フィンペシアとプロペシアの違いってどんなもの?

混同しがちな2つの名前

porp
育毛について投薬治療を行おうと考えたとき、いろいろ調べているとフィンペシアとプロペシアという薬品の名前にたどり着くことが多いでしょう。

これら2つは名前も少し似ていますし、いろいろな情報サイトを見ていてもこれらの単語が錯綜していて、実際には全く違うものなのかまたは同じものなのか、成分や効き方に違いがあるのかないのかなど明確な違いがよく分からなくなることがあります。

では、フィンペシアとプロペシアとはどのような薬品で、実際にこの2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

もとはだいたい同じ

フィンペシアとプロペシアを比較したときに、育毛効果に大きな違いを見いだせるものではありません。
なぜなら、フィンペシアがもともとプロペシアとほぼ同じ成分の薬品として製造されているためです。

薬品にはオリジナルとして作られたものと、その成分をほぼ同じくして作られるジェネリックとが存在します。

フィナステリドは、もともとオリジナルとして開発されたプロペシアのジェネリックと同様のものと考えてよいのです。

同じ効き方で値段が段違い

a0002_003051
オリジナルの新薬の成分をもとにして作られた薬品は後発品であるため、販売されるときの値段にはかなりの違いが生じます。
本来であればオリジナルのものには開発費などの諸費用がかかりますから、総じて高額になります。

その点ジェネリックなどの後発薬はオリジナルを開発する際の費用がかからない分、値段を安価に設定することができるのです。

そのため、フィンペシアとプロペシアの大きな違いとしてもその値段の差が挙げられます。
オリジナルであるプロペシアよりも後発薬であるフィンペシアの方がかなり安価で手に入れられることから、薄毛の治療に用いるときにもより負担の軽いフィンペシアが選ばれることが多いわけです。

しかし成分はほぼ同じくして作られていますから、効き目に関しては違いは全くないと言ってよいのです。

フィンペシア、プロペシアを比較してみる

フィンペシアとプロペシアはオリジナル新薬と後発薬という関係性であるため、全く違うものではありません。

むしろ、成分が共通しているわけですから、ほぼ同じ薬品であると言っても過言ではないのです。

ただし、それぞれが製造・販売される過程や販売元などの相違点はあるため、価格などの点において違いが現れます。

ここで、双方の薬品についてそれぞれ詳しく見ていき、比較してみましょう。

プロペシアとはどんな薬か

プロペシアは、もともとは前立腺肥大に対応した薬品として、アメリカのメルク社という製薬会社が初めて開発したものです。
主成分はフィナステリドであり、高用量で前立腺肥大に用いることが当初の目的でしたが、低用量で用いたときに男性型脱毛症(AGA)に一定の効果を示すことがわかったのです。

そしてアメリカでまず発売され、日本には2005年に厚生労働省に認可され、正式に販売される運びとなりました。

それまでAGAの治療法としては特に有効なものがなかった日本では画期的な導入であり、ここからAGAという症例の存在自体と治療できという事実が徐々に広がっていったのです。

プロペシアの成分をもとに作られたフィンペシア

オリジナル新薬として多くのAGA患者を救った実績を作っているプロペシアですが、この成分を同じくして作られたのがフィンペシアです。
本来ジェネリックとは、オリジナルの特許期限が切れて以降にそのノウハウをもとにして他の製薬会社で製造される薬品という定義ですが、フィンペシアはその意味では正確なプロペシアのジェネリックではありません。

実はプロペシアの特許権はまだ切れておらず、引き続きメルク社が所持していることになっています。

フィンペシアを製造・販売しているのはインドのシプラ社という製薬会社です。この会社が在籍しているインドでは、薬品における特許の概念が欧米をはじめとした先進国とは異なっています。

そのため、インド国内では海外で特許を取った薬品についての特許権が適用されないという考え方であり、それによりオリジナル新薬に代わって後発薬を続々と発売することが通常になっているのです。

双方の違い

では、プロペシアとフィンペシアについて具体的な相違点を挙げていきます。

成分

前述のとおり、フィンペシアはプロペシアの成分をもとにして作られた後発薬であるため、成分の違いはほとんどありません。
ただし、アメリカでの特許が切れていないため。正式にノウハウを受け継がれたわけではないのです。

とはいえ、成分がほぼ同じというのが売りですから、そこに相違はないと考えてよいでしょう。
効き目に関してももちろん同様と考えることができます。

値段

利用者から見たときに、双方の薬品で一番大きな違いはここです。

オリジナル新薬であるプロペシアは、だいたい1錠あたり190円強という価格設定で販売されています。
一方フィンペシアは実に1錠あたり25円程度で販売されているのです。

こうして見ると、双方に大きな値段の違いがあることがわかります。

国内認可

日本では、男性ホルモン阻害薬として唯一厚生労働省に認可されているのがプロペシアです。

プロペシアの特許が切れた後に正式にジェネリックとして販売されたものであればその薬品に関しても認可される確率は高いのですが、フィンペシアはその正式な手順を踏んでいないため、日本では認可されていません。

日本の薬事法では、ある一定の条件を満たすことで未認可のものでも個人輸入できることになっています。
そのルートを通じてフィンペシアを購入するのが一般的です。

偽薬に注意すること

インド・シプラ社が販売しているフィンペシアは成分鑑定もなされたプロペシアの実質的なジェネリックと考えてよいものです。

しかし、海外製のものでは一部にその名前を騙った偽薬が存在しています。

つまり、プロペシアと同様の成分であるはずが、実際には全く違う配合がなされていたり、そもそも主成分であるフィナステリドが配合されていなかったりといったトラブル事例が実際にあるのだそうです。

フィンペシア自体は安全な薬品ですから、個人輸入で購入する際には成分鑑定済みかなどの点をきちんと確認し、信頼できる輸入代行業者に申し込むことをおすすめします。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る