フィンペシアを飲むなら食後がよい?

フィンペシアを飲むタイミングとは

4e9637380d0a4e630e7de35f4be1a4e4_s
薬にはさまざまなものがあり、それぞれに服用するタイミングが設定されているものです。
そのため、フィンペシアを飲む際にもこうしたタイミングが設定されているのではないかというのが順当な考え方でしょう。

例えば、服用のタイミングを食後に設定しているものは多く見かけます。

その薬の種類によってさまざまですが、いずれにしてもその薬のパフォーマンスを最高に引き出すために最良のタイミングで服用するように指導されるのです。

では、フィンペシアの場合はどうなのでしょうか。

特に指示はない

フィンペシアの説明書には、その飲み方に関しての記載はありますが、そこにあるのは1日の上限量だけです。
その上限を超えないようにする注意勧告文はありますが、どの時間帯に飲むのがよいか、食後に飲む方がよいのかなどといったタイミングに関しては特に指定された文章はないのです。

つまり、基本的にはどの時間帯に飲んでも問題はなく、また食後でなければならないといったものでもないようです。どの時間帯に飲んでも特に効果に大きな変化があるといったことでもありません。

しかし、薬の成分をより吸収しやすくする飲み方や1日の上限量を守るための方法はあります。

タイミングを決める

PP_gyoumuyoutokei500
フィンペシアの効果は服用後24時間程度継続されると言われています。
主成分であるフィナステリドの血中濃度を一定に保つために24時間ごとに1回1錠・1mg、を服用すればよいのです。
そのため、特に1日の中で服用する時間帯は定められておらず、いつ飲んでも特に問題がないと考えることができます。

ただし、服用する時間をきちんと決めておかなければ、1日つまり24時間内に1mgまでという上限量を守れなくなってしまいます。
いつ飲んでもよいからといって、前日の夜に飲んでから翌日の昼にまた飲むといった用法では、24時間の上限量を超えてしまうわけです。
服用するリズムを一定にし、飲み忘れや重複した服用を避けるためには、決まったタイミングを決めておくことが有効です。

また、朝昼晩いずれかの食後に設定することで飲み忘れを防ぐことにもつながります。

食後に飲むとよい理由

多くの薬は、服用するときにいずれかの食後にタイミングを設定していることがあります。
これにはいくつか理由があり、より薬の成分を生かすために必要なものです。

フィンペシアに関してはそのような明確な指示がないということは、食後でないと弊害が起こるなどの問題は特にないことを示していると考えられます。

とはいえ、やはり食後に服用した方がよいという説もあり、その理由には以下のようなものが挙げられています。

吸収がよくなる

一般的に服用のタイミングを食後に設定されている薬は、食後に飲むと成分の体内への吸収がよくなるとされています。
食物の消化吸収の動きに薬も乗じることができるためです。

逆に食前などのタイミングに指示されている薬は、食物によって吸収が妨げられる可能性があるものというわけです。
フィンペシアに関しては、食前もしくは食後のいずれに飲んだ場合も特に現れる効果に変化はないとされています。

しかし、より吸収を高めるためには食後服用がより効果的であるという説が広く語られています。

胃への負担を軽減する

薬の多くは大なり小なり消化吸収の段階で胃に負担をかけてしまうものです。
特に強い成分が配合されている薬では、十分な量の水と一緒に飲まなければその濃度によって胃粘膜に強い刺激が加わってしまうのです。

フィンペシアも同様で、服用すれば何らかの刺激を胃粘膜に与えることが考えられます。
そのため、胃に内容物がある食後に飲むことで胃粘膜が荒れてしまうのを防ぐことができるのです。

やはりフィンペシアは食後に飲むのが妥当という説もあります。

より効果が期待できる時間帯はあるか

薬の服用法としてその時間帯は公式にはアナウンスされていません。
つまりどの時間帯に飲んでも著しく効果が下がるといった弊害が起きるわけではないのです。

とはいえ、しいて言うなら生体作用の関係から考えてこの時間帯がより効果的なのではないかという説はいくつか存在しています。

血流が盛んな日中

いずれかの食後に飲むことを前提として、血中への吸収をよくした後により効率的に頭皮へ成分を運べるため、血流が盛んになっている日中に飲むと効果が上がるのではないかという説です。

吸収率をより上げるために、例えば昼食後に飲んでおけば効率よく血中にフィナステリドが取り込まれ、頭皮に効果的に作用するようになると考えることができます。

就寝する前の夕食後

一般的に、人の体における随所の細胞が生まれ変わる活動は夜10時ごろから夜中の2時ごろまでとされています。
この時間帯には成長ホルモンが最も活発になり、ターンオーバーや傷ついた細胞の修復が行われるのです。
育毛に関しても同様ですが、その活動が男性ホルモンによって妨害されているとうまく毛髪が生成されません。

一番育毛が促進される時間帯に備えて夕食後にフィンペシアを飲むことで効果的に男性ホルモンを阻害することで、よりスムーズに髪を生やすことができるという考え方です。

食後に設定すれば飲み忘れも防止

服用の時間帯については諸説ありますが、いずれの時間帯に飲むとしてもそれを食後に設定することは、吸収率を上げる効果があるだけではありません。

この時間に食べてから飲むと決めておけば、飲み忘れを防止することにつながり、さらにきちんとした24時間サイクルを守ることにもなるのです。

必ずではないが決めておくと便利

公式の説明に飲む時間帯やタイミングの指示が特にないフィンペシアは、とにかく1日の上限量を守れば特に問題なく安全に服用することができる薬です。

とはいえ、きちんとした時間帯に飲むこと、またいずれかの食後タイミングを設定することで、さらに薬の効果を上げた上に自分自身でもきちんとした飲み方を守りやすくなります。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る