選ぶ病院によってAGA治療は変わる

若い人もかかり得るAGA

226948b94effd949b02cd11061cdb3d0_s
男性型脱毛症(AGA)は若い人でもかかり得る病気です。
30代の人でもかかってしまう方もいますし、中には20代であるにも関わらずかかってしまい、若くして頭髪の悩みを抱えてしまう方も増えてきています。

治療法は確立されていますので安心してください。
お悩みと正面から向き合って、直向きに治療をしていけば必ず良くなりますので、まずはどのような形で改善に取り組むかを考えることから始めましょう。

髪の悩みは専門家に…

髪が抜け落ちる原因は人によって異なり、それぞれのケースによって対処方法も変わってきますので、専門家の意見を取り入れた上で治療をするのが無難です。

はげの原因がAGAという病気にあるのならば薬を処方してもらうことによって治療が可能ですが、円形脱毛症などの他の病気にかかっている場合もあり、その場合には違う対処法を取らなければ一向に良くなりません。

まずは自分の薄毛の原因を知ることが大切なのです。
ただし、診察してもらうためには費用がかかり過ぎてしまうという可能性もあり、これが唯一のデメリットと言えるでしょう。

AGA治療薬の特徴

904ba58941d76b67552499e52b14d2ef_s
はげの原因がAGAの場合には、おそらくどの病院へ通院したとしてもプロペシアという名前の薬を処方されることになります。

プロペシアにはフィナステリドという成分が含まれており、この成分がはげに有効ということです。

AGAという病気は、体内にてジヒドロテストステロンという成分が生成され、これが毛根に対して「毛を作るな」と命令を出してしまうことによって引き起こされます。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつくことによって生成されてしまいますので、これらの結びつきを止められればAGAの治療ができるということになります。

フィナステリドはまさにこの結びつきの阻害という働きをしてくれますので、プロペシアを服用していればAGAは治療できるのです。

ただしこの薬には難点もあります。それはAGAに対してのみ効果を発揮するということです。

はげの原因がAGAでなかった場合には効果を得られませんので注意して服用しなければならないのです。
そのため服用前には、はげの原因が本当にAGAなのかどうかを確かめる必要があります。

診療にはいくらくらいかかる?

治療に必要となる診療ですが、どこの病院やクリニックを利用するかによってかかる費用も変化してきます。

AGAの治療期間は年単位になることが多いですので、月々にかかる費用はできれば安く抑えたいところです。

一般外来の値段と特徴

一般外来にてはげ治療を進める場合には、一度の治療費は9000円から15000円程度が必要となります。
通院頻度は3カ月から6カ月程度ですので、1度行けば半年間近くは通院しなくても良いことになります。

専門外来と比較すると値段も安いですが、治療法が限られています。

値段が安い分効果の実感もなかなかわきにくいような治療となりますので注意してください。
具体的には検査は行わず、診察もあったりなかったりと、ほぼ治療薬を受け取るためだけの通院となってしまうのが難点です。

そのため、頭髪の現状維持をしたい場合には良いかもしれませんが、治療して増毛につなげたいという人にはお勧めできません。

専門外来の値段は?

一般外来と比較して専門外来はとても高価です。
かかる費用は15000円から30000円程度であり、通院頻度は月に1度ですので、一般外来よりもとても高いことが分かります。

しかしながら、受けられるサービスには雲泥の差があります。

検査も行ってくれて、医師による診察も受けられますし、治療に対する効果が実際に出ているかどうか、通院の度に調べてくれます。
処方される薬もフィナステリドの他にミノキシジルという強めの薬や抗炎症剤など幅広く、個人に合った薬を処方してくれますので、効率的に治療を進められます。

とにかく費用が高い点が何よりもデメリットとなりますが、その分の違いははっきりと出ることになります。頭髪を取り戻したいと思う人は、多少高額でもこちらを選んだ方が良いでしょう。

ジェネリック医薬品の個人輸入

ジェネリック医薬品の育毛剤は、病院で処方される正規品とほぼ同じ成分で構成されており、同様の効果を期待することができます。

その上で、費用を大幅に削減できることが大きな魅力。では、実際にどのくらいの価格で購入できるのかを見てみましょう。

  • プロぺシアのジェネリック「フィンぺシア」
    フィンぺシアは、プロぺシア同様にフィナステリドを含むジェネリックです。
    価格としては30錠で1,840円、150錠で3,440円。150錠を購入すれば、1錠辺り22円程度で手に入れることができます。
    病院で処方されるプロぺシアは、1錠200~300円程度となっているため、その差は歴然と言えるでしょう。
  • リアップのジェネリック「ロゲイン」
    こちら頭皮に塗布するタイプのジェネリック医薬品です。
    価格としては、60mlのものが1本5,000円程度であり、1本7,600円程度が低下であるリアップよりも、かなりリーズナブルに購入することができます。

費用に難があるのならジェネリック医薬品

このように、薄毛を治療するにはいくつかの選択肢があります。もちろん、一般外来、専門外来共に、医師による診察を受けることができるという安心感があるでしょう。

しかし、そのまま治療を継続していくことは、経済的にかなりの負担がかかるものです。
自分の薄毛の原因がAGAだということが分かっているならば、ジェネリック医薬品を個人輸入するという選択肢もおすすめです。

予算や、自分の治療に対するスタンスを加味しつつ、よく考えて判断するようにしましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る