つむじの毛が細いのは薄毛の前兆か

つむじの毛の状態が気になる

d80aca0bcf456d7751fc2d703acd9355_s
ふと気が付いたときに、つむじの毛が細く弱々しくなっている気がすると感じたことがある方は、もしかしたら薄毛の前兆ではないかと心配になってしまうことでしょう。

また、毎日起こる通常の抜け毛も細いものが増えたということであれば、薄毛予備軍である可能性は否定できません。

薄毛はできる限り早期に対処し、進行を食い止めることが大切です。

とはいえ、つむじの薄毛は自分では発見しにくいものであり、また人も薄毛に関して指摘するのは遠慮する傾向にもあるため、長い間放置されがちでもあります。

細い毛が必ずしも薄毛の前兆ではない

自分のつむじや毎日の抜け毛の中に細い毛を見つけただけでは、そうあせる必要もありません。
必ずしもつむじの毛が細い・細い抜け毛が増えたというだけでは一概に薄毛の危険があるとは言えないのです。

とはいえ、全く心配がないとも言い切れません。
本当に薄毛の予備軍なのか、実際に薄毛が進行してしまっているのかが自分でわかれば、その後の対処法も見えてきますし、あるいは取り越し苦労をしなくても済みます

自分でチェックできる方法がある

a0002_007465
つむじの薄い毛はどのようなものなのか、また抜けた中の細い毛には問題があるのかどうか、見分けて判断する方法もあります。

もしつむじの毛が細かったり抜け毛に細いものが増えたりといった変化を感じたときは、いくつかのチェックを行ってみましょう。

自分で薄毛の前兆を見分ける方法

では、自分自身でつむじの細い毛や細い抜け毛が薄毛のサインかどうかを見分けるにはどのようにすればよいのでしょうか。
そこには、自分でも比較的簡単に判断できる目安があります。

抜け毛の太さを見てみよう

抜け毛自体は毎日あるものですから、単に抜けたからといって心配はありません。もし細い毛ばかりが抜けてしまったとしても、一時的なものであることが多いのです。
毛髪サイクルが一時的にそのようになっていることが考えられます。

ただし、もともと太い抜け毛が中心だったのがそこに混じる細い毛の本数が増えたと感じたら注意が必要です。

この場合は、通常のサイクルから逸脱した毛が十分に育たないまま抜けてしまった可能性があります。

毛根の状態を見てみよう

毎日の抜け毛の中で、正常な毛髪サイクルによって生じたものか、それとも順当に成長しないまま抜けてしまったものかを判断する要素として、抜け毛の毛根の形を見るという方法もあります。

毛根が以下のような形になっている場合、それぞれにその抜け毛がどのような状況で抜けたかを知ることができます。

  • マッチ棒のようにふくらんでいる
    この状態のものは、正常な毛髪サイクルの中で休止期を迎え、自然に毛乳頭から切り離されたものであるため、問題はありません。
  • ひげのようなものが出ている
    この場合、休止期に入って自然に毛乳頭から切り離される前に毛根が弱ってしまい、そのまま抜けてしまった可能性があります。
    毛穴が一時的に炎症を起こしていたり、老廃物が詰まっていたりなどしてうまく毛が育たない状態で抜けたことが考えられるため、シャンプーを薬用のものに変えたり、低刺激性のものにして刺激を少なくしたりといったケアを行えば改善する可能性があります。
  • 毛根のふくらみがない
    本来抜け毛は毛根に行くごとに太さを増してふくらんでいますが、そのふくらみが全くない状態の抜け毛は、毛母細胞の働きが停滞して髪が抜けやすくなったものと考えられます。
    この場合、すでに毛を生成する機能を失いかけているため、何らかの育毛対策が必要です。
    育毛シャンプーだけではなく、毛母細胞を活性化させる働きのある育毛剤なども併用しながら様子を見ましょう。
  • 産毛のように細い
    毛根の部分からすでに力なく細い産毛のようになっているものは、毛母細胞がほぼ働かなくなり、正常に毛を育てることができなくなった状態です。
    こうした抜け毛が増えてきたと感じたら、薄毛はかなり進行しているかもしれません。

    もしつむじを中心に薄くなっていたとしたら、このような抜け毛が増えた段階でつむじの薄さは目立っているのではないでしょうか。
    育毛剤でのケアもそうですが、一度医療機関に出向いて受診してみることも考慮に入れてみましょう。

抜け毛を確認するには

洗髪しているときにも抜け毛があることは確認できますが、その際に抜けた毛はすぐに流してしまいますから、お風呂上がりのタオルドライの際、またはドライヤーを使っている際に生じる抜け毛を確認してみるとよいでしょう。

また、実際に毛が薄くなっていると感じたときには、つむじの写真を撮っておくのがおすすめです。
期間を置いて撮った写真を見比べてみて変化があれば一目でわかるということです。

つむじは薄毛の中でも起きやすい場所

つむじの薄毛は、自分では一番わかりにくいところであると同時に、一番薄毛が発生しやすい場所でもあります。

つむじの毛が細くなっているかどうかも確認しづらいところではありますが、もし気になってきたということであれば、こうした毎日の抜け毛チェックがおすすめです。

まだ薄毛が進行する前の段階で気がつくことができれば、それだけ早急に手を打つことができます。
抜け毛の対策はとにかく早めに行っておくに越したことはありません。

こまめなチェックで変化をいち早くキャッチしましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る