ジェネリック医薬品の育毛剤は大丈夫なのか?

医薬品の育毛剤は安全なのか?

5d8ce5c94531bf2eb04fcf9b9e44cd37_s
服用するタイプの育毛剤は、新薬もジェネリックもどちらも医薬品です。

薬事法の中でも、医薬品と医薬部外品の区別をする基準の中には、その効果と用途の他にも「人体に対する作用が緩和であるかどうか」が定められています。
健康食品やサプリメントは疾患の治療や予防ではなく栄養成分を補給することができるものなので、医薬品の効能はとても強いものであることがわかります。

強い効能を持っているということは、含まれている成分の量は多く、その効果も強いでしょうし、そうなると副作用の心配も考えられるでしょう。

薄毛の治療に医薬品を使うことに不安を覚える人もいると思います。

育毛剤のうち、ジェネリック医薬品の育毛剤の安全性はどのようになっているのでしょうか?

使用しても大丈夫なのでしょうか?

しっかり審査を受けている

ジェネリック医薬品であっても、販売の前にそれぞれの国や地域できちんと審査を受けています。

医薬品である以上は安全性を確かめないまま市場へ出ている訳ではありません。

基準を守った薬作りがされている

b5a5694c1252119d4c58696c1bc21ea1_s
有効成分や添加物の量は体に有害な影響を与えないように設定され、その基準を守って薬は作られています。

品質や副作用などの調査を行う試験もきちんと行われているので大丈夫です。

有効成分と副作用

ジェネリック医薬品の育毛剤に含まれる有効成分の量や、副作用の報告はどのようになっているのでしょうか。

内服タイプの有効成分

ジェネリック医薬品の育毛剤のうち、「フィナステリド」という有効成分を含んだものがあります。これらについても先発医薬品の開発の時から安全性の確立がなされてきました。

フィナステリドの働きはホルモンバランスを整えることです。

男性ホルモンのひとつである「テストステロン」が過剰に分泌され、「5αリダクターゼ」という酵素によって代謝されると、薄毛の原因を作る過剰な皮脂の分泌を促してしまいます。

フィナステリドの働きは5αリダクターゼの作用を阻害することです。

この5αリダクターゼによって代謝された後の男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」は前立腺肥大症や前立腺がんの原因のひとつであると考えられており、フィナステリドは元々これらの治療のために使われていました。

前立腺の病気の患者に投与されるフィナステリドの量は1日あたり5mgですが、育毛剤として使う場合は1日あたり1mgまでと決められています。
先発医薬品であるプロペシアも、フィンペシア・フィナロ・エフペシア・プロスカーといったジェネリック医薬品も、この有効成分量は変わりません。

「ジェネリック医薬品だと効果が落ちるのでは?」という心配もありませんし、この有効成分量は何度も試験を繰り返して審査を受けた結果決まったものなので、過剰な成分を体内に取り込むことはありません。

有効成分量に関しても、ジェネリック医薬品を使って大丈夫なのです。

内服タイプの副作用

医薬品と聞くと副作用を心配する人もいるでしょう。フィナステリドによる副作用が起こる確率はかなり低いことが臨床実験で証明されています。

具体的には、性欲の減退:1.8%、勃起機能の低下:1.3%、うつ症状:1.0%、精子量の減少:1.1%、その他に数値化できない程度の数で起こったのは肝機能障害、体のだるさ、めまい、蕁麻疹といった症状です。

性欲の減退については臨床試験において、本物のフィナステリド錠剤と偽薬(プラセボ)を両方使用して検証しました。

そのうち半数近くの性欲減退は偽薬を飲んだ時に起こっているので、実際にフィナステリドによって引き起こされる確率はもっと低いと考えることが出来ます。

副作用の報告数値が低い上に、中でも性欲の減退は気分や体調にも左右されるので、考えすぎなくて大丈夫だと言えますね。

また、ジェネリック医薬品の育毛剤のひとつであるフィンペシアには、以前「キノリンイエロー」という着色料が使われていました。

このキノリンイエローが原因と考えられる薬疹がみられたことがありましたが、現在はキノリンイエローが使われていない新しいタイプのフィンペシアも販売されています。

塗布タイプの副作用

内服するタイプのフィナステリド錠の他にも、頭皮に直接塗るタイプの育毛剤もあります。「ミノキシジル」という有効成分を含んだ育毛剤であるリアップは、アメリカではロゲインという名前で販売されています。

このロゲインのジェネリック医薬品には、カークランド・ポラリス・ジェンヘアー・ツゲインといったものがあります。

ミノキシジルは血管を拡張して血行を良くする効果があり、副作用として低血圧、頭以外の部位の体毛が濃くなる多毛症が報告されています。

また、皮膚に直接付けるので、肌質によってはミノキシジルや一緒に含まれているアルコール成分でかゆみやニキビが起こることがあります。

ミノキシジルを含むジェネリック医薬品の育毛剤による副作用は体質や肌質によって左右されやすいので、自分の体のことを把握し様子を見ながら使えば大丈夫です。

試験や審査がきちんと行われているので大丈夫

医薬品は開発中にも何度も成分量や適切な効果が出るかの試験を繰り返し、その後も販売する国や地域で審査を受けています。

用量と用法を守ることで、医薬品でも安全に使うことが出来るのです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る