ジェネリック医薬品の育毛剤を使い始めるタイミングはいつ?

ジェネリック医薬品の育毛剤を始める時期とは

49d4b1c255ef1cb88e4b93b478786a16_s男性が持つ大きな悩みのうちのひとつである、薄毛や脱毛。

年齢としてはまだ若いうちから「最近薄毛が気になり始めた」という人もいると思います。

髪の毛が少なくなると実年齢よりも老けて見えたり、いつも疲れたように見えたり、これまでのイメージやオシャレさが損なわれたりと、見た目や身だしなみにも影響が出てきます。

まだまだ若々しくありたい人にとっては、薄毛はどうにかして改善したい悩みですよね。

しかし、「薄毛対策をするとしても、育毛剤をいつから使えば良いか分からない」ということはありませんか?

今の自分の状況で始めるのはまだ早いのではないか、と考える人もいるでしょう。

若い人は「この年齢で育毛剤を使うのは恥ずかしい」と感じるかもしれません。そう言って薄毛になってしまっても困りますよね。

育毛剤の中には頭皮に直接塗るタイプの他に服用するタイプでジェネリック医薬品のものがあるのですが、このジェネリック医薬品の育毛剤はどのくらいの薄毛になったタイミングで使い始めれば良いのでしょうか?

気になったら始めよう

ジェネリック医薬品の育毛剤を使いはじめるタイミングは、ズバリ「薄毛が気になり始めたら今すぐ」です。

薄毛に限らず、何であっても「今すぐに処置を行う方法」「様子を見ながら対処する方法」がありますが、薄毛に関しては「今すぐに処置を行う方法」を取る必要があります。

薄毛の原因によって手遅れになることも

7752a09683a745d12d3f061e3c242fb2_s
薄毛が気になり始めたらすぐに対処しないといけないのは、薄毛と脱毛が起こる原因とメカニズムにあります。

ジェネリック医薬品の育毛剤も思い立った時に始めないと、薄毛の進行が”手遅れ状態”になってしまうのです。

対処が遅れれば遅れるほど進む薄毛

「薄毛が気になるが、育毛剤を今から始めるべきなのか…」と悩んでいる間にも脱毛はどんどん進行しています。

薄毛の原因には、頭皮の毛穴が過剰な皮脂や汚れで詰まってしまうことが大きく関わっています。

薄毛は何故起こるのか

本来なら髪の根幹にある毛乳頭が毛細血管から栄養素を吸収し、髪の毛のもとになる毛母細胞にその栄養素を渡していきます。

しかし、毛穴の詰まりによって毛乳頭の働きが鈍くなると毛母細胞にも栄養素が行き渡らず、髪の毛が生えなかったり、生えても強い髪にならずに早いうちに抜け落ちたりしてしまうのです。

こうした毛乳頭と毛母細胞の働きを過剰な皮脂や汚れが邪魔してしまうようになる根本的な原因は以下のように考えられます。

  • 頭皮の血行不良
  • 過剰なストレス
  • 頭皮に送られる栄養素の不足
  • 生活習慣の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ

さらに、毛母細胞は一度死んでしまうと生き返ることはありません。

薄毛になった上に毛母細胞が死んでしまった箇所には、新しい髪はもう生えてこないのです。

蓄積による薄毛だから時間がかかる

脱毛と薄毛が進行する原因を挙げましたが、これらの要素が生活の中にあったからといってすぐに薄毛になってしまう訳ではありません。

毛母細胞と髪の毛に影響を及ぼし、脱毛と薄毛の進行という形で現れてくるのは、これらの原因が蓄積されてきた結果なのです。

薄毛が進行しているということは、頭皮の状態もかなり悪化しており、悪い状態が長く続いているという証拠です。頭皮の環境を整え、健康な髪を生やしていた頃の頭皮に近い状態に戻していくのには、時間と手間がかかることはお分かりですよね。

逆に言えば、始めるのが早ければ早いほど薄毛の進行を止めやすいということなのです。

ジェネリック医薬品の育毛剤の効果

服用するタイプのジェネリック医薬品の育毛剤は、こうした薄毛の原因のうちホルモンバランスの乱れに働きかけます。男性ホルモンである「アンドロゲン」はヒゲや腕などの体毛を増やして伸ばす役割も持っています。

しかし、アンドロゲンに属する男性ホルモン「テストステロン」「5αリダクターゼ」という酵素によって代謝されると、皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。

その結果、毛根が皮脂で詰まって薄毛の原因になるのです。

つまり、テストステロンが過剰に分泌されるほど代謝される量も多くなり、脱毛が進行しやすくなるわけですね。

ジェネリック医薬品の育毛剤は5αリダクターゼの働きを阻害し、皮脂の過剰な分泌を防ぐ効果があります。

しかし、医薬品の育毛剤は他のものより効き目が早いと言われるものの、ホルモンバランスを整えるという作用は一朝一夕では完成しません。

やはりジェネリック医薬品の育毛剤も、早く始めて続けることが効果を引き出す大切なポイントなのです。

薄毛が手遅れにならないために

年齢を重ね、体の働きが変化することでも脱毛と薄毛は進行していきますが、普段の生活環境や生活習慣が原因で若いうちから薄毛に悩んでいる人も増えています。20~30代の人は特に「こんな歳から育毛剤を使うなんて…」と感じるかもしれません。

しかし、薄毛の進行は待ってくれませんし、このまま薄毛の原因がある環境で生活を続ければ手遅れにもなりかねません。

ジェネリック医薬品の育毛剤も他の育毛剤と同様、「薄毛が気になり始めたら今すぐ」始めるのがベストなタイミングです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る