髪のお悩み対策講座薄毛攻略ガイド

こんなにいる!薄毛人口

ba61c59bd16052cab689527e4637d0cb_s
日本人で薄毛に悩む人が増えています。
2011年現在、日本人のうち4200万人の人が薄毛に悩んでいるといわれています。

男性が2500万人、女性でも1700万人程度が薄毛に悩んでいるのです。この数は日本人の20~30%を占める数です。

いかに薄毛が、日本人にとって深刻な問題であるかを示しているといえるでしょう。

育毛マーケットが拡大

薄毛に悩む人は年々増えているようです。
このことは、育毛業界のここ最近の推移を見てもわかります。育毛市場を見てみると、2013年の規模は4323億円といいます。

これは前年比で実に100.2%も増加しています。

3年連続で成長していて、今後もしばらくの間は拡大が続くのではないかとみられています。
育毛グッズを使って対策するのも大事ですが、やみくもに対策しても意味がありません。

自分がなぜ脱毛しているのかを理解して、薄毛対策をしていかないといけません。

薄毛になるのも様々

a0001_017418
たとえば男性と女性とでは、脱毛に陥るメカニズムが異なります。男性は頭頂部や額の生え際など特定の箇所の脱毛が進む傾向が見られます。

しかし女性の場合、全体的に脱毛が進むケースも多いです。

また男性の場合皮脂が過剰に分泌して脱毛する一方で、女性は頭皮が乾燥するので抜け毛になることが多いです。

このように抜け毛のタイプがそれぞれ異なるので、タイプに合った育毛対策をしないとなかなか効果が現れないのです。

薄毛の種類と原因

薄毛の種類にはいくつかあって主に

  • AGA
  • 脂漏性脱毛症
  • びまん性脱毛症

といった種類があります。

AGA

AGAという言葉はメディアでもしばしば取り上げられるので、知っている人も多いでしょう。
男性型脱毛症といって、頭頂部や額の生え際が後退するのが主な症状です。

AGAになってしまうのは、テストステロンという男性ホルモンです。

テストステロンそのものは脱毛には関係ないのですが、5αリダクターゼという酵素とくっつくとジヒドロテストステロンというホルモンに変質します。

そうすると髪の毛が抜けるように指示を出してしまって、薄毛になるわけです。

脂漏性脱毛症

頭皮は皮脂を分泌して、バリア機能を働かせています。

適量の皮脂であれば、私たちの体にとってむしろ好ましい存在です。ところが何らかの影響で皮脂が過剰に分泌されてしまうと、毛穴を皮脂が塞ぐ格好になってしまって髪の毛の成長を邪魔してしまいます。

これを脂漏性脱毛症といいます。

皮脂が過剰分泌しないためには、頭皮を清潔にする必要があります。しかしあまりに頻繁に先発をして皮脂を取りすぎてしまうと過剰な分泌を促しかねません。

1日1回程度のシャンプーで清潔さを保つことが大事です。

びまん性脱毛症

女性の薄毛の中でしばしばみられるのが、びまん性脱毛症です。部分的にごっそり髪の毛が抜けるのではなく、髪の毛全体のボリュームが徐々に少なくなっていくのが特徴です。

このため、なかなか自分が脱毛症にかかっていることに気づかず、気が付いたときにはかなり症状が進行してしまっていることが多いです。

加齢やストレス、過度なダイエットによる食生活の乱れ、過度のヘアケアなどによってもたらされると考えられています。

薄毛の原因となる生活習慣

抜け毛になってしまう原因には、いろいろな要素があります。たとえばAGAの場合、男性ホルモンが関係しています。

この男性ホルモンの分泌がどの程度盛んかは、人によって異なり遺伝による影響が大きいといわれています。

しかしこのような先天的な要因の他にも、生活習慣が関係していると思われる脱毛症も最近増えています。
たとえば食生活は脱毛を引き起こす重要な要素になります。特に現代日本の食事は欧米化が進み、肉料理や揚げ物など、高カロリー・高コレステロールの食べ物が多いです。

このため、血中コレステロールや中性脂肪が増え、血液がドロドロになってしまい髪の毛の成長が妨げられます。

またタバコを吸う人は、薄毛になるリスクが高いといわれています。

タバコにはニコチンが含まれていますが、血管を収縮する効果があり、血液の流れを悪くして頭皮を栄養不足の状況に陥らせるのです。
このように生活習慣が関係した薄毛も見られるので、自分の今までの生活を見直して、改めるべきところがあれば改めてみるのはいかがですか?

ジェネリック育毛剤を使って対策

生活習慣など、抜け毛の原因となりうるものを取り除きながら育毛剤などを使って対策を進めていくのは効果が期待できます。

育毛剤を使った場合、なかなか効果が最初の内は現れないかもしれません。最低半年は使わないと効果があるかどうか判断できないといわれているくらいです。

それほど長い間高価な育毛剤は購入できないという人もいるでしょう。

そのような人は、ジェネリック育毛剤を使ってみることです。ジェネリック商品は、開発コストがかかっていないので従来の育毛剤と比較して、かなり安い価格で購入できます。

のため、経済的な負担があまりかからないメリットがあります。しかも含まれている成分は一緒なので、効果も十分期待できるわけです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る