つむじの毛が薄くなる原因と対処法

自分では気づきにくいつむじの薄毛

c185d6e49bc1a63dd07cb89745e365ae_s
普段から鏡を見ていても気づきにくい薄毛の箇所があります。

それはつむじの薄毛。

つむじは頭頂部当たる箇所ですから、正面から鏡を見ているだけでは変化がわかりにくいのです。
また、つむじの薄毛はその箇所だけに集中的に起こるものです。

つまり、その箇所以外にはとくに変わったところはないのに、つむじの毛だけがどんどん少なくなっていくという現象も起こりえます。

自分では気づきにくいだけに、気がついたときにはかなり進行してしまっていることも多いつむじの薄毛。
このような現象が起きてしまう理由と対処法とはどのようなものでしょうか。

日本人に一番多い薄毛の形

日本人の薄毛の中で一番多いパターンがつむじから薄くなるものであるとも言います。それは、日本人に起きやすいさまざまな薄毛の原因が集約されてつむじへの症状になりやすいためと考えることもできるわけです。

また、薄毛と言えば男性のものというイメージも持ちがちですが、近年女性にもつむじ薄毛が増えている傾向にもあります。

このように、多くの方が悩んでいるのがつむじの薄毛なのです。

つむじ薄毛の原因にはいくつかある

a0002_008014
特に集中的に頭頂部だけが薄くなってしまうつむじ薄毛ですが、その原因は1つではありません。

薄毛になってしまう原因自体がいろいろあるわけですが、その中のどの要因においてもつむじの毛に影響を与えてしまうのです。

自分のつむじ薄毛の原因が何であるかを見極めるのは難しいものではありますが、いくつもある原因から本当に育毛を邪魔しているものは何かをつかむことが、適切な対処の第一歩となります。

いろいろなパターンから考える

つむじの毛が薄くなる原因は多いため、さまざまなアプローチからその原因を考える必要があります。

その原因にはどのようなものがあるかを見ていきます。

男性ホルモンの影響

特に男性の薄毛の原因として代表的なのが、男性ホルモンの影響を受けるタイプのものです。

一般的に男性型脱毛症と言われ、AGAの名称でよく知られています。

テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが、5α-リダクターゼという還元酵素の働きによってジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンへと変化します。
AGAの原因とは、このジヒドロテストステロンが育毛を阻んでいるためと考えられているのです。

AGAで表れる薄毛の形には、つむじから薄くなるものをはじめとして額の生え際から薄くなるものやその混合型など、その方によって現れ方が異なります。

しかし、全体的に薄くなるのではなく局所的に集中して薄くなるのが特徴です。

頭皮への血行不良

私たちの体の構造的に一番高い位置にあるのが頭頂部、つまりつむじのあたりとなります。

全身に送られる血液は心臓からポンプのような働きで流れていますが、その心臓より上にある箇所に関してはただでさえ血液が送られにくいところです。
その一番上の頭頂部は、慢性的に血液が届きにくい場所であると考えることができるわけです。

そのため、全身の血行が悪いと当然頭頂部に届く血流も滞りがちになります。

頭皮への血行不良になると代謝もうまく行われなくなるため、老廃物がたまりやすくなったり角質の生まれ変わりもできにくくなったりした結果、頭皮環境が悪化するという仕組みです。

どのように対処するか

それぞれのつむじ薄毛の原因によって、対処方法も変わってきます。
原因ごとに合った方法を選んで行わなければ効果がありませんが、ときに複数の原因が複合して薄毛を起こしていることもあるため、いろいろな方法を試してみましょう。

  • 生活習慣を見直す
    頭皮への血行不良が原因の場合、まずは血のめぐりをよくすることから始まります。
    生活習慣の中で血行不良を招くものにはさまざまにあり、栄養不足や脂質異常、それらを引き起こすような偏った食事に飲酒や喫煙などの要素を見直す必要があるでしょう。

    また、睡眠不足の状態でも血流が滞り、頭皮への栄養が行きわたらず代謝に問題が出ることがあります。
    できるだけ規則正しい生活と睡眠、栄養の偏らない食事、そして飲酒・喫煙などの習慣を控えるといった対処で育毛が再開される可能性が高まります。

  • 育毛剤を正しく選ぶ
    つむじ薄毛の原因にいろいろなものがあるということは、それぞれの原因に対処する育毛剤の種類も多くあるということです。
    その種類の中でも、より高い効果が期待されるものから、有効成分に特に保証がないものまで実に幅広いものが市販されているのです。

    そのバリエーションの中から、自分の薄毛に合ったものでなおかつ高い効果が期待されるものに出会えば改善の道が開けることもあるでしょう。
    また、育毛剤の中でも男性ホルモンに作用するとうたわれているものは女性が使用することを禁止されていますので、その点も注意が必要です。

  • 医療機関にかかる
    近年では、薄毛専門のクリニックも多く登場しています。
    普段から気をつけてケアをしているのに改善が見られないという方は、一度受診してみると明確な治療法を提示してくれます。
    特にAGAの場合は自分自身での対処では改善に向かわせるのが難しい面もあります。
    プロの医師の力を借りるのも有効な方法です。

まずは健康であること

AGAのようにホルモンの関係での薄毛は何らかの外部的な対処が必要ですが、それ以外の体調からくるものであった場合は、できるかぎり規則正しく無理をしない生活を送り、健康な状態を保っていれば改善の兆しが見えることがあります。

不摂生も大きな薄毛の原因ですから、まずは健康な生活にチェンジしてみてから次の対処法を考えるという順序を踏んでみましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る