ジェネリック育毛剤でAGA治療の費用削減

誰でも簡単に治療できる?

921332a49b8e78c9bc5d488cfd6bdf7e_s
男性型脱毛症によって失われた頭髪は治療によって取り戻すことができる時代になりました。
お金さえあれば治療薬を購入し服用することが可能ですが、問題もあります。
それは男性型脱毛症(AGA)に効くとされている治療薬は非常に高価であるということです。

また、加えて他の治療方法も実践してみるとなればより多くの費用が発生してしまいます。
そのためAGAの治療は誰でも簡単に行えるわけではありません。

それでも髪を諦められない人は、治療費をいかに安く抑えられるかが重要となってきます。

ジェネリック医薬品の活用

費用を考えるのならば、ジェネリック医薬品を活用することをお勧めします。

新しい技術は特許を取得するのと同じように医薬品にも特許が存在し、これの期間が終わった後に安く作られたのがジェネリック医薬品ですが、薬に含まれている成分については先発医薬品と何ら変わりはありませんので、得られる効用も同じになります。

値段だけはかなり安くなっていますので、ジェネリック医薬品を活用すれば、高い治療費が問題のAGA治療薬の難点を克服することが可能です。

長期間の服用が必要

calender
AGAの治療薬として人気が高いのは、先発医薬品であるプロペシアという薬です。
プロペシアにはフィナステリドという成分が入っており、これがAGAに対して効果を発揮するわけですが、一度服用すればたちまち治るというわけではありません。

効果が現われるまでには少なくとも半年以上の時間が必要で、この間毎日服用し続けなければならないのです。

ジェネリック医薬品にも同じ成分が入っていますので、こちらを服用する場合でも同じことが言えます。
前記の通りプロペシアは値段が高いので、更に加えて長期間の服用が必要となれば、かかる費用もそうとうな額になってしまいます。

そこで登場するのがジェネリック医薬品です。効果は同じで服用しなければならない期間も同じですが、先発医薬品であるプロペシアと比較すると値段は低く抑えられていますので、長期間服用したとしてもそれほどの額には至りません。

ジェネリック医薬品を活用すれば、お金に余裕を持って治療を進めることが可能です。

ジェネリック医薬品の値段

それでは、ジェネリック医薬品は先発医薬品と比較してどの程度値段に差が出るのかを見てみましょう。

プロペシアとの比較

先発医薬品のプロペシアは販売しているお店にもよりますが、最新のデータによると28錠入りで5682円から7980円となっています。1錠当たりの値段はおよそ203円から285円です。

これに対しジェネリック医薬品であるフィンペシアは100錠入りのものならば2600円程度です。

1錠当たりに換算すると、およそ26円となり、その差は一目瞭然です。

これらの数字を参考に1カ月あたりの治療費を計算すると、その差は5000円以上となります。
当然ですがAGAは治療薬を1カ月服用し続ければ治るというわけではありません。

年単位で服用し続けなければなりませんので、その点を考慮すれば、ジェネリック医薬品を選ぶかどうかというだけで年間5万円以上の差が出てきます。
効果は同じであるにも関わらずこれほどの差があるならば、安い方を選んだ方が得に思えます。

ロゲインなど塗るタイプも

ジェネリック育毛剤は飲むタイプだけではありません。

塗るタイプの育毛剤として日本で市販されている、「リアップ」にもジェネリックがあるのです。

これには、ロゲインやポラリスなどが挙げられ、いずれもリアップ同様に有効成分のミノキシジルが含まれているため、その効果について心配は要りません。

上記のプロぺシアとフィンぺシア同様、価格にもかなりの差があるため、ジェネリックを活用することで費用をかなり削減することができるでしょう。

浮いたお金で

年間5万円以上もの差が出るならば、浮いたお金を他に回すことも可能です。
遊びに使ったり生活費に回したりするのも良いでしょう。この浮いたお金を使って、他の治療方法も実践してみることも可能です。

AGAの治療は勿論医薬品を服用することでも可能ですが、その他にもいくつか方法はあります。
例えば頭皮環境を整える塗り薬を使用したり、髪や頭皮に良いシャンプーを使用したりと、いくつも治療方法がありますので、更に髪が生えてくるように浮いたお金を活用するのがお勧めです。

服用期間を減らすためには

治療期間を減らせばかかる費用も減ることになりますので、薬は効率的に服用していくべきです。
薬の効果を最大限に引き出す方法としては、服用のタイミングをいつも同じ時間にするのがお勧めです。

基本的にいつ服用しても良いとされている薬ですが、例えば1日目は朝に、2日目は夜に、3日目も夜に、といった具合に服用のタイミングにばらつきがあると、薬の効果もなかなか発揮されません。
効率良く服用して、より費用を安く抑えてみてはいかがでしょうか。

コストダウンは可能!

ジェネリック医薬品を活用すれば、値段が高い薬と同じ効果を安い値段で得ることが可能です。
また、よりコストダウンを目指すのであれば効率良く薬を服用していくことも重要です。

服用しなければならない期間を短くして、薬に割く金額を減らしていきましょう。

価格が高いからという理由で、はげの治療を諦めていた人は、ジェネリック医薬品を活用してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る