頭頂部がはげるメカニズムを知って、予防・改善しよう

バーコード頭の脱毛

7781649
街中を歩いていると、いわゆるバーコード頭の人をしばしば見かけます。

頭頂部がはげているので、サイドなどから髪の毛を伸ばしてカバーする髪型です。

このような頭頂部はげの人は、男性の脱毛症の中では典型的な症状の一つとされています。
ところでなぜこのような頭のてっぺんの髪の毛が集中して抜けてしまうのでしょうか?

AGAの症状の一つ

このようなてっぺんはげになってしまうのは、AGAという症状を発症しているからです。

男性型脱毛症のことで、額の生え際の所と頭頂部の髪の毛が集中して失われるのが、この症状の特徴です。
男性型脱毛症に悩む人は多く、男性のうち1200万人以上の人がり患しているといわれているほどです。

AGAの症状の出ている人は、早めに毛髪外来で専門的な治療を受けるといいです。

専門家の診察や指導を受けることで、症状の改善するケースも多々見られます。

AGAの原因

7e410cf91919c3cab382d6daa4f55454_s
頭頂部にはげを起こす原因は主に2つあります。
それは、男性ホルモンと血行不良です。
テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と反応することで、ジヒドロテストステロンに変わります。

この男性ホルモンが脱毛を促すので、脱毛症が進行します。

そして頭頂部のはげている人を見てみると、頭皮の硬い人が多いといいます。

頭皮が硬いと血管を圧迫してしまって、血液の流れを悪くします。血行不良の状態に陥っているのも、脱毛症の典型的な症状です。

頭頂部の薄毛の対策

食生活の見直し

髪の毛が成長するのは、私たちの日ごろ食べている食べ物の栄養分をもとにしています。
そこで食生活を見直してみることです。

特に肉料理や揚げ物ばかり食べている人は、ドロドロ血液になりがちで血流が悪くなります。

肉料理や揚げ物料理を控えて、以下で紹介する栄養分を意識して摂取しましょう。

  • 大豆類
    大豆類には良質なたんぱく質が多く含まれています。
    髪の毛の原料はケラチンというたんぱく質が小さい単位のアミノ酸の一種で作られています。
  • ビタミン類
    ビタミンB2やB6には皮脂の分泌を抑制する作用があります。
    ビタミンCにはストレス解消や抗酸化作用があり、育毛に有効です。
    さらにビタミンEには血行促進作用があるので、頭頂部の薄毛に悩んでいる人にはおすすめです。
  • ミネラル
    まず亜鉛にはたんぱく質の合成を促す効果があり、細胞の活性化も促進します。
    もし食事で摂取するのが難しいようであれば、サプリメントで補っていくといいでしょう。
フィナステリドの活用

ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが、抜け毛を促進してしまうと紹介しました。
このジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果のある育毛剤の成分として、フィナステリドがあります。

フィナステリドは、5αリダクターゼの活性を抑制する効能があります。
テストステロンと5αリダクターゼがくっつくことでジヒドロテストステロンが生まれるので、フィナステリドを摂取していれば、抜け毛が増えなくなります。

その他にも育毛剤に含まれる、5αリダクターゼの活性を抑制する成分として、オウゴンエキスやヒオウギエキス、エチニルエストラジオール、ノコギリヤシといった成分にも同様の効果が期待されます。

ミノキシジルの活用

頭皮が硬くなることで血管を圧迫し、血流が悪くなっているのが特徴と先に紹介しました。
この状況を改善するのに効果が期待されているのが、ミノキシジルです。

日本ではリアップという育毛剤の中に含まれる成分です。

もともと血圧降下剤として開発されたのですが、投与したところかなりの割合で患者の体毛が濃くなったことから、AGAの治療薬としても利用されるようになりました。

毛細血管を拡張する効果のある薬剤で、頭皮の血流を改善し、細胞の働きを活発にして発毛効果を促すわけです。

シャンプーをする

脱毛症を起こしている人の頭皮は、何らかの問題を抱えていることが多いです。

そこで育毛環境を整備するためには、まず頭皮のコンディションを整えることが何よりも大事です。
シャンプーをして、頭皮を清潔な状態にすることが大事です。

ただし市販のシャンプーだと刺激が強すぎるので、頭皮を優しくいたわるようなアミノ酸系シャンプーを使って、頭皮をきれいにすることが大事です。
シャンプーをする時には髪の毛というよりも、頭皮をきれいに洗う意識を持って洗髪するといいでしょう。

ジェネリック育毛剤の活用

先に紹介したミノキシジルやフィナステリドは、医療機関で処方してもらうのが一般的です。

しかし1日200円程度の費用が掛かってしまいます。
3か月から半年程度使用を継続して様子を見る必要があるので、かなり経済的な負担は大きいです。

しかし同じ成分で作られたジェネリック育毛剤であれば、かなりコストを安く抑えられます。
かかっても1日130円台、安ければ10円台で販売されているジェネリックもあるのでかなり費用を安く抑えられます。

長期間継続して、経済的に無理なく育毛対策するなら、ジェネリックをうまく活用することです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る