AGA治療薬・育毛剤の個人輸入代行利用ガイド

AGA治療薬・育毛剤は個人輸入代行を使おう

AGAジェネリック医薬品の多くは国内では認可されておらず個人輸入で手に入れる必要があります。

個人輸入は薬事法によって定められた医薬品や化粧品の範囲内であれば個人的な使用に限り輸入が認められています。

個人輸入代行業者から購入することで業者が面倒な手続きなどを負担してくれるため簡単に手に入れることができます。

だれでも簡単に利用できます

ジェネリック医薬品は先発薬と同じ効果や効能が安価で手に入るため長期の治療期間が必要になるAGAの治療費用を大幅に減らすことができます。

しかし、AGAの治療に使用されるジェネリック医薬品や育毛剤はほとんどが、現在の日本ではAGA治療薬として認可されていません。

そのため手に入れるためには個人輸入が必要になります。

利用方法も通販と同じ感覚で、ネットで注文して待つだけです。

安心して利用できるサイトを見つけましょう

2eee78ba501920fb319a041ac15de09f_l現在日本で認可されているAGA治療薬や育毛剤は内服薬のプロペシアと外用薬のリアップのみで、ジェネリック医薬品は個人輸入によって海外から購入する必要があります。

しかし、個人輸入には手続きや輸入コストがかかるなどの問題があります。悪質な海外サイトに注文したため粗悪品や偽物が送られてくるなどのトラブルの原因に。

そこで、個人の代わりに輸入代行業者を利用することで、簡単に確実に商品を手に入れることができます。

個人輸入代行をうまく利用して輸入を簡単に

AGAの治療薬を海外から輸入している人はほとんどが輸入代行サイトを利用しています。

中には輸入代行を名乗って粗悪品を売りつけたりする業者も存在します。

輸入代行業者を利用するときは信頼できるサイトや会社をえらび使用者の評価や感想もしっかり調べてからきちんとした正規品の輸入がされていることを確認する必要があります。

AGA・育毛用ジェネリック医薬品は個人輸入でGET!

治療期間が数か月~数年と長期的なAGA治療において1番の壁となるのは治療費や薬代ではないでしょうか?

ここ数年でAGAの改善を目的とした専門クリニックも少しずつ増え、男性の脱毛は薬で治療できる時代だという考え方を持つ人は多くなったように感じます。

クリニックの受診や認可医薬品の使用を続けるには毎月数千円~数万円を超える出費に・・・。

そこで、正規品と成分や効果・効能が全く同じで低コストのジェネリック医薬品が注目され始めました。

しかし、日本国内ではAGA治療薬のジェネリック医薬品は認可されていないため購入することができず、入手するためには個人輸入という形で海外から輸入する必要があるのです。

個人輸入ってどういうこと?

個人輸入とは、医薬品や化粧品、サプリメントなどを個人的に使用する目的で海外の通販サイトなどから直接輸入することです。

医薬品の個人輸入については薬事法で定められ、輸入する薬によって1度に輸入できる数量が制限されています。

以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。 当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

また、輸入には、商品代金のほかに海外送金手数料や送料など輸入におけるコストが必要になります。

個人で輸入できる薬には処方箋や診断書が必要なものもありますが、薄毛の治療薬や育毛剤は対象とされていないので自己判断での輸入が可能です。

しかし、輸入は手続きも国内発送の時とは違う点も多く輸送コストもかかりますし、自己判断だといっても海外の通販サイトの中には悪質な業者も存在していて粗悪品や偽物が送られてくるリスクもあります。

そこで、安全に薬を入手したいなら個人輸入代行をしている業者から入手するのが安心です。

個人輸入代行会社を利用して確実に正規品をGET

6ef85ad44014173352dfe00d62885b98_s個人輸入代行会社とは、名前の通り個人に代わって輸入における面倒な手続きを負担し注文された輸入商品を個人に配送してくれる会社です。

つまり、私たち購入者は国内でネットショッピングをするのと同じようにサイトをみながら輸入したい薬を選んで注文するだけ。

とはいっても、中には悪質な個人輸入代行サイトもあります。

例えば、正規品と偽って類似品や状態の悪い粗悪品を配送して来たりする業者もあるようなので、個人輸入代行をする場合にはきちんとした実績や信頼がある会社を選びましょう。

実際に使用した人の感想などをしっかりリサーチしてから利用するのも非常に大事です。

個人輸入医薬品を使用するデメリット

個人輸入でジェネリック医薬品を使用する一番のメリットはコストの削減ですが

  • 正規品との表記がある場合でも、有効成分の配合有無が確かではない場合がある。
  • 添加物などに、日本では認可されていない成分が配合されている可能性がある。
  • 自己判断での服用のため本当に症状に適した薬であるかの判断ができない。
  • 副作用などが起きたときに相談する専門医を探さなくてはいけない
  • 他に服用している薬がある場合、飲み合わせに十分注意する必要がある。

などのデメリットもあります。

しかし、ジェネリック医薬品は輸入代行業者を利用して正しく使用すればAGA治療や育毛における負担を大幅に減らすことができます。

メリット・デメリットをよく考えたうえで輸入代行会社を賢く使い発毛・育毛生活を始めましょう。

個人輸入代行を利用すると簡単で安全

AGAジェネリック医薬品の多くは国内では認可されておらず個人輸入で手に入れる必要があります。

個人輸入は薬事法によって定められた医薬品や化粧品の範囲内であれば個人的な使用に限り輸入が認められています。

個人輸入と聞くと難しそうなイメージがありますが、個人輸入代行業者から購入することで業者が面倒な手続きなどを負担してくれるため簡単に手に入れることができます。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る