髪のお悩み対策講座AGA攻略ガイド

AGA人口はどのくらい?

541bc31e1e70d318a5c2867557979537_s
頭頂部や額の生え際の所が後退する男性特有の脱毛症のことを、最近ではAGAという風に呼びます。
メディアでも広く取り上げられたこともあって、名前だけなら知っているという人も多いはずです。

現在この男性型脱毛症の人口が増加傾向にあります。
現在AGAに悩む成人男性は、1260万人に達するといわれています。

男性で成人したら、抜け毛のケアのことも多少は考える必要があると思わせるに十分な数字ではありませんか?

AGAを知ることが大事

将来ハゲるのが心配というだけで、やみくもに育毛剤を購入して頭皮につけても意味がありません。

自分の症状にあった正対処をしていかないと、思っているような効果は現れません。

いくら高価な育毛剤であっても、それが皆さんの症状にマッチしていなければ効果は期待できないのです。
そこでまずは己の抜け毛の症状を知り、それに見合った対処をするにはどうすればいいかを考える必要があります。

風邪薬を考えてみよう

phm06_0429-s
よくドラッグストアなどで風邪薬が販売されています。

風邪薬の中でもいろいろな種類があって、咳止めもあれば、鼻炎の症状を和らげる薬もあります。

また解熱剤という発熱症状を抑える薬もあります。
風邪だと思って、咳がよく出ているのに解熱剤を購入しても自分の不快な症状は好転しませんね?それと一緒で、抜け毛がなぜ起きているのかを理解してからでないと適切な育毛対策ができないのです。

自分はAGAにかかっていると思い込んでいるけれども、実は別の脱毛症にかかっていたということも十分あり得ることです。

AGAを理解しよう

AGAのチェックリスト

自分がAGAにかかっているかどうかを診断するために、いくつかのチェックリストがありますので、ここで紹介しましょう。

  • 親やその家系で薄毛の人が多い
    男性型脱毛症は、男性ホルモンが関係しています。
    そして男性ホルモンの分泌の多少は、遺伝によって決まる傾向があります。
    そこで親やその家系で薄毛の多い人は、もともと男性ホルモンの分泌の活発な傾向があるわけです。
  • 抜け毛が増えた
    通常髪の毛は生えて成長し、抜けるというサイクルを一定のリズムで続けています。
    抜け毛のあることは別に問題はないのですが、その数が増えているのであれば、何らかの事情でサイクルが乱れている可能性があります。
  • 産毛のような抜け毛が多い
    抜けた髪の毛をチェックしてみましょう。
    黒々とした丈夫な髪の毛であればいいのですが、弱々しい細い髪の毛が多くなっているのなら要注意です。
    十分に髪の毛が成長する前に抜けている可能性が高く、サイクルの乱れが推測できます。
  • 地肌がだんだん目立つようになった
    AGAはある日突然一気に髪の毛が抜けるということはありません。
    徐々に症状が進行していくので、だんだん地肌が目立つと感じているのであれば、発症している危険性が高いです。
  • 額の生え際・頭頂部の薄さが目立つ
    男性型脱毛症の場合、額の生え際や頭頂部のような特定の箇所の髪の毛が集中的に抜ける傾向が見られます。
    サイドや後頭部の髪の毛は比較的のこっているのであれば、要注意です。
専門機関で治療を受ける

もし上のチェックシートで多く該当する項目があれば、AGAになっているもしくは将来なる危険性の高い人と考えられます。

今では日本全国に専門外来がありますので、気になる人は受診してみるといいでしょう。専門外来では、問診や指針、触診などを使ってそれぞれに合った薬の処方などを行ってくれます。

ただし注意したいのは、自由診療扱いで全額自己負担になってしまう点です。

このため従来の病気の治療のために病院を訪れるのよりも治療費は高くなります。それぞれの医療機関で変わってきますが、費用は15000~3万円といったところが相場だと思ってください。

さすがにこの費用を長期間負担するのは厳しいという人も多いでしょう。

ジェネリックを使ってみる

基本的に治療は、医薬品を使った投薬治療になります。その中でもしばしば使用されるのは、プロペシアという医薬品です。
プロペシアとはフィナステリドという成分を配合した医薬品のことです。

フィナステリドには、ジヒドロテストステロンの働きを抑制する効果があります。
これを医療機関で処方を受けるとなると、1錠320円前後かかってしまいます。

しかしプロペシアと同じ成分を配合しているジェネリック医薬品であれば、安い費用で購入できます。

ジェネリックの中でもフィンペシアであれば34円程度、フィナロというジェネリック医薬品であれば、26円で購入できます。

正規で購入するのと比較して、1/10程度の費用で収まるわけです。

ジェネリックの個人輸入という選択肢

ジェネリック医薬品の購入方法として、個人輸入があります。自分で輸入をすると何かと面倒も多いため、多くの場合は、個人輸入代行業者を頼って輸入を行うことになります。
個人輸入のポイントやメリットをいくつかご紹介しましょう。

  • 通販と変わらない手軽さ
    個人輸入というと、難しそうなイメージを抱く方もいるかもしれません。
    しかし、自分で手続きしなくても、輸入代行業者にお願いすれば、通販サイトでショッピングしているのと同じような感覚で購入することができます。
    この手軽さは大きなメリットだと言えるでしょう。
  • 違法ではない
    個人輸入代行は法律に反するのではないか、と心配をする方もいるかもしれません。
    しかし、全くそんな心配は無用です。
    個人的に使用する分の育毛剤を輸入することは、厚生労働省にも認められている正当な行い。
    個人輸入代行業者は、あくまでその行為を代行するだけであるため、法律的に違反することは何一つないのです。
  • 送料無料になることも
    輸入の際に気になることの一つに、送料があるかと思います。
    最近では、さまざまなタイプの輸入代行業者があり、送料を無料としているところも出てきています。
    こういった業者に依頼すれば、商品にかかる費用のみを考えれば済みますし、長期的に輸入を続けなくてはならない場合も安心でしょう。

自分に合った適切な治療法を選ぼう

このように、AGAを予防・改善するためには、自分がAGAであることを理解した上で、適切な対策をとる必要があるのです。
さまざまな選択肢がある中でも、ジェネリック医薬品は、効果・費用・手軽さの面で優れていると言えるでしょう。

自分の毛を守るためにもよく考え、治療法を検討するようにしてください。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る