つむじがはげてきた時に効く飲み薬にはどんなものがあるか

頭頂部の薄さが気になる

d88edf5d12cb9c854af30edfe535f939_s
男性女性を問わず悩みの種になりやすいのが、つむじ付近の頭頂部の薄毛です。

男性と女性では多少表れ方が異なることもありますが、ともに頭頂部の髪が少なくなってくる現象は起こり、俗につむじはげなどとも言われてしまうものです。

このつむじはげは、早期発見とそれぞれの原因に対する適切な対処によって比較的早い改善が可能であるとも言われます。

ある日突然つむじはげを見つけてしまったとしても、落ち着いて対策を練って実行すればまた髪が健康な状態になることが期待できるのです。
その状態を改善するための飲み薬も存在しています。

飲み薬ではげを改善

つむじはげを引き起こしてしまう原因にはいくつかあり、薄毛を改善する飲み薬もその原因に適切に対応したものを選ぶ必要があります。

もちろん、飲み薬に頼ることなく普段の生活を改善したり、自分に合った育毛剤を選んだりすることでつむじはげを改善に導くことはできます。

しかし薄毛がかなり進行してしまっている場合や、一部の原因において外的な対応では改善が見込めない場合もあり、そのようなときに飲み薬が有効になるわけです。

手に入れる方法

a0001_016740
現在では、厚生労働省にて認可されている薄毛治療のための飲み薬は限られています。そこに含まれる成分製造ルートなどの関係で、多くの薄毛改善薬に認可が下りていないのです。

しかし、個人輸入という形で海外から取り寄せることに関しては、一定の条件をクリアすれば未認可の飲み薬でも可能です。

その場合は自己責任で服用を行うことは大前提になりますが、海外の製薬会社が製造・販売しているものでも世界的に品質が認められた信頼度の高いものも多くあります。

飲み薬の種類

つむじはげを引き起こしてしまうさまざまな原因には、それぞれに対応できる飲み薬があります。

まずは自分のつむじはげに合った薬を正確に選ぶことが第一です。それぞれの原因別には以下のような飲み薬があります。

AGA治療薬

男性ホルモンが育毛のメカニズムに影響を与えることで起こるとされているAGA。これを治療するための飲み薬にはいくつかの種類がありますが、多くは日本未認可のものです。

認可が下りているものに関しては、医療機関での処方を受けることができます。

  • フィナステリド
    日本でAGA治療薬として多く用いられるものの主成分となるものです。
    これを主成分とした飲み薬は数種類販売されていますが、日本で医療機関からの処方を受けられる認可済の製品はプロペシアという名称のものだけです。
    その他海外からの個人輸入でフィンペシアやプロスカーといった商品名のものを入手することが可能です。
  • デュタステリド
    これもAG治療薬の主成分として用いられることが多く、アボルブやアヴォダートといった商品名で海外で販売されています。
    フィナステリドよりも効き目が強いとされていますが、作用が強いことから服用には慎重な注意が必要になるものでもあります。
  • ケトコナゾール
    もともとは抗真菌薬として開発されたものですが、フィナステリドやデュタステリドと同様に薄毛の原因を引き起こす男性ホルモンを阻害する作用があることが発見され、以降AGA治療薬として用いられるようになりました。
血管拡張薬

これは、薄毛の原因の1つとして頭皮への血流不足を考えたときに用いらえる薬です。日本でもその名が知られているミノキシジルとは、もともとはこの血管拡張薬であったものです。

頭皮の血管を拡張させて血行を促進することで、頭皮環境も豊かにし、また毛母細胞や毛乳頭の働きを活性化させるのが目的です。

日本ではフィナステリドと同等に薄毛治療に多く用いられているものですが、実際に日本で認可を受けているのは飲み薬ではなく塗り薬のみです。

飲み薬に関しては、海外からの個人輸入で購入することはできます。

その他

以上に挙げたものは飲み薬の中でも代表的なものですが、その他種類や機序が異なるものとして、キャピキシルやノコギリヤシといったものも飲み薬として精製されています。

キャピキシルは、男性ホルモン阻害効果に加えて育毛効果も併せ持ったものであり、さらなる有用性が期待されます。

ノコギリヤシは自然由来の成分であり、育毛サプリなどにもよく配合されているものです。

これも男性ホルモンの阻害効果があるものとされていますが、臨床実験の結果として正式に効果があったと認められるものではなかったという理由から、飲み薬としてはあまり広まっていないと考えられます。

さらにその他にも薄毛の治療薬として研究が進められている薬品があり、これからさらなる発展が期待されているのです。

日本未認可飲み薬に関してはリサーチの上自己責任で

日本で認可されている薄毛治療の飲み薬としては、プロペシアが唯一ということになります。
そのため、他の飲み薬に関しては個人輸入で手に入れることとなりますが、その品質や成分などに関しては保証がついていないものもあります。

もし日本の輸入代行業者から購入したとしても、その薬の安全度は疑わしいこともあるため、海外から個人輸入で手に入れる際は、信頼できる輸入代行業者選ぶこと、そしてまずは自分自身で目当ての薬について調べておくことが重要です。

場合によっては悪質な飲み薬のせいで重篤な副作用を発したり、また有効成分が含まれていないなどの偽薬をつかまされたりする可能性があります。
自己責任のもとにこれらの薬を使用しましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る