男女問わず気になるつむじの薄毛

つむじ薄毛は男女問わず

1cc760f7083e567a0d4124c16ffb6602_s
自分では気づきにくいのに他人には目につくものでもあるつむじの薄毛は、普段意識していないとなかなかわからないものです。
しかし、人の目には多く触れていたのかと思うと気まずさや恥ずかしさが襲ってきて一気に気になるものでもあります。

確認しにくい場所であるだけに余計に気になるつむじの薄毛は、できることならすぐに解決の道を選びたいものですが、そう簡単にはいかないのが難しいところです。

このように気になるつむじ薄毛は、実は男女ともに起こりやすいものでもあるのです。

日本人に一番多い薄毛タイプとも言われ、男女ともに気になるという方がたくさんおられるのがつむじ薄毛です。

同じつむじ薄毛でも対応が違うことがある

男女ともに起こりやすいとされるつむじ薄毛ですが、この原因に関しては男女ともに共通していることもありますし、また男性と女性で異なる原因であることも考えられます。

気になるあまりに手当たり次第に対処法を試してしまいがちですが、男女で異なる原因があるにもかかわらずその原因に合ってない対処法を頑張ってしまい、その結果なかなか効果が現われずにあきらめてしまう方もおられます。

しかし、それぞれの原因を的確にとらえ、適切な対処をすることで改善への道は開けるのです。

男女で異なる原因とは

d9c1c39165dcbf503be344067978f860_s
男性と女性でつむじ薄毛の原因が共通している場合は、その多くが頭皮の健康状態に関することです。
育毛に適切な頭皮環境を保てなくなってしまう原因は男女問わずあり、その改善方法も同様のものです。

一方、男性と女性でつむじ薄毛の原因が異なる場合は、多くがそれぞれの性ホルモンによる影響が多いと考えられます。

そのため、例えば男性への対処法を女性が実践しても効果が現われないという現象が起こります。
それぞれのつむじ薄毛の原因を把握し、それに合った対処を行うことが大切です。

どのように対処すればよいか

つむじの髪を健康に育毛するために、とにかく何でも試してみるというのは効果的な育毛への道を遠ざけてしまうことにもなりかねません。
それぞれの原因に適した対処法があり、ときには複合的に行うことで改善への道が開けることが期待できます。

そのためには、どのような原因にどういった方法が合っているのかを知っておくことは重要でしょう。

男女共通の原因

男性と女性に共通するつむじ薄毛の原因は、頭皮環境の乱れです。

頭皮が健康でないために薄毛が起きてしまうのです。
そのような状態に陥るのには、以下のような理由があります。

  • シャンプーの成分
    男性もさることながら、特に女性はケアケアに関して敏感であり、その方法については日々研究が重ねられていることでしょう。
    しかし、髪の状態が気になるあまりに、例えばサラサラの指通りになるとうたったシャンプーを選び、髪に潤いを持たせたいといってコンディショナーやトリートメントのすすぎもそこそこにしてしまうことが多いのではないでしょうか。
    指通りがサラサラになるシャンプーには、髪をコーティングするためのシリコン剤などが配合されていることが多く、実際に髪を健やかにするのではなくコーティングすることでなめらかにしているに過ぎないのです。
    このシリコン剤が頭皮に悪影響を与えてしまい、つむじ薄毛を引き起こす可能性もあります。
  • 洗髪の方法
    男性なら脂っぽい頭皮をさっぱりと洗うために、女性ならきれいに汚れを落として美しい状態に保つために、とにかくゴシゴシ力強く洗おうとしてしまいがちです。
    しかし、この洗い方によって頭皮が傷つき、さらには炎症を起こしてしまったりすることがあります。
    そうなると毛穴が髪を保つ力をなくし、髪が抜けやすくなった上に生えにくくもなってしまうのです。
  • 生活習慣
    男女ともに忙しい毎日を送っていると、食事や睡眠といった生活習慣が不規則になってしまいがちでもあるでしょう。
    食事を満足に取れなかったり栄養が偏っていたり、また睡眠も十分でなかったりすると、頭皮への栄養分もうまく行きわたらなくなってしまいます。
    そのために、育毛に必要な環境が内外ともにそろわなくなり、薄毛につながることも考えられます。
男女別の原因

同じ薄毛でも、男性と女性で原因が異なる場合があります。こうした場合はだいたいがホルモンに関係する原因です。

男性の薄毛と女性の薄毛では、関係するホルモンもその影響も全く異なるものですが、結果として同じようなつむじ薄毛に発展してしまうのです。

  • AGA
    男性型脱毛症とも言われるAGAは、男性の薄毛には多いタイプです。
    これは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが過剰に生成されてしまうことで育毛を阻害するとされるものです。
    女性にも一部のケースで起こることはあるとされますが、AGA人口の中の割合では圧倒的に男性が多くなっています。
  • びまん性脱毛症
    一方、女性型脱毛症とも言われるのがびまん性脱毛症です。
    これはつむじに限らず全体的に髪が薄くなるものですが、特につむじ部分から目立つようになってきます。
    原因としては、加齢によって女性ホルモンのバランスが変化し、本来髪を豊かに保つ役割を担うべきエストロゲンという女性ホルモンが減少してしまうことで起こります。
それぞれの対処法

男女共通のケア方法の誤りや生活習慣に関しては、その方法を変えてみることで改善が期待されます。
ノンシリコンシャンプーや、育毛専用の天然由来シャンプーに変えてみるのもよいでしょう。

洗髪のときは優しくマッサージするような洗い方を心がけ、また生活習慣に関してもできるだけ規則正しくバランスよい毎日を意識してみましょう。

男女別の対処法では、AGAもしくはびまん性脱毛症それぞれに適した育毛剤が販売されていますので、それらを試してみるのは1つの方法です。

ただし、AGAを改善する育毛剤は女性への使用が固く禁止されていますので、成分や効果についてはよく確認した上で使用しましょう。

気になるならじっくり改善

男性でも女性でも、自分のつむじの薄毛は見えにくいだけに気になるものです。しかし、誤った対処法を行っても苦労するだけで思ったような効果は現われません。

気になって何でも試したい気持ちを落ち着かせてじっくりと育毛に取り組む方が、気になる薄毛から解放される第一歩となります。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る