育毛剤で最も安全な治療薬はないの?

育毛剤は安全なのか?

ia64120400017
育毛剤だけに限らず、一般的な治療に活用される薬には副作用というものがあります。

医薬品に限らず、医薬部外品でも副作用のある製品はたくさんあります。

そこで、育毛剤に配合されている成分は安全なのか?効果があるの製品は特に人体への影響が気になります。

たとえば第一類医薬品として使われる育毛剤でも、湿疹やかゆみ、かぶれなどの副作用があると明記されています。

そんなことが書いてあると怖くて気軽に活用できませんよね。安心して育毛剤を活用したい方はぜひチェックしましょう。

人体への影響とは?

たとえば、これは薬事法でも明記されていますが「効果が高いものほど副作用の心配も多い」と書かれています。

医薬部外品は効果も少ないが、人体への影響は少ないというものです。

結論としては、「100%安全だ」と保障されている育毛剤は少ないということ。「副作用の心配は少ない」と言っても育毛剤を使って副作用が出たと報告する方がゼロとは限らないのです。頭皮も体の一部分です。

ただ髪の量を増やしたいだけでも、頭皮に直接薬を塗り付けるのですから、肌が弱い人は荒れてしまいます。

こちらでは、医薬部外品、医薬品に限らず育毛剤は安全なのか、ご紹介します。

育毛剤には副作用がある

92fb1aa9ac6a380fc88a98747c89c5d9_s
たとえば抜け毛や薄毛にも種類がありますが、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる脱毛症が一般的に「薄毛」「抜け毛」と言われる症状です。

AGAに最も効果のある育毛剤としてプロペシアミノキシジルが多く活用されています。

プロペシアには性機能関連の副作用が報告されていて、ミノキシジルには低血圧、頭痛、めまいなどが報告されています。

女性の場合は、婦人科系関連の副作用を起こす可能性があるため、プロペシアが処方されることはありません。

基本的に「育毛効果が高い」ものほどこういった副作用のリスクが高く、医薬品である以上避けられないことです。

では、安全な育毛剤とはどういった製品なのか?調べてみましょう。

育毛剤の危険性について

医薬品には副作用がある
  • 性機能障害
  • 妊娠中の胎児への障がい
  • 血圧の低下
  • 頭痛やめまい、手足のしびれなど
  • 胃腸や肝臓への負担

医薬品にはこういった副作用の記載がありますが、発症率はそれぞれ10%以下と低く、性機能障害や血圧なども全体を通して5%と確率が低くなっています。

できるだけ効果を高め、安全性を重視したものが多いようですがやはり副作用が起こることもあります。
多いのは、「頭皮のかゆみ」「フケ」「頭皮にピリピリとした痛み」など。

塗るタイプの育毛剤はこういった副作用が多く、医薬品の飲み薬は副作用の発症が低くなっています。

100%安全ではありませんが、医薬品の場合は医師としっかり相談して飲んでいきたいですね。

ジェネリック医薬品の特徴
  • 薬品の有効性と安全性を確認したものだけ使用されている
  • 効果がある成分だけを使用している
  • オリジナル医薬品とは、成分は同じでもカプセルなどの外部コーティング剤は異なる
  • 認可試験を繰り返し行うわけではないため販売しやすい

これらの特徴を踏まえると、少し危険ではないのかと判断される方が多いでしょう。

ジェネリック医薬品は薬品の有効性や安全性がすでにオリジナル製品によって認められているので、一定の基準を満たすだけで販売認可がおります。

追加試験がないという点では危険に感じますが、低価格を目的として製造されるものをわざわざ追加で成分を足したり、危険なものを含めたりして販売しているジェネリック医薬品はありません。

同じ効能を持つ製品なことは間違いありませんが、錠剤の場合コーティング剤やカプセルなど主要成分とは関係のない成分は、ジェネリック品のオリジナル成分となります。

そこで、オリジナル品とは少し差がありますが、多くのジェネリック医薬品が安全で、育毛効果の高い製品となっています。

市販育毛剤の特徴
  • 安さばかりを考えた頭皮にダメージを与える製品がある
  • 医薬品には含まれない添加物が多い製品がある
  • 医薬品のような副作用はない
  • 男女兼用で使えるものなどが開発され、効果が薄い製品ばかり

市販の育毛剤といえば、「安くて効果が薄い」とイメージを持っている方が多いでしょう。

実は、育毛効果の高い市販育毛剤はありますが、決して安全だと保障されている製品ではありません。
不要な添加物や主要成分の効能を薄めてしまう成分が配合されている商品もあります。

安全な製品を選びたいのなら、添加物の入っていない製品を選びましょう。

また、育毛成分を強調して謳っている製品でも危険なものもあるので、市販育毛剤選びには注意が必要です。

その点を考えると、安さばかりで選んでいては失敗する可能性があります。

しっかりと効果を実感したいのなら、副作用の危険性を考えるより市販育毛剤の危険性を考え医薬品、ジェネリック品を活用した方がしっかり育毛できるかもしれませんね。

ジェネリック医薬品が最も安全である

「無理して副作用のある医薬品を使わない方が良い」などとよく言われていますが、医薬品ばかりが悪者だと考えていませんか?

しっかり効果を実感するには、医薬品に頼らなければいけないこともあります。

ですが市販の低価格な育毛剤では、効果を感じられず脱毛が進行してしまったという方も多いのが現状です。

効果と経済面、安全性、3つの観点から選ぶならジェネリック医薬品が最も安全で確かです。ジェネリック育毛剤はすでに世に出回っている安全で確かな効果のある製品から、同等の効果を得ることができる成分をとりいれただけの低価格製品。

安さで選ぶと失敗すると考えている方は、安くて安全なジェネリック医薬品をお試しください。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る