皮膚科の治療方法とジェネリック育毛剤

自分に合った育毛剤

phm06_0329-s
現在は科学の力で薄毛は治療できる時代で、様々な育毛剤が店頭に並ぶようになりました。
ひとえに育毛剤と言っても、形も多様です。

頭皮の環境をケアするタイプのものだと、シャンプーやコンディショナーに薬が組み込まれていることもありますし、育毛専門のトニックなどもあります。

飲み薬タイプの育毛剤もありますので、症状に合った商品を選ぶ必要があります。

しかし、あまりに種類が豊富であるがために、どれを使用したら良いのか分からない、という方も多いのも事実です。

そのため、そういった方は手当たり次第に育毛剤を購入し試してみて、自分に合った物を探すという「数打てば当たる」作戦に出る人も多いのです。
理想は一発ではげ治療が可能な商品とめぐり合うことですが、それがなかなか難しいのが育毛における問題となっています。

皮膚科での診療

はげの治療は個人で行うこともできますが、自分に合った育毛剤を探すのに手間取ってしまうと、なかなか治療を進められないため時間を無駄にしてしまうケースが多いです。

だからこそ、時間を大切にして一刻も早くはげ治療をしたい場合には、皮膚科での診療をお勧めします。専門家に見てもらえば、すぐに自分の症状に合った育毛剤を処方してもらうこともできますし、薬の説明を受けることも可能です。

皮膚科で処方されるのは…

phm06_0142-s
日本国内でAGA治療の内服薬として認可されている薬は2種類あります。
それがプロペシアとミノキシジルタブレットです。

AGAは若い人にも猛威を振るう病気ですが、これは頭皮環境ではなく毛根部にて悪玉男性ホルモンができてしまうのが原因となっています。

プロペシアやミノキシジルタブレットは、悪玉男性ホルモンの発生を抑制する力を持った薬ですので、これを服用すれば治療することが可能なのです。
皮膚科にて処方される薬は、大抵の場合はこれら2つの薬です。

これらの薬は値段が高く、そして保険も適応外であるために費用がかかってしまいがちです。
そのため、皮膚科に行けば治療自体は行ってもらえるものの、懐が寒くなってしまいますので、メリットとデメリットを比較した上で診療してもらう必要があります。

専門的な治療とジェネリック医薬品

育毛剤の種類は多く、物によって効き目も変化してきますが、育毛剤の中でも特に効果が強いのが、皮膚科でも処方されるプロペシアとミノキシジルタブレットの2つです。

しかし値段も高く、なかなか手が出しにくいのが問題となっています。

そこでお勧めなのがジェネリック医薬品です。
含まれる成分は全く同じでも価格は安く抑えられているジェネリック医薬品を活用すれば、唯一の問題も解決でき、薬の効果も実感できることになります。

プロペシアとフィンペシア

プロペシアの中に含まれるフィナステリドという成分はAGAに対して強い力を発揮することになります。
プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアもそれと同様で、フィナステリドが含まれているため、AGAに効果があります。

しかし値段には差があります。
プロペシアの値段は1錠あたりに換算すると、およそ200円から300円弱となりますが、それに対しフィンペシアは1錠あたり20円から60円程度ですので、一目瞭然です。

フィナステリドは服用し続けることで徐々に効果を発揮していく成分で、AGAの治療をする場合には少なくとも半年間、長いと数年間服用し続けなければなりません。

これらの薬は1日錠の服用が必要ですので、1年間で考えるなら5万円以上も差が出てくることになります。

購入方法について

プロペシアの購入方法は医師に処方してもらう方法と個人輸入をする方法の2種類となりますが、対してジェネリック医薬品であるフィンペシア等は個人輸入のみとなります。

現在では情報通信も発達してきていますので、インターネットを介して注文すれば、家にいながらにして商品を得ることが可能です。
個人輸入の手続き等が面倒だという方は、これを代行してくれる業者も多いですので、代行業者を活用してみることをお勧めします。

塗るタイプのジェネリックもある

上記のフィンぺシアのような、飲むタイプのジェネリック育毛剤以外に、塗るタイプのものもあります。
これは、ミノキシジルを含む医薬品であり、頭皮に塗布することで効果を発揮します。

飲むタイプ同様、個人輸入のみで入手可能であり、正規の医薬品よりもかなりコストを抑えることが可能。
育毛剤の飲用に抵抗があるという方は、こちらを検討してみてください。

強い薬も注文可能

プロペシアよりも強いAGA治療薬もいくつかありますが、これらについてもジェネリック医薬品がありますので、より強い薬で治療をしたいという方でも値段を気にすることなく治療を開始することが可能です。

ミノキシジルタブレットやデュタステリド等も扱っている個人輸入代行業者もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

値段を気にせず皮膚科と同じ治療が可能

値段が高いということではげの治療を諦める人も多いですが、ジェネリック医薬品を活用すれば誰でも簡単に治療を始めることが可能です。
しかも、その効果は皮膚科で受けられる治療方法とほぼ同じです。

お金に余裕が無いからという理由でAGAの治療を諦める人も多いですが、やり方次第では安く抑えられます。

ジェネリック医薬品を上手に活用して、髪の悩みを一手に解決していきませんか?

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る