薄毛に効くジェネリック育毛剤を通販で購入する方法

ジェネリック育毛剤を「ネット通販」でゲットする

placeit薄毛治療にジェネリック育毛剤は不可欠であるならば、安い購入方法を探すしかありません。

治療の方法にはいくつもありますが、薄毛の治療薬である育毛剤の成分というのはそんなに種類がないものなのです。

それならば、安く手に入れることのできるものもあるのではないか?

それがネット通販によるジェネリック育毛剤の購入です。

安い理由は、医師の処方でないために自己責任で飲まなくてはいけないということ。

きちんとした筋からの購入や正しい飲み方などが最重要課題ですが、これさえクリアできれば薄毛治療にかけるお金を減らすことができるのです。

ジェネリック育毛剤の価格帯

ジェネリック育毛剤は医師の処方によって医療の現場でも使われていますが、海外からの個人での取り寄せで利用するジェネリック育毛剤には医師の処方が必要ありません。

その代り、購入にあたって疑問や不安は自分で調べて解決するしかないという問題点はあります。
しかし、そのような問題点を抱えながらも、価格の安さはとても魅力です。

ジェネリックの育毛剤の価格帯は医師の処方する育毛剤と比較して、けた違いに安いのです。

検査代や診察代を除いても、半額以下に抑えられる可能性もあります。

 

育毛剤はどこで買う?損しないで買う方法

placeit (1)若々しい外見を取り戻し、自分の自信ももう一度。育毛剤はそんな人たちの救世主のような存在です。

もちろん、育毛剤はただではありません。薄毛の治療というのは、やりようによってはものすごくお金がかかるものでさえあります。

とはいえ、あきらめることはできないのですから、できるだけ安く済む方法はないか、探ってみる必要がありそうです。

 

ジェネリックを通販で購入する

ジェネリック育毛剤を海外からの通販という方法は、包装の仕方によって人から知られる可能性もグッと減りますし、価格帯は日本の医薬品より安く手に入れることができます。

そのためこの方法は多くの人から支持されており、人気があります。

その反面、リスクもないわけではありません。海外からのジェネリック育毛剤の購入というのは、厳密にいえば「通販」(通信販売)ではありません。

この方法は正式には個人輸入と言われていて、海外から自分自身で取り寄せて購入しているという形式になります。

以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。
当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

  • 外用剤(毒薬、劇薬及び処方箋薬を除く。):標準サイズで1品目24個以内
  • 毒薬、劇薬又は処方箋薬:用法用量からみて1ヶ月分以内
  • 上記以外の医薬品・医薬部外品:用法用量からみて2ヶ月分以内

引用元:厚生労働省 – 医薬品等の個人輸入について

もちろん、仲介をしてくれる業者などが面倒な手続きはすべてしてくれますが、責任はすべて自分にあるということになります。

また、処方された薬ではないので、医師からの飲み方の注意や説明がありません。買う時点で説明をしっかりと読む、成分や使い方を調べるなどして自己管理で服用していく必要があります。

 

医師の指導の下、処方される育毛剤

クリニックや薄毛治療院、皮膚科などで行う薄毛治療は、保険が利かないことがほとんどです。

そのため、一度の診療でいきなり数千円かかります。また、検査や処方箋代を考えると、定期的にかかってくるお金は万円単位です。

プロペシアやミノキシジル等の日本の医師が扱っている育毛薬は非常に高価です。

一日一錠の服薬が一般的に言われているプロペシア錠は効果が出始めるまでに3か月から半年程度が平均という長い服薬生活が続くのです。

途中でやめたらまた薄毛が起こるという危険性も秘めており、価格の高い日本の薬の処方は経済的に継続できなくなる恐れのある人は怖くて手が出せません。

もし途中でやめてしまったら、これまでの努力も出費も無駄になってしまうからです。

 

ドラッグストアで好きなものを選ぶ

ドラッグストアなどで売っている育毛剤を適当に好きなものから選んで使用するのはどうでしょうか?

ドラッグストアや近所の薬局にもさまざまな育毛剤や薄毛治療薬があります。

また、近年流行にもなり髪に良いとされている無添加シャンプーやアミノ酸シャンプーといった人気商品まであってよりどりみどりです。

これならだれでも買えるし、いつでも買えるからお手軽です。また価格も安いものもたくさんあります。

  • 第一類医薬品の対面販売

実はドラッグストアでも買える育毛剤は効果の弱いものばかりです。

一部ミノキシジルの入った外用薬は売られていますが、これを購入するためには薬剤師さんからの説明を受ける必要があります。

これを第一類医薬品の対面販売と言って、レジに商品を出してお金を払うだけという買い方はできません。

にぎわっている薬局やドラッグストアではちょっと抵抗を感じる人もいるようです。

また、普通に買うことのできるものでも人の目を気にして、ドラッグストアでの購入をためらう人も結構います。

薄毛治療について人から知られたくないためです。

 

髪のお悩み対策講座で知識をつけて安心安全に薄毛対策!

医師から処方されて服用する薬はすべて医師の言うままに任せていれば安心ですし、副作用などの不具合が起こった時もすべての状況を把握していてくれる医師にお任せです。

高い診察料や検査料などが不必要な出費だとは決して言えません。

安心して治療を受けていることで余計なストレスをためずに済むという利点もあるかもしれません。

一方ジェネリックは、自己責任で飲むため、処方箋もいらず、自分が必要な分だけ自分で購入することができます。

もちろん、価格も安くなります。

自己責任なので、飲み方や薬の管理には注意が必要ですから、医師の処方のようなお任せ感はありません。

安く買ったジェネリックも成分に変わりはありません。飲み方や注意事項は自分で学べばよいのです。

自分自身のために知識を得ることで、自信をもって続けられるようになりますし、安心感も得られるのです。

 

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

 

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、 業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る