  • 種とわたを残して肉詰め
    ピーマンの肉詰めは、料理としてはメジャーなものですが、この際に普段は種とわたを取ってから肉を詰めるのが一般的です。しかし、その部分を残したまま肉を詰めて調理すると、通常は食べにくい種やわたでも肉と一緒に食べれば気にならなくなります。
  • 天ぷらにする
    種やわたが気になるようであれば、その部分をつけたまま揚げ物にしてしまうのもよい方法です。サクサクの食感とカラッと揚がった種・わたの食感で食べやすくなり、おすすめです。
    さらに、油を使うことでピーマンに含まれるβカロチンの吸収率も上がることがわかっていますので、一石二鳥ともいえるでしょう。
  • 素焼きにする
    油分が気になるようであれば、種・わたも含めて素焼きにしてしまうのもよいでしょう。バーベキューなどではそのままピーマンを焼いて食べることもありますが、その容量でそのまま焼きにしてしまうのもよいでしょう。
    ピーマンは焼くと甘みが増し、醤油を少したらすだけでもおいしく食べられます。
治療と並行するのはOK?

薄毛に有効な食材と投薬に使用される薬やサプリによっては、併せると問題があるもの、もしくは効果が現れなくなるものなどがあります。

しかし、例えばプロペシアやフィンペシアの服用とピーマンの種・わたの摂取を並行しても特に問題はありません。

プロペシアやフィンペシアなどは男性ホルモンを抑制することによって改善が期待できると言われるもの。
かたやピーマンに含まれるピラジンは血行促進の作用があるとされています。

その機序には関連性がなく、基本的に別アプローチで働きかけるため、その摂取を並行してもお互いに影響を与えることがないわけです。

食生活に有効な成分を取り入れ、治療と並行する

薄毛を改善するためには、食生活をはじめとした生活習慣全般を見直すことと、薄毛の治療に臨むことはいずれも有効な手段です。

しかし、いずれか一方だけでは効果がうまく現れないことも考えられます。

そのためプロペシアやフィンペシアなどの薬を正しく服薬することと、食生活に薄毛改善が期待できる食材を摂り入れつつもバランスよい生活を送ることを併せて行うことが、より健康な髪のためにはベストなのです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る