フィンペシアはいつ飲むのが最適なの?

いつ飲めばいいか

a0002_010352
薄毛、特に男性型脱毛症(AGA)に高い効果があるとされるフィンペシア。
この薬は強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの作用を阻害する働きがあるものであり、AGAの治療には必ずと言っていいほど名前が挙げられます。
薄毛を改善するためにはもちろん毎日飲み続けることが大切です。

そして、より高い効果を得られる飲み方、または体に影響を及ぼさない安全な飲み方を続ける方が薄毛からの解放の近道になるはずです。
では、最も効果的なフィンペシアの飲み方、またいつ飲むのがよりよいのかなどを見ていきます。

基本は1日1回を守ればOK

フィンペシアの説明書に記載されている飲み方としては、1日1回のみの服用で上限は1mgまでとされています。市販されているフィンペシアの錠剤1錠が1mgですから、1日1回1錠を飲むというのが基本的な飲み方です。

いつ飲むかについては、説明書にも明記されていません。特にこの時間帯に飲まなければならないといった用法はないのです。1日のうちでいつ飲むかは利用者に任せられているともいえます。

前回の服用から24時間空いていればいつ飲んでも問題はなく、特に効き目が薄れたり副作用がより強く出たりといったことも時間帯には左右されないとされています。

用量はしっかり守るべき

a1180_007517
フィンペシアは特に公式にもいつ飲むのがよいかといったアナウンスはされていません。
そのため、基本的にはいつ飲んでも問題はないわけです。

フィンペシアを飲み忘れたからといって、1日にまとめて2錠以上を飲んでしまうことは、1日の上限量を超えてしまうため避けるべきとされています。
場合によっては副作用が強く出てしまう恐れもありますので、1日に決められた用量を守ることは最低条件です。

その上で、いつ飲むかを適切に決めるのがよいでしょう。

より効果的な飲み方とは

フィンペシアの正しい用量を守り、その上でより効果が出る飲み方には、いくつか考えることができます。

決まった時間に飲む

1日の上限量が1mgであるということは、24時間内に1mgを飲んでいればいいことになります。
つまり、その時間内に1mgを超える量を飲んでしまうと何らかの弊害が起こるということです。

具体的には、フィンペシアの副作用が出る確率が高くなると考えてよいでしょう。
そのため、例えば前回飲んだのが夜だったとして、一晩寝て朝を超または昼に飲むといった用法は避けた方がよいということです。

ちなみに、フィンペシアの副作用としては、以下のようなものが報告されています。

肝機能障害

一部で報告されているケースですが、服用によって肝臓の機能に支障をきたしてしまう可能性があります。
初期のうちは自覚症状がないのが特徴ですが、程度によっては食欲不振や倦怠感などが現れることがあります。

また、皮膚に黄疸が見られるようになるのも肝機能障害の目安です。

性欲減退・精液減少

これはフィンペシアが男性ホルモンに影響を与える薬であることから起こるのではないかと考えられています。

これもすべての方に起こるわけではありませんが、可能性は存在します。性機能に何らかの問題が見られるようになったとしても、服用を中止すれば改善されます。

うつ症状

これもまれに見られるケースとして存在します。

気分の落ち込みややる気の低下など、今までにない症状が現れたら注意が必要です。

じんましん・発疹

皮膚の過敏症として現れることがあるとされている症状です。

こちらも服用を停止すれば収まるものですから、このような症状が出たら飲むのを避けた方がよいでしょう。

いつ飲むのが最適か

フィンペシアについてはいつ飲むのが最適な効き目を及ぼすのかについては、いくつかの説があります。

血のめぐりのよい昼間

私たちの体が一番活動的になるのはやはり昼間です。
この間は体内の血流も盛んで全身に勢いよく血が巡ります。
そのため、この時間帯に服用すれば有効成分が頭皮に届きやすくなり、効果が上がるという考え方です。

髪が育つ時間の前

私たちの体内細胞が生まれ変わり、新しくなる成長ホルモンの分泌が一番盛んになるのは夜10時ごろから午前2時ごろまでとされています。

この時間帯には肌のターンオーバーなどの動きも活発になるため、美容的にもゴールデンタイムと呼ばれている時間帯です。

その動きは育毛にも当てはまることで、一番髪が伸びる時間帯はこの周辺であると言われているのです。
そのため、この時間帯に差し掛かる1~2時間前に服用すれば、育毛を阻害するものがなくなって生えやすくなるという説です。

ライフスタイルに合わせて

AGAの治療を考えておられる方は、働き盛りの男性が多いでしょう。

そのため、毎日薬を飲みたくてもそのタイミングをいつも逃してしまったり、また飲むこと自体を忘れてしまったりなどといった理由でなかなか継続的ないこともあるのではないでしょうか。
なるべく決まった時間に忘れずに飲むようにするためには、自分が一番服用しやすい時間帯を選ぶのが一番です。

例えば、仕事を夕方に終えて自宅でゆっくり夕食を食べることができる方は夕食後に設定すれば忘れにくくなりますし、また帰宅時間や夕食の時間・場所が不規則という方は、夜に飲むのが難しければ昼休み中に飲んでも特に支障はありません。
大切なのは、24時間以上間を空けて決まった時間にコンスタントに服用することなのです。

いつ飲むかは神経質にならなくてもよい

フィンペシアは飲み方の説明にもいつ飲むのがよいといった名言はされていません。

つまり、どの時間帯に飲んでも問題はありませんし、劇的に効果が下がることもありません。

ただし、自分が一番飲みやすい時間をきちんと設定してその時間に忘れずに飲むこと、そして忘れてしまったからといって間隔を空けずに飲んだりしないことを心掛けて正しく服用しましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る