前髪が薄くなるタイプのはげ対策

M字はげになる人は多い

a0002_005843
男性の脱毛症の特徴として、決まった箇所の髪の毛だけが抜けていくのがよく指摘されます。
その中でも額の生え際の後退による脱毛症にかかる人は多いです。

このようなはげのことを、よくM字はげという風に表現します。

額の生え際の両サイドが特に後退するので、額の所にMというアルファベットの形状に似ているからです。

AGAが原因

なぜこの前髪が集中して抜けるM字はげになるかというと、AGAと呼ばれる症状にかかっているからです。
AGAとは男性型脱毛症と言われ、男性ホルモンを原因とした薄毛です。

毛髪外来という医療機関で専門的にこの薄毛治療を実施している所もあるくらいです。

なぜAGAになるのか

3617c6038073e4444fee8243fdcf2066_s
AGAを発症してしまうのは、テストステロンという男性ホルモンです。しかしテストステロンそのものは、前髪の抜け毛に別に悪さするわけではありません。

テストステロンが、5αリダクターゼという酵素とくっつくとジヒドロテストステロンという物質に変化します。

このジヒドロテストステロンが抜け毛を引き起こして、前髪の脱毛症を進行させるわけです。

ですからAGA対策をするためには、このジヒドロテストステロンをどうすればいいかを考えないといけません。

M字はげになりやすい人

前髪の髪の毛の抜けるM字はげになる人を見てみると、生活習慣も関係していることがわかります。

特に以下で紹介する生活習慣に心当たりのある人は、将来前頭葉の髪の毛が抜けるリスクは高いと思った方がいいです。

タバコを吸う

喫煙習慣のある人は注意した方がいいでしょう。
M字はげは、たばこの影響によるところが強いといわれているからです。

タバコにはニコチンが含まれているのはよく知られていますが、このニコチンが体内に入ると血管を収縮させます。

かなり大きく収縮するので、血液の流れはかなり悪くなります。

髪の毛をはやす栄養分は血液によって運ばれているので、この収縮は頭皮の栄養不足を起こす主な要因となりえます。しかもタバコを吸うことで、血液そのものが汚れるという考え方もあって、汚れた血液が毛根に運搬され蓄積されます。

その結果、発毛力を弱くしてしまうのです。

睡眠不足が続く

普段仕事が忙しくて睡眠不足の状況が続くと、将来M字はげになる可能性は高いです。
睡眠中、私たちの体からは成長ホルモンが分泌されます。

この成長ホルモンは、髪の毛の成長にも欠かせない物質です。

通常夜の10時から夜中の2時頃が分泌のピークなのですが、眠らずに活動していると成長ホルモンがほかの所に使われてしまって、なかなか髪の毛の成長に回ってこなくなります。
仕事でどうしてもというのであれば仕方ないですが、無駄に夜更かしをするのではなくなるべく眠れるときには眠れるようにすべきです。

ストレスの関係

女性の場合過剰にストレスがたまると、円形脱毛症にかかることが多いです。
しかし男性の場合、額の生え際の後退という形で症状が現れるようです。

ストレスがたまっている人は、定期的にガス抜きをする必要があります。たとえば1週間に1日、休日などを使って趣味に没頭できる時間を作るのはいかがでしょうか?

また風呂にのんびりと浸かって、リラックスタイムを得るのもいいでしょう。

最近雑貨屋に行くと、アロマ関係のグッズが販売されています。
エッセンシャルオイルのにおいをかぐことでリラクゼーション効果が得られるというので導入してみるのはいかがでしょうか?

パソコンを使う人は注意

仕事などの関係で、パソコンを長時間普段から使用している人も多いでしょう。

実はこのパソコンも、前髪にとってはあまりよくないといわれています。パソコンに長時間向かっていると、目を酷使します。
目が疲れると、視神経が硬直してしまうのです。

実は視神経の周辺には、頭部へとつながっている毛細血管がたくさんあります。この毛細血管を視神経が硬直すると圧迫してしまうのです。
その結果頭部への血流が悪くなってしまって、前頭葉の髪の毛の成長に悪影響を及ぼします。

もし以上4つの生活習慣に心当たりがあって、額の生え際の後退が気になるのなら生活習慣を改めてみましょう。

そうするだけでも、抜け毛の数が少なくなるなどの効果も十分期待できます。

育毛剤を使用する

ドラッグストアをはじめとして、いろいろな所で育毛剤が販売されています。

生活習慣を規則正しくする一方で、育毛剤を使用するのも有効です。その中でも高い効果が期待できるのは、ミノキシジルとフィナステリドです。

ミノキシジルはもともと高血圧症の人の血圧を下げるための薬として開発されました。
しかし患者に投与したところ、髪の毛が濃くなる副作用が多数現れたことで、AGA用の治療薬として使われるようになりました。血管を拡張させることで、頭皮の血液の流れを良くし、発毛を促します。

フィナステリドは、ジヒドロテストステロンを生み出す5αリダクターゼの働きを抑制する効果があります。
このため、抜け毛予防が可能です。

いずれも高価な医薬品ですが、ジェネリックも販売されています。

ジェネリックであれば、かなり安い価格で購入できるのでチェックしてみませんか?

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る