高血圧は心配?ジェネリック医薬品の育毛剤と血圧の関係

育毛剤と血圧には関係があるのか

phm06_0153-s
ジェネリック医薬品の育毛剤を使う上で気になるのは、自分の体質と薬の相性です。

服用したり肌に直接つけたりするものなので、元々持っている体質や薄毛とは関係のない病気と育毛剤が、お互いに影響を及ぼし合わないか心配な人もいるでしょう。

その影響が強いと副作用を起こすことにもなりかねません。ここではジェネリック医薬品の育毛剤と血圧の関係について見ていきます。

使う人の血圧によって使えるもしくは使うことが出来ないジェネリック医薬品の育毛剤はあるのでしょうか?

塗布するタイプの育毛剤は血圧に注意

ジェネリック医薬品の育毛剤には大きく分けて2種類があり、「フィナステリド」を含んだものと「ミノキシジル」を含んだものです。

フィナステリドは血圧に影響を及ぼしませんが、ミノキシジルは選ぶ前からや使用中に、使用者の血圧に注意することが必要です。

有効成分の元々の用途に深い関係が

phm06_0496-s
フィナステリドもミノキシジルも、最初から育毛剤の有効成分として発見・開発がされたわけではありません。

血圧に影響をおよぼすかどうかは二つの成分のルーツに関係があります。

有効成分と血圧の関係

ジェネリック医薬品の育毛剤の代表的な有効成分である「フィナステリド」「ミノキシジル」について、血圧の関係を見ていきます。

この二つは使用者の血圧によって服用や使用が出来ないことはあるのでしょうか。

フィナステリドと血圧

ホルモンバランスを整える働きのある「フィナステリド」。男性ホルモンのうちのひとつである「テストステロン」の一部は、「5αリダクターゼ」という還元酵素によって「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換されます。
このDHTには皮脂を過剰に分泌させる働きがあるため、毛穴を塞いで薄毛の原因を作ります。

DHTが増えすぎると薄毛も進んでしまうので、5αリダクターゼの働きを阻害して薄毛の進行を止めたり発毛に繋げたりするのがフィナステリドの役割です。
このフィナステリドは、元々は前立腺肥大症や前立腺がんといった男性特有の疾患を治療するために医療現場で取り入れられていました。

これらの病気の治療を受けている患者の脱毛が少なくなったり薄毛が止まったりしたことから、フィナステリドは育毛剤として使用できるように製剤開発され直しました。

このようにフィナステリドの機能はホルモン周辺の酵素の働きに作用するものなので、血管や血圧には影響がありません。

臨床試験による副作用の調査でも、血圧が異常に上昇した、または下がったというものは報告されていません。

フィナステリドは服用する人の血圧に関係なく、使うことが出来る成分なのです。

ミノキシジルと血圧

「ミノキシジル」は頭皮に直接塗るタイプのジェネリック医薬品に使われています。

ミノキシジルは血管拡張剤となる効果を持っており、血管に異常がある時や高血圧を治療するための経口薬として使われていました。
フィナステリドと同じよう、他の疾患の治療をする途中で薄毛が進むのを食い止める効果が見られたので、育毛剤として改めて承認を得ています。

育毛剤としての効果も、血管を拡張して血行を良くし、頭皮の中の毛母細胞へ栄養素がスムーズに運ばれるようにするというものです。

ただし、内服薬として使っていた時に重大な副作用が報告されたため、ミノキシジルを配合した育毛剤は塗布するタイプのみが販売されています。

血圧を下げる作用があるので、ミノキシジルは低血圧の人が使うことは出来ません。
逆に高血圧の人でも、普段の身体が働いているリズムを崩して影響を及ぼす恐れがあるのでミノキシジルはあまりお勧めできません。

血圧だけでなく、血管に何らかの異常や病気を持っている人も同様です。

血圧の状態に異常がない、健康な人が使用するには基本的に問題はありませんが、めまい・息切れ・動悸・胸の痛みなどを感じた場合は、ミノキシジルからの影響が原因であるとも考えられるので注意しましょう。

具体的な薬品名
  • フィナステリドを含むジェネリック医薬品の育毛剤
    フィナステリド錠のジェネリック医薬品は、「プロペシア」という先発医薬品がもとになっています。
    フィンペシア・フィナロ・エフペシア・プロスカーといった名称の内服薬が、それぞれの製薬会社から販売されています。
  • ミノキシジルを含むジェネリック医薬品の育毛剤
    ミノキシジルを使った育毛剤は、日本では「リアップ」が販売されています。
    ジェネリック医薬品は外国製の先発医薬品「ロゲイン」をもとにしており、カークランド・ポラリス・ジェンヘアー・ツゲインなどがあります。

不安な時は医師に相談を

フィナステリドは血圧に関係なく使用でき、ミノキシジルは血圧の状態や血管の疾患に注意しなければいけませんが、健康な人であれば使用しても問題無いとされています。

しかし、育毛剤に限らず、薬による副作用が出るかどうかは人それぞれで体質にも左右されます。

「健康診断や通院時の検査などで血圧に異常がないと言われているが、本当に使っても大丈夫なのか不安」「血圧に問題はなかったが、ミノキシジル配合の育毛剤を使ってから体調が変化したと感じる」といった場合は医師に相談しましょう。
必要があれば診察を受けることをお勧めいたします。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る