ジェネリックのAGA治療薬を使って育毛費用を節約!

AGA治療薬のジェネリック医薬品は安心?

PPC_1manensatu4mai500ジェネリック医薬品とは新しい薬が開発や発売されたときに一定の期間を経て、他の製薬会社から元となる薬とほとんど同じ成分や効果を得られる後発薬として発売される医薬品をさします。

そして、AGA治療薬にもたくさんのジェネリック医薬品が発売されています。

しかし、ジェネリックって本当に効果や品質は安心かきになりますよね。またジェネリックを利用するメリットはどこにあるのでしょうか?

ジェネリック医薬品を賢く使って治療の負担を軽減

ジェネリック医薬品を選ぶ一番のメリットは”コスト”にあります。

AGAの治療はそんな方法でも短期間で結果が現れてくるわけではありません。

そこで、ネックとなってくる薬の費用はジェネリック医薬品を利用することで大幅に軽減できます。

また、AGAのジェネリック治療薬の多くは世界中の大手製薬会社から発売されているものなので品質に関しても安心できるものがほとんど。先進薬と変わりない効果を感じることができます。

使用者の多さが効果を証明しています

AGA治療のジェネリック医薬品はどれも世界の大手製薬会社から販売されているため品質管理や成分表記などもきちんとされていて安心できます。

AGA治療の体験や治療中の人に話を聞くとミノキシジルタブレットやエフぺシアなどなんらかのジェネリックを使用している人も多くきちんと効果を実感しています。

そして、最近ではミノタブを治療に取り入れたAGA治療専門クリニックもすこしずつ増えてきているようです。

 

ジェネリック医薬品を賢く使ってAGA治療のコストを減らそう

AGA(男性型脱毛症)の治療や育毛は、基本的に短期間で結果が期待できるものではありません。

外用薬でも内服薬でも、最低3か月・・・長くなると数年服薬を続けて初めて結果につながることもあります。

そこで、長期的な治療を続けていく中で気になるのはやはり“薬の費用”ではないでしょうか?

どんなに真剣にAGAの改善を願っていてもやはり、薬や治療代として何万円も飛んでいくのは避けたいですよね。

そこで、お財布の大きな味方となってくれる存在が“ジェネリック医薬品”なのです。

 

ジェネリック医薬品ってどんなもの?

ジェネリック医薬品は英語表記だとgeneric name drugと記載される後発薬のことです。

どんな薬も最初は安全性や有効性が認められたうえで 特許が申請され“新薬”として発売されます。

そしてその後、特許が切れた後に他の製薬会社から有効成分の含有量、効果や効能、用法用量がオリジナルと同じように開発されたジェネリック医薬品が発売されるのです。

つまり、ジェネリックも元となっている新薬も有効成分の含有量や効果や効能については全く同等と言えます。

しかし、成分や形などが全く同じというわけではなく、添加物の種類、においや味、薬の形状などは異なります。

ジェネリック医薬品のメリット

AGA治療や育毛に対応したジェネリックは非常にたくさんあります。

実際にAGAによる薄毛や育毛の改善のためにジェネリックAGA治療薬を使用している人も多いです。

しかし、ほとんど同じとはいってもジェネリックのAGA治療薬を使用するメリットがあればデメリットもあるのです。

まず、メリットはやはり“費用を抑えられる”ことです。
ジェネリック医薬品は何十億もの資金によって開発された新薬とは違って、もとからある新薬の成分をもとに改良を加え製品化したものです。

つまり開発費用が安いので薬の販売価格を新薬の2~7割に削減させることができます。

ジェネリック医薬品のデメリット

dl23987デメリットは、新薬には含有されていないジェネリック医薬品独自に配合された添加物でアレルギーや拒否反応、添加物質に問題が認められる可能性があることです。

AGAの治療薬でも、プロペシアのジェネリックであるフィンペシアに添加されていたキノリンイエローという着色料に発がん性が指摘され問題になったことがあります。

ほかにも、現時点では日本国内で認可されているAGA治療薬はや育毛剤は、フィナステリド含有の内服薬“プロペシア”とミノキシジル含有の外用薬“リアップ”シリーズのみです。

つまりジェネリック医薬品の購入は個人で海外から輸入するか輸入代行業者から手に入れる必要があります。

ジェネリック医薬品は、メリットやデメリットを考えたうえで賢く使えばAGAの治療や育毛費用を大幅に抑えられ長期的な服用における負担をかなり減らすことができるため、よく考えて使用するようにしましょう。

ジェネリック医薬品で薬の費用を大幅DOWN

製薬会社によって新薬が開発された後に、他の製薬会社から全く同じ成分、効果効能をもっている後発薬をジェネリック医薬品と言います。

ジェネリック医薬品のメリットは何といっても価格!正規品の2~7割程度の根殿で購入することができるので長期的な服薬が必要なAGA治療における費用を大幅に削減できます。

しかし、ジェネリックは個人輸入でしか入手できないなどのデメリットもあります。

メリットデメリットをよく考えて自分にあったAGA治療を行いましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。

法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る