強力な発毛・育毛効果!ミノタブでAGAを克服

ミノタブで本当にAGAを克服できるのか

mino 10mgミノタブ(ミノキシジルタブレット)は日本でまだ認可されていませんが高い発毛作用があり世界中でAGA治療に取り入れられています。

日本では認可医薬品として外用薬が市販されていますが、頭皮の状況や薬液の吸収率などによってあまり効果を感じない人もいます。

そこで、よりミノキシジルの吸収率の高いミノタブに切り替える人が増えているようです。

本当に、ミノタブには高い発毛・育毛効果が期待できるのでしょうか?

ミノキシジルを直接摂取できるミノタブ

ミノタブとはミノキシジルタブレットの略称で先進薬であるロニテンのジェネリックとして発売されました。

ミノキシジルが配合された育毛剤は日本国内で市販されている製品だと、頭皮に直接塗布する外用薬のリアップがあります。

外用薬ではなかなか効果を感じない・・・

そんな場合ミノキシジルを直接体内に摂取できるミノタブに変えることで発毛効果を実感できることがあります。

実際の使用者によるレビューや体験記などでもミノタブは最強の育毛剤として高く評価されています。

ミノタブの主成分ミノキシジルは発毛効果が認められている成分

ミノタブの主成分であるミノキシジルは世界で初めてアメリカのFDA(連邦食料保険局)が発毛効果を認めた成分です。

日本でも日本皮膚科学会が男性型脱毛症ガイドラインの中で発毛効果について最高のAランク判定を付けています。

また、実際にミノタブを使用した人による発毛や育毛を実感できたという人が多いのも効果の高さを示しています。

ミノタブで薄毛を身体の中から改善

フィナステリドと並んでAGAを改善する成分として有名なミノキシジル。ミノキシジルの発毛や育毛における効果は、アメリカのFDA(連邦食料保険局)や日本の日本皮膚科学会などによる臨床実験や研究で明らかにされています。

日本でもミノキシジルが配合された外用薬がリアップ(ミノキシジル2%配合)リアップ×5(ミノキシジル5%配合)として唯一医薬品認可を受けて販売されています。

しかし直接頭皮に塗布する外用薬は浸透率や効果の表れ方に差があるようで、全く効果を感じることができなかったという人も。

そこで、そんな高い発毛効果を持つミノキシジルを体内に直接摂取できるAGA治療薬がミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)が注目を浴びているのです。

ミノタブの基礎知識

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)は、ロニテンというアメリカの製薬会社アップジョン社(現ファイザー社)が高血圧患者の治療用に血管拡張剤として販売した内服や鵜のジェネリック薬品です。

生産元はタイにある製薬会社「TO Med社」でロニテンと全く同じ成分でコストが安いためAGA治療への使用はミノタブが主流となっています。

ロニテンもミノタブも本来はAGAの治療や育毛を目的として販売されていたわけではないのですが、ミノキシジルの副作用である“多毛症”の症状に注目が集まり外用タイプのミノキシジルよりも高い効果が認められたことから、AGAの経口治療薬として認知されるようになりました。

しかし、現在の日本国内ではAGA治療薬としては認可されていないため購入は海外からの個人輸入や代行業者を通じて行わなければいけません。

ミノタブの用法・用量

phm06_0473-sそんな、AGAの改善に大きな希望をもたらしてくれるミノタブですが用法や用量を誤ると本来の効果が得られないばかりか重篤な副作用が発生する場合もあります。

ミノタブには、含有量5㎎と10㎎の2種類が発売されています。摂取上限はとくに定められていないようなのですが、基本的には1日1回5㎎か朝晩の2回に分けて5㎎×2回の合計10㎎の摂取が一般的なようです。

しかし、副作用の可能性を考えると初めは1日1回5㎎からスタートして異常がなければ服用量を増やしていく方法が安心です。

摂取量をむやみに増やすことは副作用が強く表れる可能性が高まり危険ですので絶対にやめましょう。

ミノタブ服用時の注意

しかし、ミノタブの服用は優れた発毛効果が望める反面、副作用の可能性も高くなります。

主な副作用はミノタブの服用によってミノキシジルの成分が全身に運ばれるため、頭髪のほかに体毛も濃くなることです。

また血管拡張作用により以下のような症状が現れた場合は使用を中断するか中止しましょう。

  • 動機
  • めまい
  • 倦怠感

そして、低血圧の自覚がある人や低血圧症と診断されている人は必要以上に血圧が下がる危険性があるため服用は十分慎重になる必要があります。

このようにミノタブやフィナステリドを上手に使用してAGAを克服しましょう。

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)でAGAを改善

ミノキシジルは日本でも高い発毛効果が認められていますが、市販されている認可医薬品は頭皮に塗布する外用薬リアップのみです。

しかし、外用薬は効果に差があるため外用薬で効果を実感できなかった場合、体の中から毛根を刺激して発毛や育毛を促すミノキシジル配合の内服薬ミノタブの服用がおススメです。

ミノタブは協力な効果を持つ分副作用の危険性が高まるので用量用法は必ず守るようにしましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る