塗布タイプ・服用タイプ、育毛剤の名前と特徴

フィナステリドとミノキシジル

1540903f04ff0e3345027312bcadd222_s
育毛剤の種類は日を追うごとに増加しています。
それら育毛医薬品の根幹に位置するのがフィナステリドとミノキシジルという名前の成分です。

生活習慣が乱れがちな昨今では、それが原因となり男性型脱毛症を発症する若い人も増えてきました。
はげは中年男性の問題ではなく、男性の問題になってきているのです。

そこで育毛剤の登場です。
フィナステリドやミノキシジルが含まれる育毛医薬品が徐々に登場してきていることで、男性の永遠の悩みであったハゲという難問は解決することが可能な時代となりました。

塗布タイプと服用タイプ

育毛剤には頭皮に直接塗るタイプのものと、内服薬として飲むタイプのものの2種類があります。

ミノキシジルについても同様で、塗布タイプと服用タイプの2種あり、塗布の場合はロゲインという商品が、服用の場合はミノキシジルタブレットという商品が有名です。

特徴としては、服用タイプは体の内からの治療となりますので、効果が現れやすい点がメリットとなり、塗布タイプは患部に薬品を直接塗ることになりますので、部分的な治療ができる点がメリットとなります。

それぞれに長所がありますので、自分に合ったタイプのミノキシジルを活用していきましょう。

抜け毛のメカニズムと治療

rogaine
AGAによる抜け毛は、悪玉男性ホルモンが関係しています。通常、男性ホルモンは害があるものではありません。

しかし、毛根部にある5αリダクターゼという成分と結びついてしまうと悪玉化してしまい、そうしてできた悪玉男性ホルモンが毛を抜けさせるような指示を出してしまうことで、毛が抜け落ちてしまいます。

そのためAGAの治療は男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつかないような環境にすることが具体的な目標となります。

フィナステリドやミノキシジルという成分はまさにこの目標を実現できる成分です。悪玉化を阻止することができるため、多くの育毛剤に配合されています。

これらが配合されている代表的な薬はプロペシアやロゲインといった薬ですが、プロペシアは値段が高く、服用し続けることが難しいため避けられる傾向にあります。

塗布タイプの育毛剤に含まれるのはミノキシジルで、服用タイプと比較して安価である点が人気を博す理由にもなっています。

塗布と服用の違い

フィナステリドやミノキシジルといった育毛成分が含まれる薬の開発は今もなお進められており、研究に伴って商品の数も増えてきています。

あまりに多いことから、一体どの薬を使用すれば良いのか分からない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方は、まず塗布タイプの薬か服用タイプの薬かを先に決めることをお勧めします。

塗布タイプの特徴

塗布タイプの育毛剤には、部分的な治療ができるというメリットがあります。

育毛剤はどの薬を使用したとしても、性欲減退や頭髪以外の体毛が濃くなってしまうという副作用がありますが、塗布タイプの育毛剤は部分的に治療をしていくことになりますので、こういった副作用が出にくいのが特徴です。

しかし服用タイプと比較すると、値段が高かったり効果が得られにくかったりといったデメリットもありますので、その点は考慮すべきでしょう。
副作用が怖いから、という理由でまずは塗布タイプから試してみる、という方も多くいます。

服用タイプの特徴

服用タイプの育毛剤には、力が強く効果が得られやすいという特徴があります。

育毛をするのならば、現状を維持するのではなく、失われた髪を取り戻したいと思っている人も多いのではないでしょうか。そんな方は服用タイプの方がお勧めです。

値段についても塗布タイプと比較すると安いのもメリットの1つで、ジェネリック医薬品を活用すれば1日あたりの治療費は50円以下に抑えられますので、懐にも優しい育毛剤と言えるでしょう。

デメリットとしては、塗布タイプと比較して副作用が現れやすい点が挙げられますが、国が行っている臨床試験の結果を見ても、副作用が出てしまう人の割合はわずか数%ですので、そこまで心配しなくても良い、という見方もできます。

治療と時間の関係

AGAの治療には時間がかかります。最低でも数カ月は必要になりますし、長ければ数年も治療し続けなければ完治しない可能性もあります。

当然治療が長くなればなる程治療費も多く負担しなければなりませんので、効果を得られやすい服用タイプを使用して、費用をできるだけかけないようにする人が多いです。

どちらも効果あり

AGA治療薬はいくつも登場しており、塗布タイプの商品や服用タイプの商品など多様ですが、どちらの方が良いとは一概に言うことはできません。
どちらも共に効果はありますので、あとは自分目指す治療を選ぶだけということになります。

お金をかけずに治療したいという方は服用タイプを、副作用はあまり好ましくないと思えるのならば塗布タイプの商品を活用していくと良いでしょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る