フィンペシアとミノキシジルの効果の違い

フィナステリドの育毛剤でも違いがあります

finpecia
薄毛に悩む方はさまざまな育毛剤を塗ったり飲んだりして試していることでしょう。

また、これから育毛剤を使おうと検討している方もおられるかもしれません。これから使用する方は、それぞれの薬剤がもたらす育毛効果違いがあるのか否かもわからないことが多いことでしょう。

すでに育毛活動を頑張っている方ですら、今自分が使っている薬剤がどのように効いているのかを把握しきれていないこともあるのです。

ここでは、育毛に高い効果を発揮すると言われているフィンペシアとミノキシジルについて、両者にどのような違いがあるのかを探っていきます。

育毛を促すアプローチの違い

薄毛が発生するにはさまざまな原因が考えられます。
その中でも大きく2つに分けられるのが、直接育毛を阻んでいる原因です。

その直接の原因にたどり着くまでにはいろいろなルートがありますが、それらはほぼ2つの直接原因に結びつくのです。

その直接原因とは、男性ホルモンの影響と頭皮環境の不備です。

俗にAGAと言われる男性型脱毛症は、遺伝的要因が大きいともされていますが、何らかの要因によって育毛を阻止する男性ホルモンが過剰に生成されることによって起こります。

頭皮環境に関しては、生活習慣の乱れや誤った頭皮ケアなどが考えられますが、それらはいずれも頭皮の健康を妨げるものとなるわけです。
この2つの直接原因について、男性ホルモンの影響に働きかけるのがフィンペシア、頭皮環境を改善するのがミノキシジルと言うことができます。

異なる面からサポート

a0002_008248
このように、フィンペシアとミノキシジルはそれぞれ異なったアプローチで薄毛に働きかけます。
つまり、薬の作用としては全く異なった動きを見せるものなのです。

そのため、それぞれの薬がもたらす効果も異なります。

異なる面から薄毛をサポートしてくれることで、それぞれ単品で使用するよりも併用した方がより高い効果が得られるという説もあり、うまく使うことで育毛のゴールも見えやすくなります。

それぞれの薬の作用

フィンペシアとミノキシジルでは薄毛に対するアプローチが全く異なるため、それぞれの薬の作用も違ったものとなります。

根本的に違う薬として、それぞれどのような作用をもたらすのでしょうか。

フィンペシアの機序

フィンペシアとは、男性ホルモン阻害薬として用いられるフィナステリドを主成分とした製剤です。

薄毛の中でも特にAGAに作用する薬であり、それ以外の原因からくる薄毛には効かないとされています。

AGAの仕組みとは、もともと人体で生成される男性ホルモン・テストステロンが還元酵素である5α-リダクターゼ2型によってさらに強力な男性ホルモン・ジヒドロテストステロンに還元されることが引き金です。

ジヒドロテストステロンが育毛のメカニズムを阻止することで毛髪が生成されなくなり、薄毛になるというのが一般的な説です。

このAGAの仕組みの中でフィンペシアが働くのは、ジヒドロテストステロンへの還元を行う酵素・5α+-リダクターゼの生成を阻害することです。

それにより結果的にジヒドロテストステロン量が減少し、育毛を阻止する要素をなくすわけです。

ミノキシジルの機序

ミノキシジルは頭皮環境を整えるために使用される薬であり、その作用機序は頭皮の血管拡張にあります。

薄毛の原因について男性ホルモンの影響以外で考えたとき、頭皮への血行が不良であるために育毛に必要な栄養分が行きわたらず、また潤いが失われたり正常な代謝が行われなかったりすることで毛髪の生成が阻止されると考えられます。

もともとは血管拡張剤であるミノキシジルを使用することで頭皮の血行を促進させ、それら血行不良によって頭皮に起こっていた諸問題を解決できるというのがミノキシジルの作用です。

頭皮の血行が改善されることで、衰え気味であった毛母細胞を活性化させて毛髪の生成を活発にし、毛根の働きをよみがえらせるのが目的なのです。

市販されている育毛剤は頭皮に直接塗布するものがありますが、タブレット型になったものを服用する方が効果が高いとも言われています。

ジェネリック育毛剤を賢い使い方をしよう

薄毛にはそれぞれに原因がありますが、特に大きく分けることができる直接原因の種類によっては対処方法が全く異なります。

その原因にそれぞれ対処できる改善策を選ばなければ、全く効果も現れないのです。

原因によって使い分け

AGAの治療にミノキシジルを使っても男性ホルモンには全く作用しませんから、根本の解決にはなりません。

また、頭皮環境を整える作用はフィンペシアにはなく、AGA以外の薄毛にはフィンペシアでは効かないのです。そのため、それぞれの原因によって両者を使い分けることが大切となります。

併用すればより効果が上がることも

薄毛の中でもAGAの場合、男性ホルモンはメインの原因になりますが、それ以外に頭皮環境を整えることがより効果を上げることにつながります。

そのため、直接原因が男性ホルモンであるAGAの場合に限っては、フィンペシアとミノキシジルを併用することが改善の近道になることもあるのです。

毛髪の生成を阻害する要素を抑え、その上でより健康に毛髪を育てて生えさせるという相乗効果が捩るためです。

副作用などは大丈夫か

それぞれの薬を単品で使う場合には、もちろんその薬に定められた用法・用量を守ることが重要です。

正しい服用方法を守らない場合、フィンペシアは性機能への障害やじんましん、肝機能障害などを引き起こす可能性があり、ミノキシジルは頭皮のかゆみや多毛症、低血圧などの症状を起こすことがあります。

ちなみにこれら2つの薬を併用することで新たな副作用が発生することはなく効き目が減少することもありません。

それぞれの効果を知ってうまく使う

同じ育毛に効果がある薬といっても、フィンペシアとミノキシジルには明確な違いがあります。
薄毛の原因へのアプローチも異なりますし、効き方も根本から違うのです。

そのため、自分の薄毛の原因が何であるかをきちんと把握した上で、これら2つの薬の効果をよく知り、うまく使うことが育毛への近道です。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る