抜け毛の季節知って育毛効果を高めよう!

成人男性の多くが薄毛に悩む

ba61c59bd16052cab689527e4637d0cb_s
自分の身の回りに薄毛で悩んでいる人を見かけるという人も多いはずです。
あるところが2007年に調査したところ、日本人の成人男性のうち1342万人くらいの人が薄毛を認識しているというデータが出ました。これは日本の人口を1億人と考えた場合、10%を超える割合になります。

ちなみに日本の成人男女で腰痛を訴える人もしばしば見かけます。

しかし腰痛人口は1000万人程度といわれているので、いかに薄毛に悩む人が多いかお分かりになるでしょう。

抜け毛になる季節がある?

将来ハゲないように抜け毛対策をしたいと思っている人も多いでしょう。

しかしやみくもに抜け毛対策をすれば、育毛グッズの購入にかなりの費用が掛かってしまいます。そこで抜け毛対策を重点的に行うべきタイミングを頭の中に入れておきましょう。
実は抜け毛になりやすい季節というのがあるのです。

自律神経が体調に変化をもたらす

9f6dac38eb3a6ef816ed6f0840905552_s
私たちの体には自律神経と呼ばれるものがあります。
この自律神経ですが、気候の変化に伴って活発に働く傾向が見られます。たとえば気温の低いときには寒さに対して活発に働いていた細胞があります。

それが徐々に気温の上がってきたところで休止させ、ほかの細胞を働かせるために自律神経が活躍するわけです。

このように外の環境の変化によって、私たちの体も合わせるように変わるのでそのタイミングで抜け毛などが起こりやすい傾向が見られます。

抜け毛の多くなる季節はいつごろ?

春と秋は脱毛が多くなる

春先と秋口には抜け毛がどうしても多くなる傾向が見られます。

先ほども紹介したように、冬と夏の境目の季節なので高温や低温に備えるために自律神経が活発に働くからです。ですから春や秋になって、通常よりも抜け毛が増えたとしてもあまり気にする必要はありません。
あくまでも生理現象の一つくらいの気持ちで見ておくといいでしょう。

ちなみに健康な頭皮の方でも髪の毛は抜けるものです。

1日100本前後は抜けるので、枕や排水溝に髪の毛があったとしてもあまり気にする必要はありません。
逆にあまり気にしてしまうと、それがストレスになってしまって本当に脱毛症を誘発してしまう可能性も考えられます。

3~5月 春先は注意

春の脱毛はそれほど気にする必要はないのですが、注意すべき人もいます。それは新年度が始まる4月に大きく環境の変わる人です。
4月を前にして異動するという人は多いでしょう。

慣れない仕事を任されることになって、今まで以上にストレスがたまるという人もいるはずです。
またこの時期会社によっては活発に転勤が実施されることもあります。

生活環境が変わった、今まで家族で暮らしていたけれども単身赴任することになったなども、ストレス要因となって自然脱毛とは違った理由で抜け毛になる人もいます。もし春先に環境が大きく変わったのなら、脱毛に注意した方がいいでしょう。

まだ何らかの影響が出ていない場合にも、ジェネリック医薬品を服用するなどして、対策を練りましょう。

6~8月 夏は紫外線に注意

8月を中心とした夏場は脱毛を引き起こすリスクの高い季節といえます。

なぜかというと、紫外線が関係しています。日光がこれでもか、というくらいに日中は降り注ぎます。
もし頭皮を無防備の状態で外出すると紫外線を大量に浴びてしまいます。

紫外線は体にとって良くないことは広く知られていますので、頭皮や髪の毛に大きなダメージを与えかねません。

そこで髪の毛を守りたいと思っているのなら、なるべく夏の晴れた日の日中は外出しないことです。
もしどうしても外出しなければならないというのであれば、帽子などをかぶってしっかりと紫外線対策をすることが大事です。

また、抜け毛が増えてきてしまったという方は、ジェネリックの育毛剤を利用して改善を目指しましょう。
既に手遅れと諦めず、なるべくはやく対策をとることが大切です。

9~10月 夏のダメージが…

9~10月に差し掛かって、抜け毛が増えるという人もしばしばみられます。

これは先ほど紹介したような季節の変わり目による抜け毛ということも考えられますが、もう一つの可能性があります。それは夏の紫外線のダメージが秋になって急に出てくるというケースです。

もし夏場よく日中に外出した、しかも特に紫外線対策をしてこなかったのであれば、抜け毛が増えたら要注意です。秋口から抜け毛が気になり出したという方は、なるべく早く対策をとりましょう。

育毛剤は長い期間服用し続けることが必要ですが、ジェネリック医薬品などを利用して上手くコストダウンを図りましょう。

女性は冬に注意

女性で薄毛に悩まされている人が多いですが、男性の場合皮脂の過剰分泌が原因なのに対し、女性は逆に乾燥していることが関係する傾向が強いです。
そこで注意したいのは、12月から2月ごろまでの冬のシーズンです。

この時期はかなり外気も乾燥します。

その結果、頭皮の乾燥も進んで抜け毛が進行しやすい季節といえます。スキンケアする際には、頭皮の保湿もしっかりと行って育毛対策をしたいところです。

しっかり対策すれば防げる

このようにどの季節でも脱毛症の起きるリスクはどうしても存在します。ただししっかりと危ないタイミングと認識して、早めに育毛対策をすれば抜け毛を防ぐことは十分可能です。

育毛剤は半年くらい使い続けると効果の現われるものが多いので、自分にとって危ない季節を見極めて、その半年くらい前から対策を練りましょう。
長い期間でもジェネリック育毛剤のような安価な商品であれば、懐も痛める心配がありません。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る