AGA治療の育毛剤とその効果について

塗布タイプと服用タイプ

imasia_9803867_M

薄毛が気になり始めた多くの方は、ひとまず育毛ローションなどの塗布タイプで試すことが多いようです。

ですが、塗布タイプの中にもさまざまな種類があり、個人の体質や使用方法などにより、殆ど効果を感じることができないこともあります。

全般的に塗布タイプは服用タイプと比較した場合に効果が現れにくいといわれていますので、塗布タイプで育毛効果が現れなかった場合には、服用タイプへの行こうということになるのでしょう。

ミノキシジルとフィナステリド

育毛効果の高い成分の代表選手は、ミノキシジルとフィナステリドです。

このふたつの成分はそれぞれに高い育毛効果を発揮しますが、フィナステリド配合の育毛剤を服用するに当たっては、パートナーや胎児への配慮を忘れてはなりません。

たとえば、専門外来でフィナステリドを処方された場合には、取り扱いや服用に際しての指導を受けることができますが、個人輸入で入手した場合には、そのような指導を受けることができません。

フィナステリドは大変強い成分であり育毛剤としては優秀ですが、一歩間違えると事故につながってしまう危険性を秘めているということを知っておきましょう。

 

まずは専門外来で診察を受けましょう

しつこいようですが、育毛剤として大変高い効果を発揮する成分であっても、取り扱い次第では危険成分になってしまうこともあります。

たかが育毛・・・と、軽い気持ちで育毛に取り組むのではなく、強い成分が配合されている育毛剤を使用する際には、必ずパートナーへの配慮も忘れずに行いましょう。

それにはまず、専門外来で正しい育毛剤の取り扱いについての説明を受けておくと良いでしょう。

 

AGA治療。育毛剤があなたの身体に与える効果と影響とは

効果が高いとされる育毛剤の多くは、ミノキシジルかフィナステリドが配合されています。

また、育毛剤は塗布タイプと服用タイプに分類されており、それぞれに人体へ与える影響が異なります。

 

塗布タイプの育毛剤・特徴と効果

このタイプの育毛剤の多くは、育毛成分であるミノキシジルが数%含まれており、シャンプー後に頭皮へ直接塗布することにより、緩やかな育毛効果を期待することができます。

また、服用タイプの育毛剤と比較した場合には全般的に価格が安価であり、気軽に育毛を行えるというメリットを持っています。

ただし、体質によっては以下のような症状が現れることがあります。

  • 頭皮のかゆみ
  • 炎症

このような症状が現れたらひとまず育毛剤の使用を中止し、皮膚科や専門外来で診察を受けましょう。

また、頭皮に血行不良が起こっていると育毛成分が毛根に届きにくく、効果を感じることができないこともあります。

 

服用タイプの育毛剤・特徴と効果

服用タイプの育毛剤には、ミノキシジル配合のものとフィナステリド配合のものに大別することができます。

このタイプの育毛剤は、塗布タイプよりも高い効果を期待することができるといわれていますが、以下のような副作用が現れることがあります。

  • 動悸・息切れ
  • めまい
  • 嘔吐
  • 性欲減退
  • ED(勃起不全)

このような副作用は誰にでも現れるというものではありませんが、誰にでも現れる可能性があるということを頭に入れておきましょう。

育毛剤・使用上の注意事項
湿布タイプ
  • 清潔な頭皮に使用する
  • 口に入れない
  • 必要以上に頭皮を刺激しない
  • 湿疹やかゆみ、炎症などが起こったら直ちに使用を中止する
服用タイプ
  • 用法・用量を守る
  • フィナステリドを配合している場合には、パートナーや胎児への影響を考え、取り扱いに注意する
  • 心臓、腎臓、肝臓に疾患のある方は自己判断で服用せず、必ずかかりつけの医師に相談する

また、医薬部外品の育毛剤(塗布タイプ)も数多く販売されていますが、そのような製品を使用する場合には、必ず天然植物由来成分で製造されているものを選びましょう。

また、製品によってはアルコールの含有率が高く、頭皮にかぶれなどのアレルギー症状が現れることがあります。このような場合には製品の使用を中止し、必ず皮膚科や専門外来で診察を受け、適切な処置をしてもらいましょう。

育毛シャンプーについて

ba57b9ec1430a7cf9f66cb0227e6c282_s育毛を行うためには、頭皮を清潔に保つ必要があります。

育毛シャンプーの中には、非常に洗浄成分が強く、頭皮の皮脂を綺麗に取り去るタイプのものがあります。頭皮の皮脂は育毛の邪魔になりますので、このようなタイプのシャンプーの使用は間違いではありません。

ですが、あまり頻繁に使用してしまうと頭皮の乾燥を招き、逆に頭皮が硬くなってしまうことがあります。

育毛シャンプーの使用はほどほどに。頭皮の乾燥を感じたら、いったんこのようなシャンプーの使用を中止し、頭皮の状態を観察しましょう。

 

育毛剤は必ず用法・用量を守りましょう

医薬品であっても医薬部外品であっても、使用方法や服用方法を間違えると人体に悪影響を及ぼす危険性が出てきます。

間違った方法で使用(服用)しないためにも、必ず育毛剤の特徴と人体へもたらす影響については頭に入れておきましょうね。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る