ジェネリック育毛剤の個人輸入は薬事法上違法ではないのか

個人輸入は違法じゃないのか?

a58697174dff37e10b1c1c0946c44dc3_s
日本では、発毛医薬品として2種類の治療薬が認可されています。

厚生労働省によって定められている医薬品認定を通過している、「フィナステリド」や「ミノキシジル」などの成分が入った治療薬です。

基本的には、医師の元に処方されることが前提となります。では、個人輸入はどうなのでしょうか?
個人輸入とは海外で製造・販売されている医薬品を国内に持ち帰ることを指しますが、医薬品を勝手に持ち込むなど違法ではないのか?

気になるところですね。

個人輸入は医薬品も通常の費用より安く手に入ることがあるので、ぜひ利用したいものです。

個人輸入は法律違反ではありません

厚生労働省によると、「ある特例」に当てはまれば違法ではないとされています。薬事法上、個人輸入代理店を通じた入手は法律で認められており法律違反ではないのです。

認められている理由は、個人輸入代理店の販売方法の仕組みにあります。

基本的に脱毛治療は自由診療です。診察料にもお金がかかりますし、処方される治療薬の費用も10割負担です。

脱毛は、生命危機となる要因だとは認められていないため、どうしても保険が適用されません。

また、脱毛治療薬が高額なのはアメリカで特許のある治療薬の値段が上がり、日本製の発毛医薬品の料金も上がっているからだと言われています。
そこで、安く手に入るのであれば個人輸入を大いに活用すべきです。

個人輸入が注目されているわけ

0eb82bb120f7901530697f5e47bc33f6_s
薬事法上、海外の薬品を個人権限で独自に購入することは認められています。
そもそも日本では、発毛医薬品の認可製品が少なくなおかつ海外では最先端を行っているといういケースもあります。

つまり、国外のほうが発毛技術は促進しているにも関わらず日本では多くの方がその効果を実感できていないというわけです。

そこで、法律上違反ではない個人輸入という方法が注目されています。

国が認めた法則に従い、安く効果のある育毛医薬品を手に入れることができるので、活用できるのなら活用したいところです。
厚生労働省は個人輸入に対して、医薬品の種類や量、期間などを定めています。

発毛医薬品の個人輸入代行サービスの利用を考えている方は、法律違反とならないようその仕組みや薬事法について学んでおきましょう。

発毛医薬品を個人輸入する方法

地方厚生局へ申し出る
  • 個人的な使用を目的とした輸入は許可されている
  • その場合治療厚生局へ必要書類を提出する
  • 営業目的ではない証明が必要
  • 税関での確認を受けたうえで輸入できる
  • 売却や譲ることはできない

たとえば一般の方が個人で使用するために輸入する発毛医薬品は、地方の厚生局へ必要書類を提出すれば輸入が認められます。この場合、営業の為ではない輸入だと認められる必要があり、使用するにもその証明が必要です。

また、その医薬品は譲ったり売却することができません。他人のものをまとめて輸入することも法律違反となります。

輸入が規制されている薬品
  • 覚せい剤や覚せい剤の原料となるもの
  • 麻薬などの性品薬
  • 大麻
  • 指定されている薬物または医薬品成分
  • 知的財産侵害物品
  • 野生生物の国際取引に関する条約で定められている原料
  • 期間以上の服用量がある治療薬

まず、外用剤に関しては1品で24個以内、化粧品も同じく24個以内、毒薬または劇薬は1か月分以内、その他の医薬品は2ヵ月以内というように、期間で定められている「量」があります。

また、一般の個人が医療機器を輸入することはできません。

治療薬を輸入する場合は、こういった期間や種類などの条件をクリアする必要があります。

個人輸入方法の流れ
  • 個人が申請を代行してもらい、業者が注文をする
  • 医薬品は現地で用意され、個人に発送される
  • 業者からの発送は法律違反となる
  • 業者がまとめて注文することも薬事法上認められていない

発毛医薬品の個人輸入代行サービスはたくさんあります。

「医薬品の売却、譲渡は違法」なのにどうして代行サービスが成り立っているのか?

それはつまり、個人輸入自体が違反ではないのは、「業者」が関与している中でも、業者が商品を消費者に届けるのではなくあくまで仲介として注文してくれるからなのです。

そのため、個人輸入業者が商品発送をすると違法となります。薬事法ではこういった流れで定められているということを覚えておいてください。

個人輸入代行サービスの仕組みを理解してから購入しよう

個人輸入はその名の通り、医薬品を個人で輸入して買うこと。つまり何があっても自己責任だと言うことです。だからこそ代行サービスがあれば、頼りたいと考えてしまうでしょう。

しかし、良い製品かどうかを見極めるのはあなた自身です。自分の希望を叶えるためには、育毛や、ジェネリック医薬品に関する正しい知識を持つことが大切になります。

代行サービスを活用される方は上手に活用して、発毛医薬品を安く手に入れましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る