厚生労働省の見解から考える、ジェネリック医薬品の有用性

厚生労働省が考えるジェネリック医薬品とは

7950f04b0d98810bbf2d3c6fe3e56067_s
医薬品を日本国内で処方および販売することができるようになるには、厚生労働省に申請をして承認を受けることが必要です。

ジェネリック医薬品の育毛剤も海外でいくつかの製薬会社が開発して販売していますが、いずれも日本国内では承認を受けていません。

そのためジェネリック医薬品の育毛剤は処方やドラッグストアーなどでの店頭販売では購入することは出来ないのですが、この育毛剤を服用すること自体が禁止されているわけではありません。

日本国内でまだ承認を受けていない薬やジェネリック医薬品について、厚生労働省はどのように見解を示しているのでしょうか?

また、こういった医薬品を使用することで得られるメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

厚生労働省はジェネリック医薬品を推進している

厚生労働省では、患者の医療費負担の軽減や医療保険財政の改善のため、ジェネリック医薬品の使用を推奨しています。

現在でもジェネリック医薬品を使っている医療機関や患者はいるのですが、先発医薬品に比べてその割合はまだまだ低いため、さらなる普及に取り組んでいます。

服用者としての最大のメリットは、医療費を安く抑えることが出来る点です。

ジェネリック医薬品は金額の負担が少ない

755a2011258abb057281bd9377b8946d_s
ジェネリック医薬品は先発医薬品の製造方法や成分のデータをもとに開発されるため、開発費用や承認申請にかかる手順、それらの過程にかかる時間を先発医薬品よりも抑えることが出来ます。

結果的に先発医薬品よりも安価で購入することが出来るものが多く、患者や医療保険財政への負担も少なくなるのです。

未承認薬のジェネリック医薬品を使う選択

国内で承認されていないジェネリック医薬品を使うことにはメリットも多くあります。

ジェネリック医薬品の普及推進

厚生労働省では、『ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、先発医薬品と同一の有効成分を同一量含み、同一経路から投与する製剤で、効能・効果、用法・用量が原則的に同一であり、先発医薬品と同等の臨床効果・作用が得られる医薬品をいいます。

研究開発に要する費用が低く抑えられることから、先発医薬品に比べて薬価が安くなっています。

ジェネリック医薬品を普及させることは、患者負担の軽減や医療保険財政の改善に資することから、政府としても、2012(平成24)年度までに後発医薬品の数量シェアを30%以上にするという目標を掲げ、使用促進のための環境整備を進めているところです。

 

承認されていない薬も多い

厚生労働省がジェネリック医薬品の普及を進めている一方で、「海外に比べて日本での医薬品の承認が遅い」という問題もあります。

海外では安全性や有効性が証明されて承認を受け販売されているのに、日本では承認・販売がされていないという薬剤は多くあります。ジェネリック医薬品の育毛剤もそのうちのひとつです。

他国で承認を受けて販売された薬が自国で同様に販売されるまでの平均期間を見てみると、アメリカでは1年半弱、ヨーロッパ各国ではほぼ2年以内なのですが、日本では5年近くという期間がかかっています。

日本での製剤開発の開始や申請にかかる期間がこれら他国よりも遅いこともその理由のひとつですが、外国と日本では人種や自然環境と社会環境、様々な疾患の発生率や治療方法などが異なります。

日本国内に住んでいる患者に適した臨床試験を行って、日本国内における安全性と有効性をきちんと確認する必要があるのです。

つまり、「日本国内ではまだ承認はされていないものの、安全性と有効性がしっかりしている薬はたくさんある」と考えることも出来ます。それを踏まえると、先発医薬品と同じ効果を持っていながら安価で使うことが出来るジェネリック医薬品の育毛剤の有用性はとても高いといえるのではないでしょうか。

育毛剤の値段の比較

実際に服用するタイプの育毛剤の大まかな値段を比較してみましょう。

先発医薬品の育毛剤は病院で処方してもらうことが出来ますが、薄毛の原因が疾患であるとみなされないため自由診療となり、国民健康保険が適応されません。
従って診察料や薬の代金は全額負担になります。

診察料と薬価は各医療機関が自由に設定出来るようになっているので、ハッキリと決まった値段はありませんが、薬の価格は1錠250円が目安です。

これを毎日1錠ずつ服用するので、1ヶ月の薬価は約7000~8000円になります。

薄毛対策は長期間のケアが必要なので、これを半年~数年は続ける必要があります。

もちろん薬価の他にも診察料、初診料または再診料がかかる計算になります。

一方でジェネリック医薬品の育毛剤は1ヶ月分にあたる30錠が2000~3000円ほどで、その他に必要になる費用はネット通販を利用した際の支払手数料や送料程度です。

ジェネリック医薬品は安心で経済的

ジェネリック医薬品の育毛剤は日本国内では承認されていないものの、厚生労働省の動きはジェネリック医薬品の推奨と未承認薬の承認数を増やしていく方向で進んでいます。

ジェネリックの育毛剤も他のジェネリック医薬品と同様に先発医薬品と成分や効果は変わらないため、安全な薬を安価で使用することが出来るのです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る