薄毛対策で液ダレしにくいのはスプレータイプ

薄毛対策は液ダレが難点

薄毛対策の育毛剤や医薬品を使い困るのが液ダレすることです。塗るミノキシジルや育毛剤だと液体状のため垂れてくることがあるのです。

特に生え際に塗る際には液状だと上手く濡れないと感じることもあります。

薄毛対策には有効成分をしっかり浸透させることが重要ですから、頭皮に留まるスプレータイプなどを利用してみるのも良いでしょう。

他にも塗りやすいタイプを色々と検討することをおすすめします。

慣れない方はスプレーが便利

eb268c12f4bb0603c1501d4e372deef9_sミノキシジルが配合されたリアップジェットは1回ごとがスプレー状になり塗布できます。

これは噴射部を一度ロックし、頭皮に押し合えることで1回あたり1mg噴射となります。

狙ったところに直接塗布しやすく、液体やスポイトでは上手く濡れなかった方におすすめです。

1回ごとの量で塗布のし過ぎが防げ、正しく1日2回使用すれば1ヶ月間を1本使用する計算となります。

 

使いやすさで選ぶリアップ

液体タイプだと決められた用量が塗布しにくく、液ダレの心配もあります。リアップならスプレー式の噴射タイプのため使いやすい育毛剤だといえます。

特にミノキシジルは付けすぎると痒みが起こる方もいるため、決められた用量を簡単な作業で計測しやすいのはメリットでしょう。

塗るミノキシジルの中には液状やスポイトで塗布するタイプもあります。

 

塗るミノキシジルの効果的な塗り方

ミノキシジルは決められた用量を守り塗布することが大切です。

一度に多く塗っても効果が高まるわけでは無く、逆に痒みなどの副作用が出やすくなるため注意して下さい。塗布しやすく、用量が守りやすいタイプを選ぶことが重要です。

ミノキシジルは日本のリアップの他、海外の医薬品を個人輸入する方法もありますから、使いやすさで比較してみて下さい。

 

ミノキシジルは満遍なく塗る

ミノキシジルは塗布した部分のみ効果を発揮するのではなく、周辺数cm程度までは作用する性質があります。

そのため同じ箇所に塗るのではなく、間隔を空けながら何箇所か塗布する方法が一番です。

また、成分を周りにも浸透させるよう塗布後にマッサージをするとより効果的です。

 

ミノキシジルの浸透率を上げる工夫

せっかく塗っても頭皮に汚れがあると有効成分を弾いて浸透しにくくなります。まずは、洗髪して頭皮を清潔にし、よく根元まで乾かしたあとに塗布します。

髪に水分があると浸透率が下がるため、少し手間ですがドライヤーで乾かしてから使用するようにしてみて下さい。

 

生え際にはクリームタイプも

液ダレしやすい箇所はクリームタイプを兼用するのも良いでしょう。ポラリスのNR-10はミノキシジルが16%配合したクリームです。

海外製の育毛剤のため個人輸入して購入することになります。クリームのため生え際に塗りやすく、その他の有効成分にて生え際にも効きやすいためおすすめです。

特にリンゴポリフェノールは頭部全体に有効というデータもあるため試してみるのも良いでしょう。

 

液ダレで塗るのが苦手な方は飲む薬も

dlp04985液ダレでどうしても上手く塗れない方は飲む育毛剤を検討することもできます。

日本で認可されているフィナステリドが有効成分のプロペシア、または塗る育毛剤と同様にミノキシジルがタブレットになった海外製品などです。

ミノキシタブレットはからだ全体に作用しやすいため副作用が強くなりやすく注意してください。

あくまでも塗るミノキシジルで効果が得られなかった方、どうしても塗るのが苦手な方限定です。

最初はプロペシア単体ではじめるのがよく、ミノキシジルタブレットは最後の手段としましょう。

 

ロゲイン泡タイプ

海外のミノキシジルが配合されている育毛剤のロゲインには、フォームタイプもあります。発泡しながら出てきてスタイリング剤のような感覚で使用できます。

更にロゲインはジェネリック医薬品ではなく、アメリカ大手メーカーから販売されている安心の育毛剤である面もメリットでしょう。

個人輸入代行ショップなどで取り扱いがあります。

 

使用しやすさによりミノキシジルを選ぼう

ミノキシジルは育毛効果が期待できる育毛剤ですから、正しい用量を守り塗布することが重要です。

ダレしやすい夏場、髪の量が少ない方、髪が短い方などは液ダレしにくいタイプを選び塗布してみて下さい。特に生え際だと顔に薬品が垂れてくることがあるため、クリームやフォームなど使いやすい育毛剤を選ぶことです。

  • ジェット噴射のリアップ
  • クリームタイプのポラリス
  • フォームタイプのロゲイン

これらがおすすめですが、ミノキシジルの配合量や価格、手に入れやすさから選ぶことをおすすめします。

リアップは日本の薬局で買いやすく便利で、海外の製品だと個人輸入か取り扱いのあるAGAクリニックで購入することになります。

また、ミノキシジルの量により塗布する場所を使いわけても良いでしょう。

生え際のほうが効きにくい傾向があるため、配合量が多いタイプを試してみるのもありです。

 

これを読んだあなたへおすすめの記事

 

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、 業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る